Microsoft エンドポイント構成マネージャーを使用して OneDrive アプリを展開するDeploy OneDrive apps using Microsoft Endpoint Configuration Manager

Microsoft エンドポイント構成マネージャーを使用して、新しい OneDrive 同期アプリ (OneDrive. .exe) と、iOS および Android 用のモバイルアプリを展開できます。展開を開始する前に、「エンタープライズ向けの OneDrive ガイド」の計画に関する情報と展開のオプションを確認してください。You can use Microsoft Endpoint Configuration Manager to deploy the new OneDrive sync app (OneDrive.exe), as well as the mobile apps for iOS and Android. Before you begin deploying, make sure you have reviewed the planning information and deployment options in the OneDrive guide for enterprises.

Windows 用 OneDrive 同期アプリを展開するDeploy the OneDrive sync app for Windows

OneDrive 同期アプリ (OneDrive) は、Windows 7 以降にインストールできます。MacOS にインストールすることもできます。MacOS に OneDrive sync アプリを展開する方法については、「 macos で新しい onedrive 同期アプリを構成する」を参照してください。The OneDrive sync app (OneDrive.exe) can be installed on Windows 7 and later. It can also be installed on macOS. For info about deploying the OneDrive sync app on macOS, see Configure the new OneDrive sync app on macOS

新しい OneDrive 同期アプリは、sharepoint server 2019 で使用できますが、以前のバージョンの SharePoint Server では使用できません。OneDrive 同期アプリの制限と制限事項の詳細については、「 onedrive と SharePoint の無効なファイル名とファイルの種類」を参照してください。The new OneDrive sync app can be used with SharePoint Server 2019, but not earlier versions of SharePoint Server. For more information about the restrictions and limitations of the OneDrive sync app, see Invalid file names and file types in OneDrive and SharePoint.

重要

ユーザーが OneDrive sync app (Groove) を現在使用していて、それらを OneDrive 同期アプリに移動する場合は、先に進む前に、前の OneDrive for business同期アプリから移行します。If your users are currently using the OneDrive sync app (Groove.exe), and you want to move them to the OneDrive sync app, see Transition from the previous OneDrive for Business sync app before proceeding.

WNS が正しく設定されていることを確認するMake sure that WNS is set up correctly

OneDrive 同期アプリは Windows プッシュ通知サービス (WNS) を使用して、最適なパフォーマンスとバッテリ寿命を実現します。The OneDrive sync app uses Windows Push Notification Services (WNS) for optimum performance and battery life. ネットワークからOneDrive が使用するエンドポイントへのアクセスを許可するようにしてください。Make sure you allow access from your network to the endpoints that OneDrive uses.

ユーザーが OneDrive 同期アプリを既に所有しているかどうかを確認するCheck if users already have the OneDrive sync app

組織内のコンピューターが Windows 10 を実行している場合は、既に新しい同期アプリがインストールされています。If the computers in your organization are running Windows 10, they already have the new sync app installed. コンピューターに Office 2016 または Office 2013 がインストールされている場合 (自宅の & 生徒、自宅の & 事業、Professional、Personal、自宅、大学) がインストールされている場合は、新しい同期アプリを所有していることもあります。If the computers have Office 2016 or Office 2013 (Home & Student, Home & Business, Professional, Personal, Home, or University) installed, they might also have the new sync app.

注意

Office はコンピューターごとにインストールされますが、OneDrive は既定でユーザーごとにインストールされます。Office is installed per machine, whereas OneDrive is installed per user by default. コンピューターごとに OneDrive をインストールする方法について説明します。Learn about installing OneDrive per machine

管理設定の展開Deploy any administrative settings

ドメイン内のコンピューターでレジストリキーを設定するには、OneDrive をインストールし、adml ファイルを%localappdata%\Microsoft\OneDrive\BuildNumber\adm\ からグループポリシーの中央ストアにコピーします。To set registry keys on computers in your domain, install OneDrive and copy the OneDrive.admx and OneDrive.adml files from %localappdata%\Microsoft\OneDrive\BuildNumber\adm\ to your Group Policy central store. 詳細については、「グループポリシーを使用して OneDrive 同期アプリの設定を制御する」を参照してください。For more info, see Use Group Policy to control OneDrive sync app settings.

