Shape. BeforeSelectionDelete イベント (Visio)Shape.BeforeSelectionDelete event (Visio)

選択したオブジェクトが削除される前に発生します。Occurs before selected objects are deleted.

構文Syntax

Beforeselectiondelete(選択)expression.BeforeSelectionDelete (Selection)

Shape オブジェクトを表す変数を取得します。expression A variable that represents a Shape object.

パラメーターParameters

名前Name 必須 / オプションRequired/Optional データ型Data type 説明Description
SelectionSelection 必須Required IVSELECTION[IVSELECTION] 削除される、選択したオブジェクトです。The selected objects that are going to be deleted.

解説Remarks

図形のTypeプロパティがvisTypeGroup (2) またはvisTypePage (1) の場合、 shapeオブジェクトはbeforeselectiondeleteイベントのソースオブジェクトとして機能することができます。A Shape object can serve as the source object for the BeforeSelectionDelete event if the shape's Type property is visTypeGroup (2) or visTypePage (1).

Beforeselectiondeleteイベントは、選択した図形が削除されようとしていることを示します。The BeforeSelectionDelete event indicates that selected shapes are about to be deleted. このイベントは、ロックされている図形があるかどうかにかかわらず通知されますが、ロックされた図形は削除されません。This notification is sent whether or not any of the shapes are locked; however, locked shapes aren't deleted. 図形がロックされて削除できない状態かどうかは、図形の [LockDelete] セルの値で確認します。To find out if a shape is locked against deletion, check the value of its LockDelete cell.

BeforeselectiondeleteイベントとBeforeShapeDeleteイベントは、どちらも図形が削除される前に両方が発生するという点で似ています。The BeforeSelectionDelete and BeforeShapeDelete events are similar in that they both fire before shape(s) are deleted. ただし、1 回の操作で複数の図形を削除するときの動作が異なります。They differ in how they behave when a single operation deletes several shapes. たとえば、[切り取り] 操作によって 3 個の図形を削除するとします。Suppose a Cut operation deletes three shapes. BeforeShapeDelete イベントは 3 回発生し、3 個のオブジェクトそれぞれに作用します。The BeforeShapeDelete event fires three times and acts on each of the three objects. BeforeSelectionDelete イベントは 1 回だけ発生し、削除する 3 個の図形が選択されている Selection オブジェクトに作用します。The BeforeSelectionDelete event fires once, and it acts on a Selection object in which the three shapes that you want to delete are selected.

Microsoft Visual Basic または Visual Basic for Applications (VBA) を使用している場合、このトピックの構文を使用して、イベントを一般的な方法で効率的に処理できます。If you are using Microsoft Visual Basic or Visual Basic for Applications (VBA), the syntax in this topic describes a common, efficient way to handle events.

独自のイベントオブジェクトを作成する場合は、 Add メソッドまたは**AddAdvise** メソッドを使用します。If you want to create your own Event objects, use the Add or AddAdvise method.

アドオンを実行する Event オブジェクトを作成するには、EventList コレクションに対して Add メソッドを使用します。To create an Event object that runs an add-on, use the Add method as it applies to the EventList collection.

通知を受け取る Event オブジェクトを作成するには、AddAdvise メソッドを使用します。To create an Event object that receives notification, use the AddAdvise method.

作成するイベントのイベント コードについては、「イベント コード」を参照してください。To find an event code for the event that you want to create, see Event codes.

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.