Application.Cells プロパティ (Excel)Application.Cells property (Excel)

作業中のワークシートのすべてのセルを表す**Range** オブジェクトを返します。Returns a Range object that represents all the cells on the active worksheet. 作業中の文書がワークシートでない場合、このプロパティは無効になります。If the active document is not a worksheet, this property fails.

構文Syntax

.セルexpression.Cells

expression**Application** オブジェクトを 表す変数。expression A variable that represents an Application object.

注釈Remarks

Item プロパティはRangeオブジェクトの既定のプロパティなので、 Cellsキーワードの直後に行と列のインデックスを指定することができます。Because the Item property is the default property for the Range object, you can specify the row and column index immediately after the Cells keyword. 詳細ついては、このトピックの Item プロパティおよび使用例を参照してください。For more information, see the Item property and the examples for this topic.

このプロパティでオブジェクト修飾子を指定しないコードを使用すると、アクティブ シートのすべてのセルを表す Range オブジェクトが返されます。Using this property without an object qualifier returns a Range object that represents all the cells on the active worksheet.

Example

次の使用例では、各行のデータを確認し、列 A の値が変わるたびに空白行を挿入します。This example looks at data in each row and inserts a blank row each time the value in column A changes.

Sub ChangeInsertRows()
    Application.ScreenUpdating = False
    Dim xRow As Long
    
    For xRow = Application.Cells(Rows.Count, 1).End(xlUp).Row To 3 Step -1
        If Application.Cells(xRow, 1).Value <> Application.Cells(xRow - 1, 1).Value Then Rows(xRow).Resize(1).Insert
    Next xRow
    
    Application.ScreenUpdating = True
End Sub

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.