CodeDb メソッド (Access)Application.CodeDb method (Access)

コード モジュールで CodeDb メソッドを使用すると、現在、実行中のコードを含むデータベースを参照する Database オブジェクトの名前を返します。You can use the CodeDb method in a code module to determine the name of the Database object that refers to the database in which code is currently running. ライブラリ データベースの一部であるデータ アクセス オブジェクト (DAO) にアクセスするには、 CodeDb メソッドを使います。Use the CodeDb method to access Data Access Objects (DAO) that are part of a library database.

構文Syntax

。( CodeDb )expression.CodeDb

expression**Application** オブジェクトを 表す変数。expression A variable that represents an Application object.

戻り値Return value

データベースDatabase

注釈Remarks

たとえば、ライブラリ データベースのモジュールで CodeDb メソッドを使って、ライブラリ データベースを参照する Database オブジェクトを作成できます。For example, you can use the CodeDb method in a module in a library database to create a Database object referring to the library database. その後、ライブラリ データベースのテーブルに基づくレコードセットを開くことができます。You can then open a recordset based on a table in the library database.

Set database= CodeDbSet database= CodeDb

CodeDb メソッドは Database オブジェクトを返し、オブジェクトの " Name /名前" プロパティには、メソッドを呼び出したコードを含むデータベースの名前とフル パスが入ります。The CodeDb method returns a Database object for which the Name property is the full path and name of the database from which it is called. このメソッドは、ライブラリ データベース内のデータ アクセス オブジェクトの操作に役立ちます。This method can be useful when you need to manipulate the Data Access Objects in your library database.

ライブラリ データベースのメソッドを呼び出す場合に、コードがライブラリ データベースのモジュールで実行されていても、呼び出したメソッドを含むデータベースはカレント データベースとなります。When you call a method in a library database, the database from which you have called the method remains the current database, even while code is running in a module in the library database. ライブラリデータベースのデータアクセスオブジェクトを参照するには、ライブラリデータベースを表すdatabaseオブジェクトの名前を知っている必要があります。To refer to the Data Access Objects in the library database, you need to know the name of the Database object that represents the library database.

たとえば、エラーメッセージを一覧表示するライブラリデータベースにテーブルがあるとします。For example, suppose you have a table in a library database that lists error messages. コードからテーブル内のデータを操作するには、 CodeDbメソッドを使用して、テーブルが格納されているライブラリデータベースを参照するdatabaseオブジェクトの名前を調べることができます。To manipulate data in the table from code, you could use the CodeDb method to determine the name of the Database object that refers to the library database that contains the table.

カレント データベースで CodeDb メソッドを実行すると、カレント データベースの名前 ( CurrentDb メソッドが返す値と同じ) が返されます。If the CodeDb method is run from the current database, it returns the name of the current database, which is the same value returned by the CurrentDb method.

Example

次の使用例では、 CodeDb メソッドを使ってライブラリ データベースを参照する Database オブジェクトを取得します。The following example uses the CodeDb method to return a Database object that refers to a library database. ライブラリ データベースには、[エラー] という名前のテーブルと現在実行中のコードが含まれています。The library database contains both a table named Errors and the code that is currently running. CodeDbメソッドによってこの情報が決定されると、 GetErrorString関数は [エラー] テーブルに基づいてテーブルタイプの recordset を開きます。After the CodeDb method determines this information, the GetErrorString function opens a table-type recordset based on the Errors table. その後、その関数に渡された Integer 型の値に基づいて、[エラーデータ] という名前のフィールドからエラー メッセージを抽出します。It then extracts an error message from a field named ErrorData based on the Integer value passed to the function.

Function GetErrorString(ByVal intError As Integer) As String 
 Dim dbs As Database, rst As RecordSet 
 
 ' Variable refers to database where code is running. 
 Set dbs = CodeDb 
 ' Create table-type Recordset object. 
 Set rst = dbs.OpenRecordSet("Errors", dbOpenTable) 
 ' Set index to primary key (ErrorID field). 
 rst.Index = "PrimaryKey" 
 ' Find error number passed to GetErrorString function. 
 rst.Seek "=", intError 
 ' Return associated error message. 
 GetErrorString = rst.Fields!ErrorData.Value 
 rst.Close 
End Function

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.