Shape. AddNamedRow メソッド (Visio)Shape.AddNamedRow method (Visio)

指定した名前の行を指定のシェイプシート セクションに追加します。Adds a row that has the specified name to the specified ShapeSheet section.

構文Syntax

expression.expression. AddNamedRow( _Section_ , _RowName_ , _RowTag_ )

Shape オブジェクトを表す変数を取得します。expression A variable that represents a Shape object.

ParametersParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
SectionSection 必須Required 整数型 (Integer)Integer 行が追加されるセクションです。The section in which the row is to be added.
RowNameRowName 必須Required StringString 新しい行の名前です。The name of the new row.
RowTagRowTag 必須Required 整数型 (Integer)Integer 追加する行の種類です。The type of row to be added.

戻り値Return value

整数Integer

注釈Remarks

名前付きの行は、アクション (visSectionAction)、コントロール (VisSectionControls)、図形データ (visSectionProp)、ユーザー定義のセル (visSectionUser)、ハイパーリンク (visSectionHyperlink)、および接続ポイント (持つ vissectionconnectionpts) シェイプシートのセクション。You can add named rows to the Actions (visSectionAction), Controls (visSectionControls), Shape Data (visSectionProp), User-Defined Cells (visSectionUser), Hyperlinks (visSectionHyperlink), and Connection Points (visSectionConnectionPts) ShapeSheet sections. 新しい行のセルにアクセスするには、AddNamedRow によって返された行番号を CellsSRC プロパティに渡します。You can access cells in the new rows by passing the row number returned by the AddNamedRow method to the CellsSRC property. また、Cells プロパティに新しい行の名前を指定してもアクセスできます。Alternatively, you can access cells in the new rows by using the row's name with the Cells property. セル参照および名前が付いた行のセルについては、『Microsoft Office Visio シェイプシート リファレンス』の [Actions]、[Contols]、[User-Defined Cells]、[Hyperlinks]、[Shape Data]、または [Connection Points] の各行のトピックを参照してください。For details about cell references and cells in named rows, see the Actions, Controls, User-defined Cells, Hyperlink, Shape Data, or Connection Points row topics in the Microsoft Visio ShapeSheet Reference.

行名に空の文字列 ("") を指定すると、既定の名前付きの行が作成されます。An empty row name string ("") creates a row with a default name.

_Rowtag_引数でvisTagDefault (0) の値を渡すと、セクションの既定の行の種類が生成されます。Passing a value of visTagDefault (0) in the RowTag argument generates the default row type for the section. [Connection Points] セクションに行を追加するときには、明示的なタグを使用すると便利です。Explicit tags are useful when adding rows to a Connection Points section. 各セクションで有効な行の種類については、「RowType プロパティ」を参照してください。See the RowType property for descriptions of valid row types for each section. 無効な行の種類を渡すと、エラーが生成されます。Passing an invalid row type generates an error.

[Connection Points] セクションに名前付きの行を追加すると、同じセクションにある名前のない既存の行を自動的に名前付きの行に変換し、これらの行に既定の名前 (Row_1、Row_2 など) を割り当てます。Adding a named row to a Connection Points section automatically converts any existing unnamed rows in the section into named rows, assigning them default names (Row_1, Row_2, and so on).

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.