FreeFile 関数

Open ステートメントで使用できる次の ファイル番号を表す Integer を返します。

構文

FreeFile [ (rangenumber) ]

オプションの rangenumber 引数は、どの範囲から次の空きファイル番号を返すかを指定する Variant です。 0 (既定値) を指定すると 1 以上 255 以下の範囲のファイル番号を返します。 1 を指定すると 256 以上 511 以下の範囲のファイル番号を返します。

解説

まだ使用されていないファイル番号を提供するには、FreeFile を使用します。

この例では、FreeFile 関数を使用して、次に使用可能なファイル番号を返します。 ループ内では 5 個のファイルが出力用に開かれ、サンプル データが各ファイルに書き込まれています。

Dim MyIndex, FileNumber
For MyIndex = 1 To 5    ' Loop 5 times.
    FileNumber = FreeFile    ' Get unused file
        ' number.
    Open "TEST" & MyIndex For Output As #FileNumber    ' Create file name.
    Write #FileNumber, "This is a sample."    ' Output text.
    Close #FileNumber    ' Close file.
Next MyIndex


関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。