MAPI プロパティ識別子の概要MAPI Property Identifier Overview

適用対象: Outlook 2013 | Outlook 2016Applies to: Outlook 2013 | Outlook 2016

プロパティ識別子は、プロパティがどのように使用されているかを示すために使用される番号です。A property identifier is a number that is used to indicate what a property is used for and who is responsible for it. プロパティ識別子は MAPI で範囲に分割されます。範囲内の識別子は、その使用と所有権を示します。Property identifiers are divided by MAPI into ranges; where an identifier falls in the range indicates its use and ownership.

プロパティ識別子の範囲は、0x0001 から0xffff で実行されます。The range of property identifiers runs from 0x0001 through 0xFFFF. プロパティ識別子0x0000 および0xffff は常に予約されています。つまり、これらの識別子は使用しないままにする必要があります。Property identifiers 0x0000 and 0xFFFF are reserved in all cases, meaning that these identifiers must remain unused. MAPI で定義されているプロパティの範囲は、0x0001 から0x3fff に対して実行されます。The range for properties defined by MAPI runs from 0x0001 to 0x3FFF. これらのプロパティは、MAPI で定義されたプロパティと呼ばれます。These properties are referred to as MAPI-defined properties. "0x4000 から" という範囲は、message プロパティおよび recipient プロパティに属しており、クライアントまたはサービスプロバイダーはこの範囲内のプロパティを定義できます。The range 0x4000 to 0x7FFF belongs to message and recipient properties, and either clients or service providers can define properties in this range. 0x0001 の範囲内のプロパティは、タグ付きプロパティと呼ばれます。Properties in the range of 0x0001 to 0x7FFF are referred to as tagged properties. 0x8000 を超えると、名前付きプロパティと呼ばれるもの、または32ビットのグローバル一意識別子 (GUID) を含むプロパティ、Unicode 文字列または数値のいずれかの値が指定されます。Beyond 0x8000 is the range for what is known as named properties, or properties that include a 32-bit globally unique identifier (GUID) and either a Unicode character string or numeric value. クライアントは、名前付きプロパティを使用して、プロパティセットをカスタマイズできます。Clients can use named properties to customize their property set.

サービスプロバイダーは、範囲 0x67f0 ~ 0x67f0 で、セキュリティで保護されたプロファイルプロパティを定義できます。Service providers can define secure profile properties in the range 0x67F0 through 0x67FF. セキュリティで保護されたプロファイルプロパティは、パスワードなどの追加の保護を必要とする情報に使用されます。Secure profile properties are used for information that requires additional protection, such as passwords. これらのプロパティは、非表示と暗号化が可能です。These properties can be hidden and encrypted. imapiprop:: getproplistメソッドによって返されるプロパティの既定のリストにセキュリティで保護されたプロパティが含まれるかどうかは、プロバイダーの実装によって異なります。Whether or not secure properties are included in the default list of properties returned by the IMAPIProp::GetPropList method depends on the provider's implementation. 通常、これらのプロパティは含まれていません。Usually these properties are not included. IProfSect: imapipropインターフェイスは、セキュリティで保護されたプロパティを含む、プロファイルセクションのプロパティへのアクセスに使用されます。The IProfSect : IMAPIProp interface is used for accessing the properties of a profile section, including secure properties.

プロパティ範囲の中には、複数のテーブルプロパティまたはノン非対称テーブルプロパティに制限があります。Some of the property ranges are restricted to transmittable properties or nontransmittable properties. 送信テーブルのプロパティは、メッセージと共に転送されます。ノン非対称テーブルのプロパティは、メッセージと共に転送されません。Transmittable properties are transferred with a message; nontransmittable properties are not transferred with a message. 通常、ノン非対称テーブルプロパティには、現在のセッションで動作しているクライアントおよびサービスプロバイダーにのみ価値のある情報が含まれています。Nontransmittable properties usually contain information that is of value only to clients and service providers operating with the current session. これらのプロパティは、他のメッセージングシステムや別のサービスプロバイダーにとっては、必ずしも役に立つわけではありません。These properties would not necessarily be useful to another messaging system and another set of service providers. 送信テーブルプロパティの概念は、主にトランスポートプロバイダーに適用されます。The concept of transmittable properties applies primarily to transport providers. プロパティが FIsTransmittable のテーブルであるかどうかを判断するには、Mapitags ヘッダーファイルで定義されている**** マクロにプロパティタグを渡します。To determine whether a property is transmittable or not, pass its property tag to the FIsTransmittable macro, defined in the Mapitags.h header file.

識別子の範囲の詳細については、「プロパティ識別子の範囲」を参照してください。For a complete description of the identifier ranges, see Property Identifier Ranges.

関連項目See also

MAPI のプロパティの概要MAPI Property Overview