RTFSync

適用されます: OutlookApplies to: Outlook

リッチ テキスト形式 (RTF) メッセージのテキストがテキスト形式のバージョンと一致していることを確認します。Makes sure that the Rich Text Format (RTF) message text matches the plain text version. RTF 形式を読み取る前に、RTF 形式を変更した後にこの関数を呼び出す必要があります。It is necessary to call this function before reading the RTF version and after modifying the RTF version.

ヘッダー ファイル:Header file:
Mapiutil.hMapiutil.h
によって実装されます。Implemented by:
MAPIMAPI
によって呼び出されます。Called by:
Rtf 形式に対応したクライアント アプリケーション、およびメッセージ ストア プロバイダーRTF-aware client applications and message store providers
HRESULT RTFSync(
  LPMESSAGE lpMessage,
  ULONG ulFlags,
  BOOL FAR * lpfMessageUpdated
);

ParametersParameters

lpMessagelpMessage

[in]更新するメッセージへのポインター。[in] Pointer to the message to be updated.

ulFlagsulFlags

[in]Rtf 形式またはテキスト形式のメッセージを示すために使用するフラグのビットが変更されています。[in] Bitmask of flags used to indicate the RTF or plain text version of the message has changed. 次のフラグを設定することができます。The following flags can be set:

  • RTF_SYNC_BODY_CHANGED: メッセージのテキスト形式のバージョンが変更されました。RTF_SYNC_BODY_CHANGED: The plain text version of the message has changed.

  • RTF_SYNC_RTF_CHANGED: RTF 形式のメッセージが変更されました。RTF_SYNC_RTF_CHANGED: The RTF version of the message has changed.

_UlFlags_パラメーターで他のすべてのビットは、将来使用するために予約されています。All other bits in the ulFlags parameter are reserved for future use.

lpfMessageUpdatedlpfMessageUpdated

[out]更新されたメッセージが表示されるかどうかを示す変数へのポインター。[out] Pointer to a variable indicating whether there is an updated message. TRUE を指定するとメッセージが表示される更新された、FALSE それ以外の場合。TRUE if there is an updated message, FALSE otherwise.

�߂�lReturn value

S_OKS_OK

�ʘb���������A�\�������l�܂��͒l���Ԃ���܂��BThe call succeeded and has returned the expected value or values.

����Remarks

PR_RTF_IN_SYNC (PidTagRtfInSync) のプロパティが存在しないか、FALSE が使用され、RTF_SYNC_BODY_ のプロパティを読み取って、 PR_RTF_COMPRESSED (PidTagRtfCompressed)の関数を呼び出す必要があります前にフラグが設定を変更します。If the PR_RTF_IN_SYNC (PidTagRtfInSync) property is missing or is FALSE, before reading the PR_RTF_COMPRESSED (PidTagRtfCompressed) property the RTFSync function should be called with the RTF_SYNC_BODY_CHANGED flag set.

PR_STORE_SUPPORT_MASK (PidTagStoreSupportMask) プロパティでは、STORE_RTF_OK フラグは設定されていない場合、RTF_SYNC_RTF_CHANGED フラグが設定されているPR_RTF_COMPRESSEDを変更した後でこの関数が呼び出さ 必要があります。If the STORE_RTF_OK flag is not set in the PR_STORE_SUPPORT_MASK (PidTagStoreSupportMask) property, this function should be called with the RTF_SYNC_RTF_CHANGED flag set after modifying PR_RTF_COMPRESSED.

(PidTagBody) であるPR_BODYPR_RTF_COMPRESSEDの両方が変更されている場合両方のフラグが設定を行う関数を呼び出す必要があります。If both PR_BODY (PidTagBody) and PR_RTF_COMPRESSED have been changed, the RTFSync function should be called with both flags set.

_LpfMessageUpdated_パラメーターの値は、TRUE に設定されている場合、メッセージのIMAPIProp::SaveChangesメソッドを呼び出す必要があります。If the value of the lpfMessageUpdated parameter is set to TRUE, then the IMAPIProp::SaveChanges method should be called for the message. SaveChangesが呼び出されない場合、メッセージの変更は保存されません。If SaveChanges is not called, the modifications will not be saved in the message.

メッセージ ストア プロバイダーは、 PR_BODYPR_RTF_COMPRESSEDプロパティの同期を維持するのに、行うを使用できます。Message store providers can use RTFSync to keep the PR_BODY and PR_RTF_COMPRESSED properties synchronized.

詳細については、メッセージ ストア プロバイダーの rtf 形式のテキストをサポートしているを参照してください。For more information, see Supporting RTF Text for Message Store Providers.

関連項目See also