組織内のすべてのユーザー用に優先受信トレイを構成するConfigure Focused Inbox for everyone in your organization

職場のすべてのユーザー用にメールの動作を構成する必要がある場合は、この記事が役立ちます。If you're responsible for configuring how email works for EVERYONE in a business this article is for you! ビジネス向けにカスタマイズまたはオフにする方法と、よく寄せられる質問について説明します。It explains how to customize it or turn it off for your business, and answers frequently asked questions.
自分に対してだけ優先受信トレイを無効にする場合は、「優先受信トレイを無効にする」を参照してください。If you would like to turn off Focused Inbox for just yourself, please see Turn off Focused Inbox.

ユーザーが業務上の特定のメール メッセージ (たとえば、HR や給与に関するもの) を受信したことを確認する必要がある場合、優先受信トレイを構成して、これらのメッセージを優先ビューに表示することができます。また、組織のユーザーにメールボックスの優先受信トレイを表示するかどうかを制御することもできます。If you want to be sure that your users receive business-specific email messages, for example, from HR or payroll, you can configure Focused Inbox so these messages reach the Focused view. You can also control whether users in your organization see the Focused Inbox in their mailbox.

組織で優先受信トレイの有効/無効を切り替えるTurn Focused Inbox On or Off in your organization

PowerShell を使用して、組織内のすべてのユーザーに優先受信トレイを有効または無効にします。You use PowerShell to turn Focused Inbox on or off for everyone in your organization. Microsoft 365 管理センターで実行しますか?Do you want to do this in the Microsoft 365 admin center? エンジニアリングチームに知らせます。Let our Engineering team know. ここで投票してください。Vote here!

優先受信トレイを無効にするTo turn off Focused Inbox:

以下の PowerShell の例では、組織で優先受信トレイを 無効 にします。ただし、ユーザーが機能を使えなくなることはありません。必要な場合は、引き続き、各クライアントでもう一度優先受信トレイを有効にすることができます。The following PowerShell example turns Focused Inbox Off in your organization. However, it doesn't block the availability of the feature for your users. If they want, they can still re-enable Focused Inbox again on each of their clients.

  1. リモート PowerShell を使用して Exchange Online に接続しますConnect to Exchange Online using remote PowerShell.

  2. この手順を実行する前にアクセス許可が割り当てられている必要があります。必要なアクセス許可を確認するには、「メッセージング ポリシーとコンプライアンスのアクセス許可」の項目「トランスポート ルール」を参照してください。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "Transport rules" entry in Messaging policy and compliance permissions.

  3. Get-OrganizationConfig コマンドレットを実行します。Run the Get-OrganizationConfig cmdlet.

Get-OrganizationConfig
  1. FocusedInboxOn を探して、現在の設定を表示します。Look for FocusedInboxOn to view its current setting:

    Response from PowerShell on state of Focused Inbox.

  2. 次のコマンドレットを実行して、優先受信トレイを無効にします。Run the following cmdlet to turn Focused Inbox off.

Set-OrganizationConfig -FocusedInboxOn $false
  1. Get-OrganizationConfig コマンドレットをもう一度実行し、FocusedInboxOn が $false に設定されていることを確認します。これは、FocusedInbox がオフになったことを意味します。Run the Get-OrganizationConfig cmdlet again and you'll see that FocusedInboxOn is set to $false, which means it's been turned off.

優先受信トレイを有効にするTo turn on Focused Inbox:

  • 上の手順 5 で、次のコマンドレットを実行して、優先受信トレイを有効にします。In Step 5 above, run the following cmdlet to turn Focused Inbox on.
Set-OrganizationConfig -FocusedInboxOn $true

優先受信トレイを有効にすると、ユーザーに何が表示されますか。What do users see after I turn on Focused Inbox?

ユーザーが Outlook を終了して再起動した後でのみ、優先ビューが表示されます。Outlook を再起動すると、Outlook ユーザー インターフェイスにヒントが表示され、新しい優先受信トレイを使用する選択肢がユーザーに提供されます。Your users will see the Focused view only after they close and restart Outlook. When they restart Outlook, they'll see a Tip in the Outlook user interface giving them to the option to use the new Focused Inbox.

An image of what Focused Inbox looks like when a user first opens Outlook on the web.

低優先メールから優先受信トレイに切り替える場合は、その機能を有効にするか ("試してみる")、解除するかを決めることができます。複数の (サポートされている) クライアントを持つユーザーの場合は、各クライアント上で個別に優先受信トレイを有効/無効にすることができます。次のようなヒントが表示されます。If you're switching from Clutter to Focused Inbox, they can decide to enable it ("Try it") or dismiss the feature. If the user has multiple (supported) clients, they can enable/disable Focused Inbox individually on each one. The tip looks like this:

An image of what Focused Inbox looks like when it's rolled out to your users and Outlook is re-opened.

