Application オブジェクト (Access)

Application オブジェクトは、アクティブな Microsoft Office Access アプリケーションを参照するために使用します。

注釈

Application オブジェクトには、すべての Access オブジェクトとコレクションが含まれています。

Application オブジェクトを使用すると、Access アプリケーション全体にメソッドやプロパティ設定を適用することができます。 たとえば、Application オブジェクトの SetOption メソッドを使用して、データベース オプションを設定Visual Basic。 次の例では、[ Access のオプション] ダイアログ ボックスの [ カレント データベース] タブにある [ ステータス バーを表示する] チェック ボックスをオンにします。

Application.SetOption "Show Status Bar", True

Access は、オートメーションをサポートした COM コンポーネントです。 オートメーションは、従来 OLE オートメーションと呼ばれていました。 オートメーションをサポートする別のアプリケーションから Application オブジェクトを使って Access オブジェクトを操作できます。

たとえば、Microsoft Visual Basic は COM コンポーネントです。 Access データベースは、データベースから開き、Visual Basic操作できます。 最初Visual Basic Access オブジェクト ライブラリへの参照を作成してから 、Application クラスの新しいインスタンスを作成し、次の例のようにオブジェクト変数をポイントします。

Dim appAccess As New Access.Application

キーワード New をサポートしていないアプリケーションでは、次のように CreateObject 関数を使って Application クラスの新しいインスタンスを作成できます。

Dim appAccess As Object 
Set appAccess = CreateObject("Access.Application")

Application クラスの新しいインスタンスを作成した後 、OpenCurrentDatabase メソッドまたは NewCurrentDatabase メソッドを使用して、データベースを開く、または新しいデータベースを作成できます。 その後、 Application オブジェクトのプロパティを設定したり、メソッドを呼び出したりすることができます。

Application オブジェクトの CommandBars プロパティを使って CommandBars オブジェクトへの参照を取得すると、この参照を使って Microsoft Office のコマンド バー オブジェクトおよびコレクションすべてにアクセスできます。

また、Application オブジェクトによって他の Access オブジェクトを操作することもできます。 たとえば、Access の DoCmd オブジェクトの OpenForm メソッドを使用して、Microsoft Office Excel から Access のフォームを開くことができます。

appAccess.DoCmd.OpenForm "Orders"

オートメーションによる参照の作成とオブジェクトの制御の詳細については、COM コンポーネントとして機能するアプリケーションのマニュアルを参照してください。

メソッド

プロパティ

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。