AccessError メソッド (Access)Application.AccessError method (Access)

AccessErrorメソッドを使用すると、Microsoft access またはデータアクセスオブジェクト (DAO) エラーに関連付けられている説明の文字列を取得できます。You can use the AccessError method to return the descriptive string associated with a Microsoft Access or Data Access Objects (DAO) error.

構文Syntax

AccessError(ErrorNumber)expression.AccessError (ErrorNumber)

expression**Application** オブジェクトを 表す変数。expression A variable that represents an Application object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
ErrorNumberErrorNumber 必須Required VariantVariant 説明の文字列を指すエラーの番号を指定します。The number of the error for which you wish to return a descriptive string.

戻り値Return value

バリアント型Variant

注釈Remarks

AccessError メソッドを使うと、実際に発生していない Microsoft Office Access エラーまたは DAO エラーに関連する文字列を示すことができます。このメソッドは、ADO エラーに対しては使用できません。You can use the AccessError method to return the descriptive string associated with a Microsoft Access or DAO error when the error hasn't actually occurred, but you cannot use it for ADO errors.

Visual Basic の Raise メソッドを使って、Visual Basic のエラーを発生させることができます。You can use the Visual Basic Raise method to raise a Visual Basic error. エラーを発生させた後は、 ErrオブジェクトのDescriptionプロパティを読み取って、関連する説明の文字列を確認できます。After you've raised the error, you can determine its associated descriptive string by reading the Description property of the Err object.

Microsoft Office Access エラーまたは DAO エラーを発生させるために、 Raise メソッドを使うことはできません。You can't use the Raise method to raise a Microsoft Access or DAO error. ただし、 AccessError メソッドを使って、エラーを発生させずにエラーについて説明する文字列を取得することができます。However, you can use the AccessError method to return the descriptive string associated with these errors, without having to generate the error.

フォームの Error イベントから AccessError メソッドを使って、説明の文字列を取得することができます。You can use the AccessError method to return a descriptive string from within a form's Error event.

Microsoft Office Access エラーが発生した場合は、AccessError メソッドまたは Visual Basic の Err オブジェクトの Description プロパティのどちらかで、説明の文字列を取得することができます。If the Microsoft Access error has occurred, you can return the descriptive string by using either the AccessError method or the Description property of the Visual Basic Err object.

Example

次の関数は、任意の有効なエラー番号に対してエラー文字列を返します。The following function returns an error string for any valid error number.

注意

コードが VBA IDE で実行されるようにするには、エラートラッピングオプションが、処理不能エラーで中断するように設定されている必要があります。You must have your error trapping options set to Break on Unhandled Errors for the code to run in the VBA IDE. このオプションは、[VBA ツール] メニューの [オプション] ダイアログボックスの [全般] タブで設定できます。You can set this option on the General tab of the Options dialog box found on the VBA Tools menu.

Function ErrorString(ByVal lngError As Long) As String 
 
 Const conAppError = "Application-defined or " & _ 
 "object-defined error" 
 
 On Error Resume Next 
 Err.Raise lngError 
 
 If Err.Description = conAppError Then 
 ErrorString = AccessError(lngError) 
 ElseIf Err.Description = vbNullString Then 
 MsgBox "No error string associated with this number." 
 Else 
 ErrorString = Err.Description 
 End If 
 
End Function

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.