ユーザーが優先受信トレイの使用開始を決定すると、低優先メールは自動的に無効になります。低優先メール フォルダーが標準的なフォルダーに変換されると、ユーザーはそのフォルダーの名前の変更または削除を行えるようになります。When a user decides to start using Focused Inbox, Clutter gets disabled automatically. The Clutter folder gets converted into a standard folder, that allows the user to rename or delete it.

特定のユーザーについて優先受信トレイの有効/無効を切り替えるTurn Focused Inbox On or Off for specific users

この例では、Contoso 組織内の Tim Matthews に対して優先受信トレイを 無効 にします。ただし、Tim が機能を使えなくなることはありません。必要な場合は、引き続き、各クライアントでもう一度優先受信トレイを有効にすることができます。This example turns Focused Inbox Off for Tim Matthews in the Contoso organization. However, it doesn't block the availability of the feature to him. If his wants, he can still re-enable Focused Inbox again on each of his clients.

  1. リモート PowerShell を使用して Exchange Online に接続しますConnect to Exchange Online using remote PowerShell.

  2. この手順を実行する前にアクセス許可が割り当てられている必要があります。必要なアクセス許可を確認するには、トピック「メッセージング ポリシーとコンプライアンスのアクセス許可」の項目「トランスポート ルール」を参照してください。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "Transport rules" entry in the Messaging policy and compliance permissions topic.

  3. Get-focusedinboxコマンドレットを実行します。次に例を示します。Run the Get-FocusedInbox cmdlet, for example:

Get-FocusedInbox -Identity <tim@contoso.com>
  1. FocusedInboxOn を探して、現在の設定を表示します。Look for FocusedInboxOn to view its current setting:

    Response from PowerShell on state of Focused Inbox.

  2. 次のコマンドレットを実行して、優先受信トレイをオフにします。Run the following cmdlet to turn Focused Inbox off:

Set-FocusedInbox -Identity <tim@contoso.com> -FocusedInboxOn $false
  1. または、次のコマンドレットを実行して、優先受信トレイを有効にします。OR, run the following cmdlet to turn it on:
Set-FocusedInbox -Identity <tim@contoso.com> -FocusedInboxOn $true

トランスポート ルールを作成する UI を使用して、すべてのユーザーの優先ビューにメール メッセージを直接表示するUse the UI to create a transport rule to direct email messages to the Focused view for all your users

  1. Exchange 管理センター に移動します。Go to the Exchange admin center.

  2. [メールフロー > ルール] に移動します。Navigate to mail flow > Rules. [ EAC の追加 ] アイコンを選択し、[新しいルールの作成...] を選択します。Select EAC Add icon and then select Create a new rule....

  3. 新しいルールの作成が完了したら、[保存] を選択してルールを開始します。After you're done creating the new rule, select Save to start the rule.

    次の図は、"Payroll Department" からのすべてのメッセージを優先受信トレイに配信する例を示しています。The following image shows an example where all messages From "Payroll Department" are to be delivered to the Focused Inbox.

    get-focusedinbox 給与

トランスポート ルールを作成する PowerShell を使用して、すべてのユーザーの優先ビューにメール メッセージを直接表示するUse PowerShell to create a transport rule to direct email messages to the Focused view for all your users

  1. リモート PowerShell を使用して Exchange Online に接続しますConnect to Exchange Online using remote PowerShell.

  2. この手順を実行する前にアクセス許可が割り当てられている必要があります。必要なアクセス許可を確認するには、「メッセージング ポリシーとコンプライアンスのアクセス許可」の項目「トランスポート ルール」を参照してください。You need to be assigned permissions before you can perform this procedure or procedures. To see what permissions you need, see the "Transport rules" entry in Messaging policy and compliance permissions.

  3. 次のコマンドを実行すると、[給与部門] (たとえば、優先受信トレイに配信される) のすべてのメッセージが許可されます。Run the following command to allow all messages from "Payroll Department," for example, to be delivered to the Focused Inbox.

