Dialogs.Item プロパティ (Excel)

コレクションから単一のオブジェクトを返します。

構文

.Item (Index)

Dialogs オブジェクトを表 す変数

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Index 必須 XlBuiltInDialog バリアント型 ( Variant ) の値を使用します。 オブジェクトの名前またはインデックス番号を指定します。

次の使用例は、[ファイルを開く] ダイアログ ボックスを表示し、[読み取り専用] オプションを選択します。

Application.Dialogs.Item(xlDialogOpen).Show arg3:=True

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。