Microsoft エンドポイント構成マネージャーを使用して OneDrive 同期アプリを展開するUse Microsoft Endpoint Configuration Manager to deploy the OneDrive sync app

  1. [構成マネージャー] で、[デバイスコレクションの作成] を選択し、デバイスコレクション作成ウィザードの手順に従います。In Configuration Manager, select Create Device Collection, and follow the steps in the Create Device Collection wizard.

  2. Windows 用 OneDriveSetup.exe インストーラーを、ローカル コンピューターまたはネットワーク共有に保存します。Save the OneDriveSetup.exe installer for Windows to your local computer or a network share. Windows 用の運用呼び出しをダウンロードするか、 Windows 用の遅延リングのセットアッププログラムをダウンロードしてください。Download the Production ring OneDriveSetup.exe installer for Windows or download the Deferred ring OneDriveSetup.exe installer for Windows.

  3. サンプル構成マネージャーパッケージをダウンロードします。Download the sample Configuration Manager package. これは、スクリプト インストーラーの展開タイプを含む .zip ファイルになっています。It's a .zip file that contains the script installer deployment type. 構成マネージャーのパッケージとプログラムの詳細については、「 Configuration manager のパッケージとプログラム」を参照してください。For more information about packages and programs in Configuration Manager, see Packages and programs in Configuration Manager.

注意

スクリプト インストーラーの展開タイプには既に検出方法のスクリプトが含まれており、インストールを適切に評価します。The script installer deployment type already has a detection method script and will correctly assess the installation. また、アンインストールスイッチもあります。これは、必要に応じて、OneDrive 同期アプリを簡単に削除できることを意味します。Also, there is an uninstall switch, which means that you can easily remove the OneDrive sync app, if necessary.

  1. インストーラーを構成マネージャーのソースコンテンツ共有内のフォルダーにコピーします。Copy the installer to a folder in the Configuration Manager source content share.

  2. [構成マネージャー] で、[ソフトウェアライブラリ] ワークスペースを選択します。In Configuration Manager, select the Software Library workspace. [アプリケーション管理] にある、[アプリケーション] を右クリックし、[アプリケーションのインポート] を選択します。Under Application Management, right-click Applications, and then select Import Application.

アプリケーションのインポート

  1. サンプル パッケージを選択します。Select the sample package.

  2. 構成マネージャーの下部で、[展開の種類] タブを選択し、展開を右クリックして、コンテンツの場所を更新します。プロパティを編集します。On the bottom of Configuration Manager, select the Deployment Types tab, right-click the deployment, and to update the Content location, edit the properties.

  3. [パッケージ] を右クリックし、[展開] を選択して、ソフトウェアの展開ウィザードの手順を実行します。Right-click the package, select Deploy, and follow the steps in the Deploy Software Wizard.

サンプルパッケージを使用しない場合は、Microsoft エンドポイント構成マネージャーを使用して次のコマンドを実行します。If you don't use the sample package, run the following command using Microsoft Endpoint Configuration Manager:

Execute <pathToExecutable>\OneDriveSetup.exe /silent

(pathToExecutable はローカル コンピューターまたはアクセス可能なネットワーク共有上の場所のことです)。(where pathToExecutable is a location on the local computer or an accessible network share).

