Office ライブラリ用の最新 JavaScript API、およびバージョン 1.1 のアドイン マニフェスト スキーマへの更新Update to the latest JavaScript API for Office library and version 1.1 add-in manifest schema

この記事では、Office アドイン プロジェクトに含まれる JavaScript ファイル (Office.js およびアプリに固有の .js ファイル) とアドイン マニフェスト検証ファイルをバージョン 1.1 に更新する方法について説明します。This article describes how to update your JavaScript files (Office.js and app-specific .js files) and add-in manifest validation file in your Office Add-in project to version 1.1.

最新のプロジェクト ファイルを使用するUse the most up-to-date project files

Visual Studio を使用してアドインを開発するときに、JavaScript API for Office の最新の API メンバーアドイン マニフェスト v1.1 の機能 (offappmanifest-1.1.xsd に対して検証される) を使用する場合は、Visual Studio 2015 と最新の Office 開発者ツールをダウンロードしてインストールする必要があります。If you use Visual Studio to develop your add-in, to use the newest API members of the JavaScript API for Office and the v1.1 features of the add-in manifest (which is validated against offappmanifest-1.1.xsd), you need to download and install the Visual Studio 2015 and the latest Office Developer Tools.

テキスト エディター、または Visual Studio 以外の IDE を使用してアドインを開発する場合は、Office.js に対する CDN への参照と、アドインのマニフェストで参照するスキーマのバージョンを更新する必要があります。If you use a text editor or IDE other than Visual Studio to develop your add-in, you need to update the references to the CDN for Office.js and the version of schema referenced in your add-in's manifest.

Office.js の新しい API や更新された API とアドインのマニフェスト機能を使用して開発したアドインを実行するには、ユーザー側で Office 2013 SP1 以降のオンプレミスの製品を実行し、該当する場合は SharePoint Server 2013 SP1 と関連するサーバー製品、Exchange Server 2013 Service Pack 1 (SP1)、または同等のオンライン ホスト製品である Office 365、SharePoint Online、および Exchange Online を実行している必要があります。To run an add-in developed using new and updated Office.js API and add-in manifest features, your customers must be running Office 2013 SP1 or later version on-premises products, and where applicable, SharePoint Server 2013 SP1 and related server products, Exchange Server 2013 Service Pack 1 (SP1), or the equivalent online hosted products: Office 365, SharePoint Online, and Exchange Online.

Office、SharePoint、Exchange SP1 の各製品をダウンロードするには、次を参照してください。To download Office, SharePoint, and Exchange SP1 products, see the following:

Visual Studio で作成した Office アドイン プロジェクトを更新するUpdating an Office Add-in project created with Visual Studio

JavaScript API for Office とアドイン マニフェスト スキーマの v1.1 のリリース前に作成されたプロジェクトの場合は、 NuGet パッケージ マネージャーを使用してプロジェクトのファイルを更新してから、それらを参照するようにアドインの HTML ページを更新できます。For projects created before the release of v1.1 of the JavaScript API for Office and add-in manifest schema, you can update a project's files using the NuGet Package Manager, and then update your add-in's HTML pages to reference them.

なお、この更新プロセスは プロジェクトごと に適用する必要があることに注意してください。v1.1 の Office.js とアドイン マニフェスト スキーマを使用するアドイン プロジェクトごとに、この更新プロセスを繰り返します。Note that the update process is applied on a per-project basis - you'll need to repeat the updating process for each add-in project in which you want to use v1.1 of Office.js and add-in manifest schema.

プロジェクトの JavaScript API for Office ライブラリ ファイルを最新のリリースに更新するUpdate the JavaScript API for Office library files in your project to the newest release

  1. Visual Studio 2015 で、Office アドイン プロジェクトを開くか、新規作成します。In Visual Studio 2015, open or create a new Office Add-in project.

    • 左側のウィンドウで、[更新] を選択してパッケージの更新プロセスを完了します。In the left pane, choose Update and complete the package update process.

    • 手順 6 に進みます。Go to step 6.

  2. [ ツール] > [ NuGet パッケージ マネージャー] > [ ソリューションの Nuget パッケージの管理] を選択します。Choose Tools > NuGet Package Manager > Manage Nuget Packages for Solution.

  3. [ NuGet パッケージ マネージャー] で、[ パッケージ ソース] に [ nuget.org] を選択して、[ フィルター] に [ アップグレードを利用可能] を選択し、Microsoft.Office.js を選択します。In the NuGet Package Manager, select nuget.org for Package source and Upgrade available for Filter. and select Microsoft.Office.js.

  4. 左側のウィンドウで、[更新] を選択してパッケージの更新プロセスを完了します。In the left pane, choose Update and complete the package update process.

  5. アドインの HTML ページの head タグ内で、既存の office.js スクリプトに対する参照をすべてコメント アウトするか削除して、更新した JavaScript API for Office ライブラリを次のように参照します。In the head tag of your add-in's HTML pages, comment out or delete any existing office.js script references, and reference the updated JavaScript API for Office library as follows:

    <script src="https://appsforoffice.microsoft.com/lib/1/hosted/Office.js" type="text/javascript"></script>
    

    注意

    CDN URL /1/ の前にある office.js は、Office.js のバージョン 1 内で最新の増分リリースを使用するように指定します。NOTE The /1/ in front of office.js in the CDN URL specifies to use the latest incremental release within version 1 of Office.js.

