Worksheet.PasteSpecial メソッド (Excel)

指定された形式で、クリップボードの内容をシートに貼り付けます。 他のアプリケーションからデータを貼り付けるときや、あるいは特別な形式でデータを貼り付ける場合に使います。

構文

PasteSpecial (Format, Link, DisplayAsIcon, IconFileName, IconIndex, IconLabel, NoHTMLFormatting)

Worksheet オブジェクトを表す変数。

パラメーター

名前 必須 / オプション データ型 説明
Format オプション Variant クリップボードのデータの形式を文字列で指定します。
Link 省略可能 Variant 元のデータと貼り付けたデータの間にリンクを設定するには、 True を指定します。 元のデータがリンクに適さないデータである場合や、元のデータを作成したアプリケーションがリンクをサポートしない場合には、この引数は無視されます。 既定値は False です。
DisplayAsIcon 省略可能 Variant True を指定すると、貼り付けデータがアイコンとして表示されます。 既定値は False です。
IconFileName 省略可能 Variant DisplayAsIcon が True の場合に使用するアイコンを含 むファイルの名前
IconIndex 省略可能 Variant アイコン ファイルのどのアイコンを使うかを示すインデックス番号を指定します。
IconLabel 省略可能 Variant アイコンのラベルを文字列で指定します。
NoHTMLFormatting 省略可能 Variant True を設定すると、HTML から書式設定、ハイパーリンク、およびイメージを削除します。 False を設定すると、HTML をそのまま貼り付けます。 既定値は False です。

解説

注意

NoHTMLFormatting はFormat = "HTML" の場合にのみ重要です。それ以外の場合、 NoHTMLFormatting は 無視されます。

このメソッドを使う前に、貼り付け先のセル範囲を必ず選択してください。

このメソッドは、クリップボードの内容に合うように現在の選択範囲を変更します。

英語以外の言語の開発者は、次のいずれかの定数 (0 ~ 5) をピクチャ ファイル形式と同等の文字列に置き換えることができます。

Format 引数 文字列に相当する
0 "Picture (PNG)"
1 "Picture (JPEG)"
2 "Picture (GIF)"
3 "Picture (Enhanced Metafile)"
4 "Bitmap"
5 "Microsoft Office図面オブジェクト"

次の使用例は、クリップボードの Word 文書のオブジェクトを、シート 1 のセル D1 に貼り付けます。

Worksheets("Sheet1").Range("D1").Select 
ActiveSheet.PasteSpecial format:= _ 
 "Microsoft Word 8.0 Document Object"

この例では、画像オブジェクトを貼り付けて、アイコンとして表示しません。

Worksheets("Sheet1").Range("F5").PasteSpecial _ 
 Format:="Picture (Enhanced Metafile)", Link:=False,
 DisplayAsIcon:=False 

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。