IsArray 関数IsArray function

変数配列かどうかを示す Boolean 値を返します。Returns a Boolean value indicating whether a variable is an array.

構文Syntax

IsArray(varname)IsArray(varname)

必須の_varname_ 引数は、変数を指定する識別子です。The required varname argument is an identifier specifying a variable.

注釈Remarks

IsArray は、変数が配列の場合は True を返し、それ以外の場合は False を返します。IsArray returns True if the variable is an array; otherwise, it returns False. IsArray は、複数の配列を含む変数の場合に特に便利です。IsArray is especially useful with variants containing arrays.

Example

次の例では、IsArray 関数を使用して変数が配列かどうかを調べています。This example uses the IsArray function to check if a variable is an array.

Dim MyArray(1 To 5) As Integer, YourArray, MyCheck    ' Declare array variables.
YourArray = Array(1, 2, 3)    ' Use Array function.
MyCheck = IsArray(MyArray)    ' Returns True.
MyCheck = IsArray(YourArray)    ' Returns True.

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.