プロジェクト内のマニフェスト ファイルがバージョン 1.1 のスキーマを使用するように更新するUpdate the manifest file in your project to use schema version 1.1

アドインのマニフェスト ファイルで、OfficeApp 要素の xmlns 属性のバージョン値を 1.1 に変更して更新します (xmlns 以外の属性は変更しません)。In your Add-in's Manifest file, update the xmlns attribute of the OfficeApp element changing the version value to 1.1 (leaving attributes other than the xmlns attribute unchanged).

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<OfficeApp xsi:type="ContentApp" 
    xmlns:xsi="https://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" 
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/office/appforoffice/1.1">

  <!-- manifest contents -->

</OfficeApp>

注意

アドイン マニフェスト スキーマのバージョンを 1.1 に更新したら、CapabilitiesCapability 要素を削除し、それらを HostsHost 要素または Requirementsと Requirement 要素に置き換える必要があります。After updating the version of the add-in manifest schema to 1.1, you will need to remove the Capabilities and Capability elements, and replace them with either the Hosts and Host elements or the Requirements and Requirement elements.

テキスト エディターまたは他の IDE で作成した Office アドイン プロジェクトを更新するUpdating an Office Add-in project created with a text editor or other IDE

JavaScript API for Office とアドイン マニフェスト スキーマの v1.1 のリリース前に作成されたプロジェクトについては、v1.1 のライブラリの CDN を参照するようにアドインの HTML ページを更新し、スキーマ v1.1 を使用するようにアドインのマニフェスト ファイルを更新する必要があります。For projects created before the release of v1.1 of the JavaScript API for Office and add-in manifest schema, you need to update your add-in's HTML pages to reference CDN of the v1.1 library, and update your add-in's manifest file to use schema v1.1.

この更新プロセスは_プロジェクトごと_に適用します。そのため、v1.1 の Office.js とアドイン マニフェスト スキーマを使用するアドイン プロジェクトごとに、この更新プロセスを繰り返す必要があります。The update process is applied on a per-project basis - you'll need to repeat the updating process for each add-in project in which you want to use v1.1 of Office.js and add-in manifest schema.

Office アドインを開発するために、JavaScript API for Office ファイル (Office.js とアプリ固有の .js ファイル) のローカル コピーを用意する必要はありません (Office.js の CDN を参照すれば、実行時に必要なファイルがダウンロードされます)。それでも、ライブラリ ファイルのローカル コピーが必要な場合は、NuGet コマンド ライン ユーティリティInstall-Package Microsoft.Office.js コマンドを使用してダウンロードしてください。You don't need local copies of the JavaScript API for Office files (Office.js and app-specific .js files) to develop anOffice Add-in (referencing the CDN for Office.js downloads the necessary files at runtime), but if you want a local copy of the library files you can use the NuGet Command-Line Utility and the Install-Package Microsoft.Office.js command to download them.

注意

v1.1 アドイン マニフェストの XSD (XML スキーマ定義) のコピーの取得については、「Office アドインのマニフェスト向けのスキーマ リファレンス (v1.1)」の一覧を参照してください。NOTE To get a copy of the XSD (XML Schema Definition) for the v1.1 add-in manifest, see the listing in Schema reference for Office Add-ins manifests (v1.1).

最新のリリースを使用するようにプロジェクトの JavaScript API for Office ライブラリ ファイルを更新するUpdate the JavaScript API for Office library files in your project to use the newest release

  1. テキスト エディターまたは IDE でアドインの HTML ページを開きます。Open the HTML pages for your add-in in your text editor or IDE.

  2. アドインの HTML ページの head タグ内で、既存の office.js スクリプトに対する参照をすべてコメント アウトするか削除して、更新した JavaScript API for Office ライブラリを次のように参照します。In the head tag of your add-in's HTML pages, comment out or delete any existing office.js script references, and reference the updated JavaScript API for Office library as follows:

    <script src="https://appsforoffice.microsoft.com/lib/1/hosted/Office.js" type="text/javascript"></script>
    

    注意

    CDN URL /1/ の前にある office.js は、Office.js のバージョン 1 内で最新の増分リリースを使用するように指定します。NOTE The /1/ in front of office.js in the CDN URL specifies to use the latest incremental release within version 1 of Office.js.

プロジェクト内のマニフェスト ファイルがバージョン 1.1 のスキーマを使用するように更新するUpdate the manifest file in your project to use schema version 1.1

アドインのマニフェスト ファイルで、OfficeApp 要素の xmlns 属性のバージョン値を 1.1 に変更して更新します (xmlns 以外の属性は変更しません)。In your Add-in's Manifest file, update the xmlns attribute of the OfficeApp element changing the version value to 1.1 (leaving attributes other than the xmlns attribute unchanged).

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<OfficeApp xsi:type="ContentApp" 
    xmlns:xsi="https://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance" 
    xmlns="http://schemas.microsoft.com/office/appforoffice/1.1">

  <!-- manifest contents -->

</OfficeApp>

注意

アドイン マニフェスト スキーマのバージョンを 1.1 に更新したら、CapabilitiesCapability 要素を削除し、それらを HostsHost 要素または Requirementsと Requirement 要素に置き換える必要があります。After updating the version of the add-in manifest schema to 1.1, you will need to remove the Capabilities and Capability elements, and replace them with either the Hosts and Host elements or the Requirements and Requirement elements.

関連項目See also