ドキュメントの表記規則 (VBA)Document conventions (VBA)

表記規則Typographic conventions

Visual Basic のドキュメントでは、以下の表記規則が使用されます。Visual Basic documentation uses the following typographic conventions.

表記規則Convention 説明Description
SubIfChDirPrintTrueDebugSub, If, ChDir, Print, True, Debug 太字で先頭が大文字の単語は、言語固有のキーワードを示します。Words in bold with initial letter capitalized indicate language-specific keywords.
SetupSetup ユーザーが入力する必要のある語句は太字で表示されます。Words you are instructed to type appear in bold.
objectvarnamearglistobject, varname, arglist 斜体の小文字は、ユーザーが指定する情報のプレースホルダーを示します。Italic, lowercase letters indicate placeholders for information you supply.
pathnamefilenumberpathname, filenumber 太字で斜体の小文字は、位置または名前付き引数の構文を使用できる引数のプレースホルダーを示します。Bold, italic, and lowercase letters indicate placeholders for arguments where you can use either positional or named-argument syntax.
[expressionlist][ expressionlist ] 構文において、角かっこで囲まれた項目はオプションです。In syntax, items inside brackets are optional.
`{While`{While Until}`Until}` 構文において、中かっこと縦線は、2 つ以上の項目からの必須の選択を示します。In syntax, braces and a vertical bar indicate a mandatory choice between two or more items. すべての項目全体が角かっこで囲まれている場合を除き、項目の 1 つを選択する必要があります。You must choose one of the items unless all of the items are also enclosed in brackets. 例: `[{ThisFor example: `[{This That}]`That}]`
ESC、ENTERESC, ENTER 先頭が大文字の単語は、キー名およびキー シーケンスを示します。Words in capital letters indicate key names and key sequences.
ALT + F1、CTRL + RALT+F1, CTRL+R キー名の間のプラス記号 (+) は、キーの組み合わせを示します。A plus sign (+) between key names indicates a combination of keys. たとえば、Alt + F1 は、Alt キーを押したまま F1 キーを押すことを意味します。For example, ALT+F1 means hold down the ALT key while pressing the F1 key.

コード表記規則Code conventions

以下のコード表記規則を使用します。The following code conventions are used.

このフォントは、コード、変数、エラー メッセージ テキストに使用します。This font is used for code, variables, and error message text.

Sub HelloButton_Click()
Readout.Text = _
"Hello, world!"
End Sub

アポストロフィ (') はコード コメントを開始します。An apostrophe (') introduces code comments.

' This is a comment; these two lines
' are ignored when the program is running.

長すぎて 1 行に収まらない行 (コメントを除く) の場合は、先頭に 1 つのスペース文字、アンダースコア ( _) の順番に指定した行連結文字を使用して次の行につながるようにすることができます。Lines too long to fit on one line (except comments) may be continued on the next line by using a line-continuation character, which is a single leading space followed by an underscore ( _):

Sub Form_MouseDown (Button As Integer, _
Shift As Integer, X As Single, Y As Single)

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.