Left 関数

文字列の左から数えて指定した数の文字を含むバリアント型 (内部処理形式 StringVariant) を返します。

構文

Left(string, length)


Left 関数の構文には、次の 名前付き引数があります。

指定項目 説明
string 必須。 左から文字列を返す元となる 文字列式stringNull が含まれている場合は、Null が返されます。
length 必須。Variant (Long)。 取得する 文字数を示す数値式。 0 の場合、長さ 0 の文字列 ("") が返されます。 string の文字数以上の場合は、文字列全体が返されます。

解説

string の文字数を決定するには、Len 関数を使用します。

注意

文字列にバイト データが含まれている場合は、LeftB 関数を使用します。 length で、取得する文字数ではなくバイト数を指定します。

この例では、Left 関数を使用して、文字列の左から数えて指定した数の文字を返しています。

Dim AnyString, MyStr
AnyString = "Hello World"    ' Define string.
MyStr = Left(AnyString, 1)   ' Returns "H".
MyStr = Left(AnyString, 7)   ' Returns "Hello W".
MyStr = Left(AnyString, 20)  ' Returns "Hello World".

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。