Dialog.Show メソッド (Excel)

組み込みのダイアログ ボックスを表示し、ユーザーがデータを入力するのを待ち、ユーザーの応答を表す ブール 値を返します。

構文

.Show (Arg1, Arg2, Arg3, Arg4, Arg6, Arg7, Arg8, Arg9, Arg10, Arg11 , Arg12 , Arg13, Arg14 , Arg15, Arg16, Arg17, Arg18 , Arg19, Arg20, Arg21, Arg22, Arg23, Arg24, Arg25 , Arg26, Arg27, Arg28, Arg29, Arg30)

Dialog オブジェクトを表 す変数

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Arg1Arg30 省略可能 Variant 組み込みダイアログ ボックスでのみ使用する、コマンドの最初の引数。

戻り値

ユーザー [OK] を選択した場合、組み込みのダイアログ ボックスで True を返すブール値、またはユーザーが [キャンセル] を選択した場合は False を返 します

解説

単独のダイアログ ボックスで多数のプロパティを同時に変更できます。 たとえば、[セルの書式設定]ダイアログ ボックスを使用して 、Font オブジェクトのすべてのプロパティを変更できます。

一部の組み込みダイアログ ボックス([開く] ダイアログ ボックスなど) では 、Arg1 、Arg2、...、Arg30 を使用して初期値を 設定できます。 設定する引数の詳細については、「組み込みダイアログ ボックス引数一覧 ****」で、対応するダイアログ ボックス定数を参照してください。 たとえば、[ファイルを開く] ダイアログ ボックスで指定する引数については、定数 xlDialogOpen を確認してください。

組み込みのダイアログ ボックスの詳細については 、「Dialogs コレクション」を参照 してください。

次の使用例は、[ファイルを開く] ダイアログ ボックスを表示します。

Application.Dialogs(xlDialogOpen).Show

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。