New-TransportRule -Name <name_of_the_rule> -From "Payroll Department" -SetHeaderName "X-MS-Exchange-Organization-BypassFocusedInbox" -SetHeaderValue "true"

重要

この例では、"BypassFocusedInbox" と "true" の両方が大文字と小文字が区別されます。In this example, both "X-MS-Exchange-Organization-BypassFocusedInbox" and "true" are case sensitive. また、優先受信トレイでは、低優先メールをバイパスする X ヘッダーが優先されるため、この設定を低優先メールボックスで使用すると、優先受信トレイで使用されます。Also, Focused Inbox will honor the X-header that bypasses Clutter, so if you use this setting in Clutter, it will be used in Focused Inbox. 構文およびパラメーターの詳細については、「New-TransportRule」を参照してください。For detailed syntax and parameter information, see New-TransportRule.

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

メール メッセージのヘッダーをチェックして、そのメール メッセージが、優先受信トレイのトランスポート ルールをバイパスして受信トレイに届いているかどうかを確認できます。You can check email message headers to see if the email messages are landing in the Inbox due to the Focused Inbox transport rule bypass. 優先受信トレイのトランスポート ルールが適用されている組織のメールボックスからメール メッセージを選択します。Pick an email message from a mailbox in your organization that has the Focused Inbox transport rule applied. メッセージにスタンプされたヘッダーを調べると、 X-MS-Exchange-Organization-BypassFocusedInbox: true ヘッダーが表示されます。Look at the headers stamped on the message, and you should see the X-MS-Exchange-Organization-BypassFocusedInbox: true header. これは、バイパスが機能していることを意味します。This means the bypass is working. ヘッダー情報の検索方法については、「電子メールメッセージのインターネットヘッダー情報を表示する」を参照してください。Check out the View the Internet header information for an email message article for info on how to find the header information.

低優先メールをオン/オフにするTurn on/off Clutter

Microsoft では、一部のユーザーの低優先メールの動作が突然停止したという報告を受信しています。この問題が発生した場合、特定のユーザーの低優先メールを再び有効にすることができます。組織での低優先メールの構成に関するページを参照してください。We've received reports that Clutter suddenly stopped working for some users. If this happens, you can enable it again for specific users. See Configure Clutter for your organization.

優先受信トレイに関する FAQFAQ for Focused Inbox

ここでは、優先受信トレイに関してよく寄せられる質問に対する回答を示します。Here are answers to Frequently Asked Questions about Focused Inbox.

組織で優先受信トレイをロール アウトする方法を制御できますか。Can I control how I roll out Focused Inbox in my organization?

はい。組織全体に対して優先受信トレイの有効/無効を切り替えることができます。また、指定したユーザーに対して有効/無効を切り替えることもできます。上記を参照してください。Yes. You can turn Focused Inbox on or off for your entire organization, or you can turn it on or off for specified users. See above.

優先受信トレイ機能を使用できるのは Office 2016 クライアントのみですか。Is the Focused Inbox feature ONLY available for Office 2016 clients?

はい、Office 2016 のユーザーのみが利用できます。Yes, only users with Office 2016 are affected. Outlook 2013 以前にこの機能を移植する予定はありません。The feature is not going to be backported to Outlook 2013 or earlier.

優先受信トレイの変更が Outlook で反映されるまでどれくらいかかりますか。How long does it take for Focused Inbox changes to take place in Outlook?

優先受信トレイを有効または無効にした場合、設定は、ユーザーが Outlook を終了して再起動した後に有効になります。Once you turn on or turn off Focused Inbox, the settings will take effect once your users close and restart Outlook.

優先受信トレイを有効にした場合、低優先メールはどうなりますか。What happens to Clutter once I turn on Focused Inbox?

切り替えると、利用可能性の低いメールは [低優先メール] フォルダーに表示されなくなります。切り替え後は、受信トレイの [優先] タブと [その他] タブにメールが振り分けられます。アイテムを [低優先メール] フォルダーに移動するためのアルゴリズムが優先受信トレイに利用されています。つまり、[低優先メール] に移動されていたメールが、[その他] に移動するようになりました。既に [低優先メール] フォルダーにあるメッセージは、削除または移動するまで、[低優先メール] フォルダーに残ります。After switching, you'll no longer receive less actionable email in the Clutter folder. Instead, email will be split between the Focused and Other tabs in your inbox. The same algorithm that moved items to the Clutter folder now powers Focused Inbox, meaning that any emails that were set to move to Clutter will now be moved to Other. Any messages already in your Clutter folder will remain there until you decide to delete or move them.

Tony Redmond (Microsoft MVP) による投稿「 How the Focused Inbox Replaces Clutter Inside Office 365」 (Office 365 内の低優先メールを優先受信トレイに置き換える方法) を参照してください。Check out this post by Tony Redmond, Microsoft MVP: How the Focused Inbox Replaces Clutter Inside Office 365.

