Application.SaveAsAXL メソッド (Access)

指定したオブジェクトをアプリケーション XML (AXL) ファイルにエクスポートします。

構文

.SaveAsAXL (ObjectType, ObjectName, FileName)

expression Application オブジェクトを 表す変数。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
ObjectType 必須 AcObjectType エクスポートするオブジェクトの種類を指定します。
ObjectName 必須 String エクスポートするオブジェクトの名前を指定します。
FileName 必須 String 作成する AXL ファイルの完全なパスとファイル名を指定します。

注釈

SaveAsAXL メソッドは、FileName 引数で指定したファイルが既に存在している場合に警告を発しません。 この場合、ファイルは上書きされます。

SaveAsAXL メソッドは、現在のデータベースが Web データベースではない場合、実行時エラーを生成します。

AXL の詳細については、「[MS-AXL]: Access Application Transfer Protocol Structure Specification」 を参照してください。

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。