SetHiddenAttribute メソッド (Access)Application.SetHiddenAttribute method (Access)

SetHiddenAttribute メソッドは、Access オブジェクトの [隠しオブジェクト] 属性を設定します。The SetHiddenAttribute method sets the hidden attribute of an Access object.

構文Syntax

SetHiddenAttribute(ObjectTypeObjectNamefhidden)expression.SetHiddenAttribute (ObjectType, ObjectName, fHidden)

expression**Application** オブジェクトを 表す変数。expression A variable that represents an Application object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
ObjectTypeObjectType 必須Required AcObjectTypeAcObjectType Access オブジェクトの種類を、 Acobjecttypeクラスの定数で指定します。An AcObjectType constant that specifies the type of Access object.
ObjectNameObjectName 必須Required StringString Access オブジェクトの名前を指定します。The name of the Access object.
fHiddenfHidden 必須Required BooleanBoolean Trueに設定すると、隠し属性が設定され、 Falseの場合は属性がクリアされます。True sets the hidden attribute, and False clears the attribute.

戻り値Return value

なしNothing

解説Remarks

GetHiddenAttribute メソッドと共に、 SetHiddenAttributeメソッドは、Visual Basic のコードからオブジェクトの可視性を変更する手段を提供します。Together with the GetHiddenAttribute method, the SetHiddenAttribute method provides a means of changing an object's visibility from Visual Basic code. これらのメソッドを使用すると、オブジェクトの [プロパティ] ダイアログボックスで使用可能な隠しプロパティを設定または取得することができます。With these methods, you can set or read the Hidden property available in the object's Properties dialog box.

SetHiddenAttribute メソッドを使ってこのオプションを設定するには、次の例のように True または False を指定します。To set this option by using the SetHiddenAttribute method, specify True or False for the setting, as in the following example.

Application.SetHiddenAttribute acTable,"Customers", True

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.