IMSLogon::OpenEntryIMSLogon::OpenEntry

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

フォルダーまたはメッセージのオブジェクトを開くし、さらにアクセスを提供するオブジェクトへのポインターを返します。Opens a folder or message object and returns a pointer to the object to provide further access.

HRESULT OpenEntry(
  ULONG cbEntryID,
  LPENTRYID lpEntryID,
  LPCIID lpInterface,
  ULONG ulOpenFlags,
  ULONG FAR * lpulObjType,
  LPUNKNOWN FAR * lppUnk
);

ParametersParameters

cbEntryIDcbEntryID

[in]_LpEntryID_パラメーターで指定されたエントリの識別子のバイト単位のサイズです。[in] The size, in bytes, of the entry identifier pointed to by the lpEntryID parameter.

lpEntryIDlpEntryID

[in]フォルダーまたはメッセージを開くにはオブジェクトのエントリ id のアドレスへのポインター。[in] A pointer to the address of the entry identifier of the folder or message object to open.

lpInterfacelpInterface

[in]オブジェクトのインターフェイス id (IID) へのポインター。[in] A pointer to the interface identifier (IID) for the object. NULL を渡すには、このようなオブジェクトの標準的なインタ フェースにオブジェクトをキャストすることを示します。Passing NULL indicates that the object is cast to the standard interface for such an object. _LpInterface_パラメーターは、オブジェクトの適切なインターフェイスの識別子を設定することも。The lpInterface parameter can also be set to an identifier for an appropriate interface for the object.

ulOpenFlagsulOpenFlags

[in]オブジェクトを開く方法を制御するフラグのビットマスクです。[in] A bitmask of flags that controls how the object is opened. 次のフラグを設定することができます。The following flags can be set:

MAPI_BEST_ACCESSMAPI_BEST_ACCESS

ユーザーと最大のクライアント アプリケーションのアクセス許可で許可される最大のアクセス許可を持つオブジェクトを開く必要があります。The object should be opened with the maximum permissions allowed for the user and the maximum client application permissions. たとえば、クライアントに読み取り/書き込み権限がある場合は、オブジェクトを開くと読み取り/書き込みアクセス許可を持つクライアントに読み取り専用のアクセス許可がある場合は、読み取り専用権限を持つオブジェクトが開かれます。For example, if the client has read/write permission, the object is opened with read/write permission; if the client has read-only permission, the object is opened with read-only permission. クライアントは、 PR_ACCESS_LEVEL (PidTagAccessLevel) のプロパティを取得することによって、アクセス許可レベルを取得できます。The client can retrieve the permission level by getting the PR_ACCESS_LEVEL (PidTagAccessLevel) property.

MAPI_DEFERRED_ERRORSMAPI_DEFERRED_ERRORS

呼び出しは、基になるオブジェクトが呼び出し元のアプリケーションに利用可能でない場合でも、成功するために許可されています。The call is allowed to succeed even if the underlying object is not available to the calling application. オブジェクトが使用できない場合は、オブジェクトへの後続の呼び出しはエラーを返すことがあります。If the object is not available, a subsequent call to the object might return an error.

MAPI_MODIFYMAPI_MODIFY

要求の読み取り/書き込みのアクセス許可Requests read/write permission. 既定では、読み取り専用の権限を持つオブジェクトが作成され、クライアントが読み取り/書き込みアクセス許可が付与されていることを前提に動作しない必要があります。By default, objects are created with read-only permission, and clients should not work on the assumption that read/write permission has been granted.

lpulObjTypelpulObjType

[out]開かれたオブジェクトの型へのポインター。[out] A pointer to the type of the opened object.

lppUnklppUnk

[out]開かれたオブジェクトへのポインターへのポインター。[out] A pointer to the pointer to the opened object.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

�ʘb���������A�\�������l�܂��͒l���Ԃ���܂��BThe call succeeded and has returned the expected value or values.

����Remarks

MAPI は、メッセージ ストア内のフォルダーまたはメッセージを開くにIMSLogon::OpenEntryメソッドを呼び出します。MAPI calls the IMSLogon::OpenEntry method to open a folder or a message in a message store. MAPI を開くにはオブジェクトのエントリ id を渡します。MAPI passes in the entry identifier of the object to open. メッセージ ストア プロバイダーは、 _lppUnk_パラメーターで指定したオブジェクトにさらにアクセスできるようにするためのポインターを返す必要があります。The message store provider should return a pointer that enables further access to the object specified in the lppUnk parameter.

MAPI では、 IMSLogon::OpenEntryを呼び出し、前に、最初に指定したメッセージまたはフォルダーのエントリ id と一致しているこのメッセージ ストア プロバイダーが登録されているいずれかを決定します。Before MAPI calls IMSLogon::OpenEntry, it first determines that the given message or folder entry identifier matches one registered by this message store provider. エントリの識別子では、ストア プロバイダーを登録する方法の詳細についてはIMAPISupport::SetProviderUIDを参照してください。For more information about how store providers register entry identifiers, see IMAPISupport::SetProviderUID.

IMSLogon::OpenEntryは、メッセージ ストアのオブジェクトのIMsgStore::OpenEntryメソッドをクライアントにIMSLogon::OpenEntryは呼び出しませんMAPI は、 IMAPISession::OpenEntryメソッドを処理するときにIMSLogon::OpenEntryを呼び出します。IMSLogon::OpenEntry is identical to the IMsgStore::OpenEntry method of the message store object, except that the client does not call IMSLogon::OpenEntry; MAPI calls IMSLogon::OpenEntry when it processes an IMAPISession::OpenEntry method. オブジェクトのIMSLogon::OpenEntryを使用して開く必要がありますメッセージを使用して開かれたオブジェクトの格納オブジェクトとまったく同じに扱われます具体的には、この呼び出しを使用して開かれたオブジェクトは、メッセージ ストア オブジェクトを離したとき無効にするべき。Objects opened by using IMSLogon::OpenEntry should be treated exactly the same as objects opened by using the message store object; in particular, objects opened by using this call should be invalidated when the message store object is released.

関連項目See also

IMAPISupport::SetProviderUIDIMAPISupport::SetProviderUID

IMsgStore::OpenEntryIMsgStore::OpenEntry

IMSLogon: IUnknownIMSLogon : IUnknown