Mid ステートメント

Variant (String) 変数内の指定した数の文字を別の文字列からの文字に置き換えます。

構文

Mid(stringvar, start, [ length ] ) = string


Mid ステートメントの構文には、次の指定項目があります。

指定項目 説明
stringvar 必須。 変更する文字列変数の名前です。
start 必須。Variant (Long)。 テキストの置き換えを開始する stringvar 内の文字の位置です。
length 省略可能。Variant (Long)。 置き換える文字数です。 省略すると、string のすべてが使用されます。
string 必須。 stringvar の一部を置き換える 文字列式です。

解説

置き換えられる文字数は、常に stringvar 内の文字数以下になります。

注意

文字列に格納されたバイト データには MidB ステートメントを使用してください。 MidB ステートメントでは、置換を開始する stringvar 内のバイト位置を start で指定し、置き換えるバイト数を length で指定します。

この例では、Mid ステートメントを使用して、文字列変数内の指定した数の文字を別の文字列からの文字で置き換えます。

Dim MyString 
MyString = "The dog jumps" ' Initialize string. 
Mid(MyString, 5, 3) = "fox" ' MyString = "The fox jumps". 
Mid(MyString, 5) = "cow" ' MyString = "The cow jumps". 
Mid(MyString, 5) = "cow jumped over" ' MyString = "The cow jumpe". 
Mid(MyString, 5, 3) = "duck" ' MyString = "The duc jumpe". 

関連項目

サポートとフィードバック

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。