WrapCompressedRTFStreamWrapCompressedRTFStream

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

圧縮されていない形式 (リッチ テキスト) (PidTagRtfCompressed) であるPR_RTF_COMPRESSEDプロパティで使用されている圧縮形式からテキストのストリームを作成します。Creates a text stream in uncompressed Rich Text Format (RTF) from the compressed format used in the PR_RTF_COMPRESSED (PidTagRtfCompressed) property.

ヘッダー ファイル:Header file:
Mapidefs.hMapidefs.h
によって実装されます。Implemented by:
MAPIMAPI
によって呼び出されます。Called by:
クライアント アプリケーションClient applications
HRESULT WrapCompressedRTFStream(
  LPSTREAM lpCompressedRTFStream,
  ULONG ulflags,
  LPSTREAM FAR * lpUncompressedRTFStream
);

ParametersParameters

lpCompressedRTFStreamlpCompressedRTFStream

[in]メッセージの PR_RTF_COMPRESSED プロパティで開かれているストリームへのポインター。[in] Pointer to a stream opened on the PR_RTF_COMPRESSED property of a message.

ulFlagsulFlags

[in]関数のオプション フラグのビットマスクです。[in] Bitmask of option flags for the function. 次のフラグを設定することができます。The following flags can be set:

MAPI_MODIFYMAPI_MODIFY

かどうか、クライアントでは、読み取りまたは返されたラップされたストリーム インターフェイスを作成する予定です。Whether the client intends to read or write the wrapped stream interface that is returned.

STORE_UNCOMPRESSED_RTFSTORE_UNCOMPRESSED_RTF

非圧縮の rtf 形式は、 _lpCompressedRTFStream_で示されるストリームに書き込む必要があります。Uncompressed RTF should be written to the stream pointed to by lpCompressedRTFStream

lpUncompressedRTFStreamlpUncompressedRTFStream

[out]WrapCompressedRTFStreamが非圧縮の rtf 形式のストリームを返す場所へのポインター。[out] Pointer to the location where WrapCompressedRTFStream returns a stream for the uncompressed RTF.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

�ʘb���������A�\�������l�܂��͒l���Ԃ���܂��BThe call succeeded and has returned the expected value or values.

����Remarks

MAPI_MODIFY フラグが渡された場合、 _ulFlags_パラメーターで、 _lpCompressedRTFStream_パラメーター必要があります読み取りおよび書き込み用に開かれています。If the MAPI_MODIFY flag is passed in the ulFlags parameter, the lpCompressedRTFStream parameter must already be open for reading and writing. Rtf 形式のテキストが圧縮されていない、新しいは、 _lpUncompressedRTFStream_で返されるストリームのインタ フェースに書き込まれる必要があります。New, uncompressed RTF text should be written into the stream interface returned in lpUncompressedRTFStream. 既存のストリームを追加することはできません、ため、メッセージ テキスト全体を書き込む必要があります。Because it is not possible to append the existing stream, the entire message text must be written.

_UlFlags_パラメーターに 0 を渡した場合、 _lpCompressedRTFStream_開くことができます読み取り専用です。If zero is passed in the ulFlags parameter, then lpCompressedRTFStream may be opened read-only. _LpUncompressedRTFStream_で返されるストリームのインタ フェースからのみ、メッセージ テキスト全体を読み取ることができます。Only the entire message text can be read out of the stream interface returned in lpUncompressedRTFStream. ストリームの中間の開始を検索することはできません。It is not possible to search starting the middle of the stream.

WrapCompressedRTFStreamでは、圧縮されたストリームのポインターをストリームの先頭に設定されていると仮定しています。WrapCompressedRTFStream assumes that the compressed stream's pointer is set to the beginning of the stream. 返された圧縮解除されたストリームでは、特定の OLE IStreamのメソッドはサポートされていません。Certain OLE IStream methods are not supported by the returned uncompressed stream. IStream::CloneIStream::LockRegionIStream::RevertIStream::SeekIStream::SetSizeIStream::Stat、およびIStream::UnlockRegionが含まれます。These include IStream::Clone, IStream::LockRegion, IStream::Revert, IStream::Seek, IStream::SetSize, IStream::Stat, and IStream::UnlockRegion. ストリーム全体をコピーするために読み取り/書き込みループが必要です。In order to copy to the entire stream, a read/write loop is needed.

クライアントが圧縮されていない形式で新しい RTF を書き込むためのストリームに直接書き込むのではなく、 WrapCompressedRTFStreamを使用してください。Because the client writes new RTF in uncompressed format, it should use WrapCompressedRTFStream, instead of directly writing to the stream. RTF に対応していないクライアントは、 PR_STORE_SUPPORT_MASK (PidTagStoreSupportMask) のプロパティに STORE_UNCOMPRESSED_RTF フラグを検索し、設定されている場合に、 WrapCompressed RTFStreamに渡すこと必要があります。RTF-aware clients should search for the STORE_UNCOMPRESSED_RTF flag in the PR_STORE_SUPPORT_MASK (PidTagStoreSupportMask) property and pass it to WrapCompressed RTFStream if it is set.

関連項目See also

RTFSync