ITableData: IUnknownITableData : IUnknown

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

テーブルを操作するためのユーティリティ メソッドを提供します。Provides utility methods for working with tables. MAPI には、データ オブジェクトのテーブルまたはテーブルのメンテナンスを実行するサービス プロバイダーのためにITableDataを実装するオブジェクトが用意されています。MAPI provides table data objects or objects that implement ITableData to help service providers perform table maintenance. テーブルのデータ オブジェクトを取得するには、サービス プロバイダーは、 CreateTable関数を呼び出します。To obtain a table data object, service providers call the CreateTable function.

ヘッダー ファイル:Header file:
Mapiutil.hMapiutil.h
によって公開されます。Exposed by:
テーブルのデータ オブジェクトTable data objects
によって実装されます。Implemented by:
MAPIMAPI
によって呼び出されます。Called by:
サービス プロバイダーService providers
インターフェイスの識別子。Interface identifier:
IID_IMAPITableDataIID_IMAPITableData
ポインターの型。Pointer type:
LPTABLEDATALPTABLEDATA

Vtable の順序Vtable order

HrGetViewHrGetView
IMAPITable実装へのポインターを返す表形式ビューを作成します。Creates a table view, returning a pointer to an IMAPITable implementation.
HrModifyRowHrModifyRow
既存の行が上書きされる、テーブルの新しい行を挿入します。Inserts a new table row, possibly replacing an existing row.
HrDeleteRowHrDeleteRow
テーブルの行を削除します。Deletes a table row.
HrQueryRowHrQueryRow
テーブルの行を取得します。Retrieves a table row.
HrEnumRowHrEnumRow
テーブル内の位置に基づいて行を取得します。Retrieves a row based on its position in the table.
HrNotifyHrNotify
テーブルの行の通知を送信します。Sends a notification for a table row.
HrInsertRowHrInsertRow
テーブルの行を挿入します。Inserts a table row.
HrModifyRowsHrModifyRows
既存の行が上書きされる、複数のテーブル行を挿入します。Inserts multiple table rows, possibly replacing existing rows.
HrDeleteRowsHrDeleteRows
複数のテーブル行を削除します。Deletes multiple table rows.

備考Remarks

ITableDataの MAPI 実装では、非常に大きなテーブルでの使用に適していませんので、メモリ内のすべてのデータと関連付けられている制限を押しながら、テーブルと連携します。The MAPI implementation of ITableData works with tables by holding all of the data and any associated restrictions in memory, making it unsuitable for use with very large tables. 大規模な制限や分類などの複雑な操作はサポートされていません。Large restrictions and complex operations such as categorization are not supported.

テーブルのデータ オブジェクトは、インデックス列、行ごとに一意の値を持つことが保証されているプロパティを使用して行を識別します。Table data objects identify rows by using an index column, a property that is guaranteed to have a unique value for each row. ほとんどのサービス プロバイダーは、インデックス列としてPR_INSTANCE_KEY (PidTagInstanceKey) プロパティを使用します。Most service providers use the PR_INSTANCE_KEY (PidTagInstanceKey) property as the index column. 複数値を持つプロパティは、インデックス列として使用できません。Properties that have multiple values cannot be used as an index column.

テーブルのデータ オブジェクトは、変更や削除によって影響を受ける行の数に関係なく 1 つの通知を生成します。Table data objects generate a single notification regardless of the number of rows affected by a change or deletion. 操作の対象の行が存在しない場合は、行が追加されます。If a target row in an operation does not exist, a row is added.

関連項目See also

MAPI インターフェイスMAPI Interfaces