AppTitle プロパティ (Access)Application.AppTitle property (Access)

AppTitle プロパティを使用すると、アプリケーション データベースのタイトル バーに表示するテキストを指定できます。You can use the AppTitle property to specify the text that appears in the application database's title bar. たとえば、 AppTitle プロパティを使用して、在庫管理データベース アプリケーションのタイトル バーに "在庫管理" という文字列を表示できます。For example, you can use the AppTitle property to specify that the string "Inventory Control" appear in the title bar of your Inventory Control database application.

構文Syntax

AppTitleexpression.AppTitle

expression**Application** オブジェクトを 表す変数。expression A variable that represents an Application object.

SettingSetting

AppTitle プロパティの設定値は、タイトル バーに表示されるテキストを含む文字列式です。The AppTitle property is a string expression containing the text to appear in the title bar.

このプロパティを設定する最も簡単な方法は、[ Access のオプション] ダイアログボックスの [アプリケーションのタイトル] オプションを使用する方法です。The easiest way to set this property is by using the Application Title option in the Access Options dialog box. このプロパティは、マクロまたは Visual Basic を使用して設定することもできます。You can also set this property by using a macro or Visual Basic.

マクロまたは Visual Basic を使用して AppTitle プロパティを設定するには、[ Access のオプション] ダイアログ ボックスでプロパティを設定するか、次の方法でプロパティを作成しておく必要があります。To set the AppTitle property by using a macro or Visual Basic, you must first either set the property in the Access Options dialog box once or create the property in the following ways:

  • Access データベースでは、 CreateProperty メソッドを使用してプロパティを作成し、 Database オブジェクトの Properties コレクションに追加します。In a Microsoft Access database, you can add it by using the CreateProperty method and append it to the Properties collection of the Database object.

  • Microsoft Office Access プロジェクト (.adp) では、 addメソッドを使用して、 CurrentProject オブジェクトのAccessObjectPropertiesコレクションに追加することができます。In a Microsoft Access project (.adp), you can add it to the AccessObjectProperties collection of the CurrentProject object by using the Add method.

また、すべての変更をすぐに表示するには、 Refreshtitlebar バー のメソッドを使用する必要があります。You must also use the RefreshTitleBar method to make any changes visible immediately.

注釈Remarks

AppTitle プロパティが設定されていない場合は、タイトル バーに "Microsoft Access" の文字列が表示されます。If this property isn't set, the string "Microsoft Access" appears in the title bar.

このプロパティの設定は、(コードにRefreshtitlebarのメソッドが含まれている場合は) コードで設定した直後に有効になり、[ Access のオプション] ダイアログボックスが閉じられます。This property setting takes effect immediately after it is set in code (as long as the code includes the RefreshTitleBar method), or the Access Options dialog box is closed.

Example

次の使用例は、Microsoft Office Access データベースの**AppIcon** およびAppTitleプロパティを変更する方法を示しています。The following example shows how to change the AppIcon and AppTitle properties in a Microsoft Access database. プロパティが設定または作成されていない場合、CreateProperty メソッドを使用してプロパティを作成し、Properties コレクションに追加する必要があります。If the properties haven't already been set or created, you must create them and append them to the Properties collection by using the CreateProperty method.

Sub cmdAddProp_Click() 
 Dim intX As Integer 
 Const DB_Text As Long = 10 
 intX = AddAppProperty("AppTitle", DB_Text, "My Custom Application") 
 intX = AddAppProperty("AppIcon", DB_Text, "C:\Windows\Cars.bmp") 
 CurrentDb.Properties("UseAppIconForFrmRpt") = 1 
 Application.RefreshTitleBar 
End Sub 
 
Function AddAppProperty(strName As String, _ 
 varType As Variant, varValue As Variant) As Integer 
 Dim dbs As Object, prp As Variant 
 Const conPropNotFoundError = 3270 
 
 Set dbs = CurrentDb 
 On Error GoTo AddProp_Err 
 dbs.Properties(strName) = varValue 
 AddAppProperty = True 
 
AddProp_Bye: 
 Exit Function 
 
AddProp_Err: 
 If Err = conPropNotFoundError Then 
 Set prp = dbs.CreateProperty(strName, varType, varValue) 
 dbs.Properties.Append prp 
 Resume 
 Else 
 AddAppProperty = False 
 Resume AddProp_Bye 
 End If 
End Function

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.