Split 関数Split function

0 から始まる、1 次元配列を含む、指定した数の部分文字列を返します。Returns a zero-based, one-dimensional array containing a specified number of substrings.

構文Syntax

分割(、[区切り記号、[制限] [比較])Split(expression, [ delimiter, [ limit, [ compare ]]])


Split 関数の構文には、次の名前付き引数があります。The Split function syntax has these named arguments:

指定項目Part 説明Description
expressionexpression 必須。Required. 部分文字列および区切り記号を含む文字列式を指定します。String expression containing substrings and delimiters. _式_が長さ 0 の文字列の場合は、分割は要素がないとデータのない配列は、空の配列を返します。If expression is a zero-length string(""), Split returns an empty array, that is, an array with no elements and no data.
delimiterdelimiter 省略可能。Optional. 文字列の文字の部分文字列の区切りを識別するために使用します。String character used to identify substring limits. 省略すると、空白文字 ("") 区切り文字と見なされます。If omitted, the space character (" ") is assumed to be the delimiter. 長さ 0 の文字列の_区切り記号_が表示された場合は、全体の_式_の文字列を含む単一要素の配列が返されます。If delimiter is a zero-length string, a single-element array containing the entire expression string is returned.
limitlimit 省略可能。Optional. 返す部分文字列の数-1 は、すべての部分文字列が返されることを示します。Number of substrings to be returned; -1 indicates that all substrings are returned.
comparecompare 省略可能。Optional. 部分文字列を評価する際に使用する比較の種類を表す数値を指定します。Numeric value indicating the kind of comparison to use when evaluating substrings. 値については、「設定」セクションを参照してください。See Settings section for values.

設定Settings

compare 引数には、次の値を指定できます。The compare argument can have the following values:

定数Constant Value 説明Description
vbUseCompareOptionvbUseCompareOption -1-1 Option Compare ステートメントの設定を使用して比較を実行します。Performs a comparison by using the setting of the Option Compare statement.
vbBinaryComparevbBinaryCompare 00 バイナリ比較を実行します。Performs a binary comparison.
vbTextComparevbTextCompare 11 テキスト比較を実行します。Performs a textual comparison.
vbDatabaseComparevbDatabaseCompare 22 Microsoft Access のみ。Microsoft Access only. データベース内の情報に基づいて比較を実行します。Performs a comparison based on information in your database.

関連項目See also