SaveAsAXL メソッド (Access)Application.SaveAsAXL method (Access)

指定したオブジェクトをアプリケーション XML (AXL) ファイルにエクスポートします。Exports the specified object to an Application XML (AXL) file.

構文Syntax

SaveAsAXL(ObjectTypeObjectNameFileName)expression.SaveAsAXL (ObjectType, ObjectName, FileName)

expression**Application** オブジェクトを 表す変数。expression A variable that represents an Application object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
ObjectTypeObjectType 必須Required AcObjectTypeAcObjectType エクスポートするオブジェクトの種類を指定します。Specifies the type of object to export.
ObjectNameObjectName 必須Required StringString エクスポートするオブジェクトの名前を指定します。Specifies the name of the object to export.
FileNameFileName 必須Required StringString 作成する AXL ファイルの完全なパスとファイル名を指定します。Specifies the full path and file name of the AXL file to create.

注釈Remarks

SaveAsAXL メソッドは、FileName 引数で指定したファイルが既に存在している場合に警告を発しません。The SaveAsAXL method does not provide a warning when the file specified in the FileName argument already exists. この場合、ファイルは上書きされます。If this occurs, the file will be overwritten.

カレントデータベースが web データベースでない場合、 SaveAsAXLメソッドは実行時エラーを生成します。The SaveAsAXL method generates a run-time error if the current database is not a web database.

AXL の詳細については、「[MS-AXL]: Access Application Transfer Protocol Structure Specification」 を参照してください。For more information about AXL, see [MS-AXL]: Access Application Transfer Protocol Structure Specification.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.