Worksheet オブジェクト (Excel)Worksheet object (Excel)

ワークシートを表します。Represents a worksheet.

解説Remarks

Worksheetオブジェクトは、ワークシート のコレクションのメンバーです。The Worksheet object is a member of the Worksheets collection. Worksheets コレクションには、ブックにあるすべての Worksheet オブジェクトが含まれています。The Worksheets collection contains all the Worksheet objects in a workbook.

Worksheetオブジェクトは、 Sheets コレクションのメンバーでもあります。The Worksheet object is also a member of the Sheets collection. Sheets コレクションには、ブックにあるすべてのシート (グラフ シート、ワークシートの両方) が含まれています。The Sheets collection contains all the sheets in the workbook (both chart sheets and worksheets).

Example

ワーク**** シート (インデックス) にワーク__ シートのインデックス番号または名前を使用して、1つのワークシートオブジェクトを返します。Use Worksheets (index), where index is the worksheet index number or name, to return a single Worksheet object. 次の例では、作業中のブックのワークシート 1 を非表示にします。The following example hides worksheet one in the active workbook.

Worksheets(1).Visible = False

ワークシートのインデックス番号は、ブックのシート見出しの並び順に対応します。The worksheet index number denotes the position of the worksheet on the workbook's tab bar. Worksheets(1) はブックの最初、つまりシート見出しが最も左側にあるワークシートであり、 Worksheets(Worksheets.Count) は最後のワークシートです。Worksheets(1) is the first (leftmost) worksheet in the workbook, and Worksheets(Worksheets.Count) is the last one. 非表示の場合でも、すべてのワークシートがインデックス数に含まれます。All worksheets are included in the index count, even if they are hidden.


ワークシート名はシート見出しに表示されます。The worksheet name is shown on the tab for the worksheet. ワークシート名を設定または取得するには、 name プロパティを使用します。Use the Name property to set or return the worksheet name. 次の使用例は、シート 1 のシナリオを保護します。The following example protects the scenarios on Sheet1.

 
Dim strPassword As String 
strPassword = InputBox ("Enter the password for the worksheet") 
Worksheets("Sheet1").Protect password:=strPassword, scenarios:=True

ワークシートがアクティブシートの場合は、 ActiveSheet プロパティを使用して参照できます。When a worksheet is the active sheet, you can use the ActiveSheet property to refer to it. 次の使用例は、 Activate メソッドを使用してシート 1 を選択し、印刷の向きを横に設定して、ワークシートを印刷します。The following example uses the Activate method to activate Sheet1, sets the page orientation to landscape mode, and then prints the worksheet.

Worksheets("Sheet1").Activate 
ActiveSheet.PageSetup.Orientation = xlLandscape 
ActiveSheet.PrintOut

この例では、 Beforedoubleclick を使用して、指定されたファイルのセットをメモ帳で開きます。This example uses the BeforeDoubleClick event to open a specified set of files in Notepad. この例を使用するには、ワークシートに次のデータが含まれている必要があります。To use this example, your worksheet must contain the following data:

  • セル A1 には、開かれるファイルの名前を記入する必要があります。名前はコンマおよび空白で区切ります。Cell A1 must contain the names of the files to open, each separated by a comma and a space.
  • セル D1 には、メモ帳のファイルが配置されている場所のパスを記入する必要があります。Cell D1 must contain the path to where the Notepad files are located.
  • セル D2 には、メモ帳のプログラムが配置されている場所のパスを記入する必要があります。Cell D2 must contain the path to where the Notepad program is located.
  • セル D3 には、メモ帳ファイル (txt) のファイル拡張子を入力する必要があります (期間は含まれません)。Cell D3 must contain the file extension, without the period, for the Notepad files (txt).

セル A1 をダブルクリックすると、セル A1 で指定されたファイルがメモ帳で開きます。When you double-click cell A1, the files specified in cell A1 are opened in Notepad.

Private Sub Worksheet_BeforeDoubleClick(ByVal Target As Range, Cancel As Boolean)
   'Define your variables.
   Dim sFile As String, sPath As String, sTxt As String, sExe As String, sSfx As String
   
   'If you did not double-click on A1, then exit the function.
   If Target.Address <> "$A$1" Then Exit Sub
   
   'If you did double-click on A1, then override the default double-click behavior with this function.
   Cancel = True
   
   'Set the path to the files, the path to Notepad, the file extension of the files, and the names of the files,
   'based on the information on the worksheet.
   sPath = Range("D1").Value
   sExe = Range("D2").Value
   sSfx = Range("D3").Value
   sFile = Range("A1").Value
   
   'Remove the spaces between the file names.
   sFile = WorksheetFunction.Substitute(sFile, " ", "")
   
   'Go through each file in the list (separated by commas) and
   'create the path, call the executable, and move on to the next comma.
   Do While InStr(sFile, ",")
      sTxt = sPath & "\" & Left(sFile, InStr(sFile, ",") - 1) & "." & sSfx
      If Dir(sTxt) <> "" Then Shell sExe & " " & sTxt, vbNormalFocus
      sFile = Right(sFile, Len(sFile) - InStr(sFile, ","))
   Loop
   
   'Finish off the last file name in the list
   sTxt = sPath & "\" & sFile & "." & sSfx
   If Dir(sTxt) <> "" Then Shell sExe & " " & sTxt, vbNormalNoFocus
End Sub

イベントEvents

メソッドMethods

プロパティProperties

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.