Mid 関数

文字列から指定した文字数の文字列を、Variant (String) で返します。

構文

Mid(string, start, [ length ])


Mid 関数の構文には、次の名前付き引数があります。

パーツ 説明
string 必須。 文字列を返す 文字列式を指定します。 stringNull が含まれている場合は、Null が返されます。
start 必須です。Long です。 string 内で取り出す文字列の先頭の位置を指定します。 startstring の文字数より大きい場合は、Mid 関数は長さ 0 の文字列 ("") を返します。
length 省略可能。Variant (Long)。 返す文字数を指定します。 省略するか、文字列の文字数が length の文字数 (start の文字を含む) より少ない場合は、start から文字列の最後までのすべての文字が返されます。

解説

string の文字数を決定するには、Len 関数を使用します。

注意

2 バイト文字セット言語のように、MidB 関数では文字列に含まれるバイト データを使用します。 文字数を指定する代わりに、引数でバイト数を指定します。 MidB 関数を使用するサンプル コードについては、トピックの 2 番目の例を参照してください。

1 番目の例では、Mid 関数を使って、文字列から指定した数の文字を取得します。

Dim MyString, FirstWord, LastWord, MidWords
MyString = "Mid Function Demo"    ' Create text string.
FirstWord = Mid(MyString, 1, 3)    ' Returns "Mid".
LastWord = Mid(MyString, 14, 4)    ' Returns "Demo".
MidWords = Mid(MyString, 5)    ' Returns "Function Demo".


2 番目の例では、MidB 関数とユーザー定義関数 (MidMbcs) を使って、やはり文字列から文字を取得します。 違いは、入力文字列が ANSI であり、長さがバイト数であることです。

Function MidMbcs(ByVal str as String, start, length)
    MidMbcs = StrConv(MidB(StrConv(str, vbFromUnicode), start, length), vbUnicode)
End Function

Dim MyString
MyString = "AbCdEfG"
' Where "A", "C", "E", and "G" are DBCS and "b", "d", 
' and "f" are SBCS.
MyNewString = Mid(MyString, 3, 4)
' Returns "CdEf"
MyNewString = MidB(MyString, 3, 4)
' Returns "bC"
MyNewString = MidMbcs(MyString, 3, 4)
' Returns "bCd"

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。