FreeFile 関数FreeFile function

Open ステートメントで使用できる次のファイル番号を表す Integer を返します。Returns an Integer representing the next file number available for use by the Open statement.

構文Syntax

FreeFile [ (rangenumber) ]FreeFile [ (rangenumber) ]

オプションの rangenumber 引数は、どの範囲から次の空きファイル番号を返すかを指定する Variant です。The optional rangenumber argument is a Variant that specifies the range from which the next free file number is to be returned. 0 (既定値) を指定すると 1 以上 255 以下の範囲のファイル番号を返します。Specify a 0 (default) to return a file number in the range 1–255, inclusive. 1 を指定すると 256 以上 511 以下の範囲のファイル番号を返します。Specify a 1 to return a file number in the range 256–511.

解説Remarks

まだ使用されていないファイル番号を提供するには、FreeFile を使用します。Use FreeFile to supply a file number that is not already in use.

Example

この例では、FreeFile 関数を使用して、次に使用可能なファイル番号を返します。This example uses the FreeFile function to return the next available file number. ループ内では 5 個のファイルが出力用に開かれ、サンプル データが各ファイルに書き込まれています。Five files are opened for output within the loop, and some sample data is written to each.

Dim MyIndex, FileNumber
For MyIndex = 1 To 5    ' Loop 5 times.
    FileNumber = FreeFile    ' Get unused file
        ' number.
    Open "TEST" & MyIndex For Output As #FileNumber    ' Create file name.
    Write #FileNumber, "This is a sample."    ' Output text.
    Close #FileNumber    ' Close file.
Next MyIndex


関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.