ITableData::HrDeleteRowsITableData::HrDeleteRows

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

複数のテーブル行を削除します。Deletes multiple table rows.

HRESULT HrDeleteRows(
  ULONG ulFlags,
  LPSRowSet lprowsetToDelete,
  ULONG FAR * cRowsDeleted
);

�p�����[�^�[Parameters

ulFlagsulFlags

[in]削除を制御するフラグのビットマスクです。[in] A bitmask of flags that controls the deletion. 次のフラグを設定することができます。The following flag can be set:

TAD_ALL_ROWSTAD_ALL_ROWS

テーブルと 1 つの TABLE_RELOAD 通知を送信する、対応するすべてのビューからすべての行を削除します。Deletes all rows from the table and all corresponding views, sending a single TABLE_RELOAD notification.

lprowsetToDeletelprowsetToDelete

[in]削除する行を表す行セットへのポインター。[in] A pointer to a row set that describes the rows to be deleted. _UlFlags_パラメーターに TAD_ALL_ROWS フラグが設定されている場合は、 _lprowsetToDelete_パラメーターを NULL にできます。The lprowsetToDelete parameter can be NULL if the TAD_ALL_ROWS flag is set in the ulFlags parameter.

cRowsDeletedcRowsDeleted

[out]削除された行の数。[out] The count of the deleted rows.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

テーブルの行は削除されました。The table rows were successfully deleted.

備考Remarks

ITableData::HrDeleteRowsメソッドは、検索し、行の各aRowのエントリのlpPropsのメンバーによって設定するのにはポイントのプロパティに一致する列を含むテーブルの行を削除します。The ITableData::HrDeleteRows method locates and removes the table rows that contain the columns that match the property pointed to by the lpProps member of each aRow entry in the row set. インデックス列を使用して各行を識別します。この列には、 CreateTable関数への呼び出し内の_ulPropTagIndexColumn_パラメーターで渡されたプロパティ タグと同じプロパティ タグが必要です。An index column is used to identify each row; this column must have the same property tag as the property tag passed in the ulPropTagIndexColumn parameter in the call to the CreateTable function.

_CRowsDeleted_では、実際に削除された行の数が返されます。The number of rows that were actually deleted is returned in cRowsDeleted. 1 つまたは複数の行が見つからなかった場合、エラーは返されません。No error is returned if one or more rows could not be found.

行が削除されると、すべてのクライアントやテーブルのビューがあるし、の通知を登録するテーブルのIMAPITable::Adviseメソッドを呼び出すことが、サービス プロバイダーに通知が送信されます。After the rows are deleted, notifications are sent to all clients or service providers that have a view of the table and that have called the table's IMAPITable::Advise method to register for notifications.

行を削除するか、テーブルの既存のビューに使用できる列は縮小されません、削除された行が特定の列の値を持つ最後の場合でも以降の表形式ビューに開かれます。Deleting rows does not reduce the columns available to existing table views or subsequently opened table views, even if the deleted rows are the last that have values for a specific column.

関連項目See also

CreateTableCreateTable

ITableData::HrDeleteRowITableData::HrDeleteRow

ITableData::HrModifyRowsITableData::HrModifyRows

SRowSetSRowSet

TABLE_NOTIFICATIONTABLE_NOTIFICATION

ITableData: IUnknownITableData : IUnknown