低優先メールのユーザーを保持できますか。Can I keep users on Clutter? 低優先メールと優先受信トレイの使用に関する Microsoft の推奨事項は何ですか。What is Microsoft's recommendation when it comes to using Clutter vs Focused Inbox?

はい、低優先メールのユーザーを保持し、優先受信トレイを無効にすることはできます。ただし、最終的に低優先メールは優先受信トレイに完全に置き換えられるため、Microsoft ではすぐに優先受信トレイに移動することをお勧めします。Exchange Online で低優先メールを使用する場合の詳細については、次のブログの投稿を参照してください。優先受信トレイに対する更新プログラムと低優先メールに関する Microsoft のプランYes, you can keep users on Clutter and disable Focused Inbox, however, eventually Clutter will be fully replaced with Focused Inbox so Microsoft's recommends moving to Focused Inbox now. To learn more about when you use Clutter with Exchange Online, see this blog post: Update on Focused Inbox and our plans for Clutter.

優先受信トレイにすべてのユーザーを移動する場合、エンド ユーザーに対して低優先メールを無効にすべきですか。Should I disable Clutter for my end users if we are going to move everyone to Focused Inbox?

いいえ。Set-Clutter コマンドレットを実行することで、明示的にメールボックスに対して低優先メールを無効にできます。ただし、これを行う場合、メールボックスの所有者に、受信トレイに残っている、[低優先メール] フォルダーに以前リダイレクトされたメッセージが表示されます。クライアントが優先受信トレイをサポートするバージョンにアップグレードされるまでに、これらのメッセージを処理する必要があります。したがって、アップグレードされたクライアントが使用できるようになるまでは、低優先メールを無効にしないことをお勧めします。No. It's possible to disable Clutter for a mailbox explicitly by running the Set-Clutter cmdlet. However, if you do this, the mailbox owner will see messages that were previously redirected to the Clutter folder remain in the Inbox and they'll have to process those messages until their client is upgraded to a version that supports the Focused Inbox. It's therefore best not to disable Clutter until the upgraded clients are available.

優先受信トレイを管理するために 2 つの異なるコマンドレットがあるのはなぜですか。Why are there two different cmdlets for managing Focused Inbox?

優先受信トレイには、次の 2 つの状態が関連付けられます。There are two states associated with Focused Inbox.

  • 組織レベル: 優先受信トレイの状態で、関連付けられた最終更新タイムスタンプ。Organization Level: Focused Inbox state, and an associated last update time-stamp.

  • メールボックス レベル: 優先受信トレイの状態で、関連付けられた最終更新タイムスタンプMailbox Level: Focused Inbox state, and an associated last update time-stamp

Outlook はどのようにして、これらの 2 つの状態で表示する優先受信トレイの操作環境を決定するのですか。How does Outlook decide to show the Focused Inbox experience with these two states?

Outlook は、最終タイムスタンプを持つコマンドレットを選択して、表示する操作環境を決定します。既定では、どちらのタイム スタンプも "null" で、この場合、機能は有効です。Outlook decides to show the experience by choosing which cmdlet has the latest time stamp. By default, both time stamps are "null" and in this case, the feature is enabled.

組織で優先受信トレイを無効にしているときに、Get-FocusedInbox コマンドレットが "true" を返すのはなぜですか。Why does the Get-FocusedInbox cmdlet return "true", when I've turned Focused Inbox off in my organization?

優先受信トレイを制御するコマンドレットは 2 つあります。メールボックスに対して Get-FocusedInbox を実行すると、機能のメールボックス レベルの状態が返されます。Outlook の操作環境は、どちらのコマンドレットが最後に変更されたかに基づいて選択されます。There are two cmdlets for controlling Focused Inbox. When you run Get-FocusedInbox for a mailbox, it returns the mailbox level state of the feature. The experience in Outlook is chosen based on which cmdlet state was last modified.

スクリプトを実行して優先受信トレイを有効にしているユーザーを確認することはできますか。Can I run a script to see who has turned on Focused Inbox?

いいえ。これは仕様です。優先受信トレイを有効にするのはクライアント側の設定なので、コマンドレットが実行できるのは、ユーザーのメールボックスがクライアントの操作環境に適しているかどうかを伝えることのみです。一部のクライアントで有効にして、それと同時に、その他のクライアントで無効にすることができます。たとえば、Outlook アプリと Outlook Mobile で有効にして、Outlook on the web で無効にすることが可能です。No, and this is by design. Focused Inbox enablement is a client side setting, so all the cmdlet can do is tell you if the user's mailbox is eligible for the client experience. It is possible for it to be simultaneously enabled in some clients and disabled in others, for example, enabled in Outlook app and Outlook Mobile but disabled in Outlook on the web.