Object データ型Object data type

オブジェクト変数は、オブジェクトを参照する 32 ビット (4 バイト) アドレスとして格納されます。Object variables are stored as 32-bit (4-byte) addresses that refer to objects. Set ステートメントを使用すると、 Object として宣言された変数に任意のオブジェクト参照を代入できます。Using the Set statement, a variable declared as an Object can have any object reference assigned to it.

注意

Object 型を使用して宣言された変数は、任意のオブジェクトへの参照を格納できる柔軟性を備えていますが、その変数によって参照されるオブジェクトへのバインドは常に遅延バインディング (実行時バインディング) になります。Although a variable declared with Object type is flexible enough to contain a reference to any object, binding to the object referenced by that variable is always late (run-time binding).

事前バインディング (コンパイル時バインディング) を強制するには、特定のクラス名で宣言された変数にオブジェクト参照を代入します。To force early binding (compile-time binding), assign the object reference to a variable declared with a specific class name.

関連項目See also

サポートとフィードバックSupport and feedback

Office VBA またはこの説明書に関するご質問やフィードバックがありますか?Have questions or feedback about Office VBA or this documentation? サポートの受け方およびフィードバックをお寄せいただく方法のガイダンスについては、Office VBA のサポートおよびフィードバックを参照してください。Please see Office VBA support and feedback for guidance about the ways you can receive support and provide feedback.