Shape. AddRow メソッド (Visio)Shape.AddRow method (Visio)

シェイプシート セクションの指定された位置に行を追加します。Adds a row to a ShapeSheet section at a specified position.

構文Syntax

expression.expression. AddRow( _Section_ , _Row_ , _RowTag_ )

Shape オブジェクトを表す変数を取得します。expression A variable that represents a Shape object.

ParametersParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
SectionSection 必須Required 整数型 (Integer)Integer 行を追加するセクションです。The section in which to add the row.
RowRow 必須Required 整数型 (Integer)Integer 行を追加する位置です。The position at which to add the row.
RowTagRowTag 必須Required 整数型 (Integer)Integer 追加する行の種類です。The type of row to add.

戻り値Return value

整数Integer

注釈Remarks

シェイプシートのセクションが存在しない場合、空の行を含むセクションが作成されます。If the ShapeSheet section does not already exist, it is created with a blank row. 新しい行の新しいセルは、既定の数式で初期化されます (数式が適用できる場合)。New cells in new rows are initialized with default formulas, if applicable. 初期化できない場合は、新しいセルの数式を設定するステートメントをプログラムに記述する必要があります。Otherwise, a program must include statements to set the formulas for the new cells. 新しい行を追加できない場合はエラーが生成されます。If the new row cannot be added, an error is generated.

Visio タイプライブラリでは、 VisRowIndices でプレフィックスvisRowが付いた行定数が宣言されています。The Visio type library declares row constants prefixed with visRow in VisRowIndices.

Geometry、Connection Points、および Controls の各セクションの行の定数は、 visTagにプレフィックスが付けられ、 VisRowTags のタイプライブラリで宣言されています。Constants for rows in the Geometry, Connection Points, and Controls sections are prefixed with visTag and declared by the type library in VisRowTags. これらの定数の一覧については、RowType プロパティを参照してください。To see a list of these constants, see the RowType property.

Visio タイプライブラリで宣言されている行定数は、セクションの行が開始される基準位置として機能します。The row constants declared by the Visio type library serve as base positions at which a section's rows begin. これらの定数にオフセットを追加して、最初の行を指定します。たとえば、 visRowFirst + 0、 visRowFirst + 1 などを指定します。Add offsets to these constants to specify the first row and beyond, for example, visRowFirst +0, visRowFirst +1, and so on. セクションの末尾に行を追加するには、 _Row_引数に定数visRowLastを渡します。To add rows at the end of a section, pass the constant visRowLast for the Row argument. 返される値は、実際の行インデックスです。The value returned is the actual row index.

_Rowtag_引数は、追加する行の種類を指定します。The RowTag argument specifies the type of row to add. セクションの既定の行の種類を生成するには、visTagDefault (0) を引数 RowTag として渡します。To generate a section's default row type, pass visTagDefault (0) as the RowTag argument. [Geometry]、[Connection Points]、[Controls] の各セクションに行を追加するときには、明示的なタグを使用すると便利です。Explicit tags are useful when adding rows to Geometry, Connection Points, and Controls sections. これらのセクションで有効な行の種類については、RowType プロパティを参照してください。See the RowType property for descriptions of valid row types for these sections. 無効な種類の行を渡すと、エラーが生成されます。Passing an invalid row type generates an error.

[Character]、[Tabs]、[Paragraph] セクションに行を追加しようとすると、エラーが発生します。If you try to add a row to a Character, Tabs, or Paragraph section, an error occurs.

Addrowメソッドは、名前付きの行を追加できません。The AddRow method cannot add named rows. 名前付きの行を追加するには、AddNamedRow メソッドを使用します。To add named rows, use the AddNamedRow method.

行を追加すると (たとえば、[接続ポイント] または [コントロール] セクション)、行の行を追加すると、引数_Row_は無視されます。If you add rows to a section that has nameable rows (for example, the Connection Points or Controls section), the Row argument is ignored. 既定値では、名前付きの行は、追加された順に、Row_1、Row_2 などの名前が付けられます。By default, named rows are named in the order added, for example, Row_1, Row_2, and so forth. 名前の順序は、既存の行または直前に削除された行に左右されます。Naming order is influenced, however, by any existing rows or previously deleted rows.

Example

次の例は、シェイプシートにセクションを追加して、指定した位置でセクションに行を追加する方法を示しています。The following example shows how to add a section to a ShapeSheet and how to add a row to the section at a specified position.

 
Public Sub AddRow_Example() 
 
 Dim vsoPage As Visio.Page 
 Dim vsoShape As Visio.Shape 
 
 'Get the active page. 
 Set vsoPage = ActivePage 
 
 'If there isn't an active page, set the Page object 
 'to the first page of the active document. 
 If vsoPage Is Nothing Then 
 Set vsoPage = ActiveDocument.Pages(1) 
 End If 
 
 'Draw a rectangle on the active page. 
 Set vsoShape = vsoPage.DrawRectangle(1, 5, 5, 1) 
 
 'Add a scratch section to the ShapeSheet. 
 vsoShape.AddSection visSectionScratch 
 
 'Add a row to the scratch section. 
 vsoShape.AddRow visSectionScratch, visRowScratch, 0 
 
End Sub

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.