OneDrive サービスの説明

職場および学校のアカウント用 OneDrive は、組織内のライセンスを取得した各ユーザーに提供されるクラウドのオンライン ストレージ スペースです。 作業ファイルを保護し、複数のデバイス間でそれらのファイルにアクセスするために使用します。 OneDrive では、ファイルを共有したり、ドキュメントを共同作業したり、コンピューターにファイルを同期することができます。 詳細については、「OneDrive の特性、機能、料金」を参照してください。

OneDrive は Microsoft 365 および Office 365 プラン、SharePoint プランに含まれています。スタンドアロン プランとしてもご購入いただけます。

使用できるプラン

Microsoft OneDrive のユーザーを有効にするサブスクリプションの詳細なプラン情報については、完全なサブスクリプション比較表を参照してください。

機能の可用性

以下の表は、プラン全体で利用できる OneDrive の主な機能の一覧です。 特定の警告が適用されます。 詳細については、脚注を参照してください。 将来予告なしに変更されることがあります。 OneDrive の各種プランで利用できる機能の完全なリストについては、Microsoft OneDrive に移動してください。 これらの機能のいくつかの詳細な説明を以下に示します。

機能 スタンドアロン プラン 小規模企業 大企業 教育 政府機関 非営利組織
記憶域1 はい はい はい はい はい はい
同期機能 はい はい はい はい はい はい
共有とコラボレーションの機能 はい はい はい はい はい はい
Web 機能 はい はい はい はい はい はい
モバイル機能 はい はい はい はい はい はい
IT 管理者、セキュリティ、およびコンプライアンスの機能 はい はい はい はい はい はい

1 ユーザーごとの OneDrive ストレージの詳細については、「最新の作業計画の比較」または「中小企業向けの Microsoft 365 ユーザー サブスクリプション スイート」で OneDrive を確認できます。

詳細情報

OneDrive の技術情報については、次のリソースを確認してください。

サポートされる使用目的

OneDrive for Business を使用すると、クラウドの個人用オンライン ストレージ領域にある作業ファイルの保存、アクセス、共有が容易になります。OneDrive for Business ストレージは、ユーザーごとにプロビジョニングされ、個々のユーザーのニーズに応えるように設計されています。

システムのバックアップ、部署や組織レベルのデータなど、個々のユーザーの個人用作業ファイル以外のデータ保存については、サポートされていません。また、ユーザーごとのライセンスをボット、部門、その他の人間ではないエンティティに割り当てることもできません。SharePoint は、ファイル、通信、イントラネット サイトをチームや組織全体で保存し管理するなど、より高度なコンテンツ管理と共同作業を行なうための最適なソリューションです。

ライセンス条項

Microsoft コマーシャル ボリューム ライセンス プログラムを通じて購入した製品とサービスのライセンス条件については、Product Terms site (製品使用条件サイト) を参照してください。

メッセージング

新機能や変更された機能、計画済みメンテナンス、その他の重要なお知らせなどの今後の変更を管理するには、メッセージ センターに移動します。詳細情報については、メッセージ センターを参照してください。

アクセシビリティ

Microsoft は、お客様のデータのセキュリティと当社のサービスへのアクセシビリティに引き続き取り組んでいます。 詳細については、Microsoft トラスト センターおよび Office Accessibility Center を参照してください。