注意

このコマンドは、ユーザーのログオン時に実行し、管理者のアクセス許可を使用する必要があります。This command must be run at user logon and using Administrator permissions. コンピューター上のユーザーごとに実行する必要があります。It must be run for each user on a machine. すべてのユーザーアカウントに .exe を展開する方法の例については、「 Configuration Manager を使用して OneDrive 同期アプリを展開する方法」を参照してください。For an example of how to deploy an .exe on every user account, see How to deploy the OneDrive sync app with Configuration Manager.
コマンド ライン パラメーターを指定せずにコマンドを実行した場合、インストールの状況がユーザーに表示されます。OneDriveSetup.exe はインストール後に自動的に OneDrive.exe を実行し、OneDrive Setup がユーザーに表示されます。/silent パラメーターを指定してコマンドを実行した場合、OneDrive.exe は透過的にインストールされ、OneDrive Setup は表示されません。OneDrive.exe を実行するには追加のコマンドを使用して実行する必要があります。組織全体で OneDrive の起動を制御する場合は、/silent パラメーターを使用することを勧めします。If you run the command with no command line parameter, users will see the installation status. After installation, OneDriveSetup.exe will automatically execute OneDrive.exe and display OneDrive Setup to users. If you run the command with the /silent parameter, OneDrive.exe will be installed transparently and OneDrive Setup won't appear. You'll need to run OneDrive.exe with an additional command. If you want to control the launch of OneDrive across your organization, we recommend using the /silent parameter.

詳細については、「Configuration Manager でのアプリケーション管理」を参照してください。 インストーラーは、%localappdata%\Microsoft\OneDrive に OneDrive 実行可能ファイルをインストールします。Learn more about application management in Configuration Manager. The installer will install the OneDrive executable file under %localappdata%\Microsoft\OneDrive.

RMS クライアントの展開による、IRM で保護されたファイルの同期の有効化Deploy the RMS client to enable syncing IRM-protected files

IRM で保護された SharePoint ドキュメントライブラリと OneDrive の場所の同期は、Windows 用の新しい OneDrive 同期アプリでサポートされるようになりました。The new OneDrive sync app for Windows now supports syncing IRM-protected SharePoint document libraries and OneDrive locations. ユーザー向けにシームレスな IRM 同期エクスペリエンスを作成するには、ユーザーのコンピューターに、Microsoft ダウンロード センターから最新の Rights Management サービス (RMS) クライアントを展開します。To create a seamless IRM sync experience for your users, deploy to your users' computers the latest Rights Management Service (RMS) client from the Microsoft Download Center. これらのコンピューターに Azure Information Protection クライアントがインストールされており、RMS クライアントが含まれている場合でも、OneDrive 同期アプリには、Microsoft ダウンロードセンターから RMS クライアントを個別にインストールする必要があります。Even if these computers have the Azure Information Protection client installed, which includes the RMS client, the OneDrive sync app still needs a separate installation of the RMS client from the Microsoft Download Center.

コンピューターへ RMS クライアントをサイレント インストールするには、Microsoft Windows インストーラー ツール (Msiexec.exe) のコマンド ライン オプションの一部として /qn スイッチを使用します。たとえば、次のコマンドは、サイレント モードのインストールを示しています (RMS クライアントのインストーラー パッケージがすでに C:\Downloads にダウンロードされているものとします)To silently install the RMS client on computers, use the /qn switch as part of the command-line options of the Microsoft Windows Installer Tool (Msiexec.exe). For example, the following command shows the silent mode installation (assuming the RMS Client installer package is already downloaded to C:\Downloads)

msiexec /qn c:\downloads\setup.msi

セットアップ ファイルをネットワーク共有に置き、管理ソフトウェアの展開ツールを使用して、msiexec コマンドを実行することができます。You can have the setup file on a network share and use managed software deployment to run the msiexec command.

注意

同期アプリは、ドキュメントアクセス権を期限切れにする IRM ポリシーをサポートしていません。The sync app does not support IRM policies that expire document access rights.

ユーザーがサインインしやすくするHelp users sign in

ユーザーがサインインしやすくなるように、[サイレント アカウント構成] か、次のいずれかのメソッドを使用できます。To help users sign in, you can use silent account configuration or one of these methods:

  • 以下の URL を使い、ユーザーのコンピューターで OneDrive Setup を起動します。ユーザーがクリックして Setup が起動すると、ユーザーがメール アドレスを入力する [サインイン] ウィンドウが表示されます。Use the following URL to start OneDrive Setup on users' computers. When users click to begin Setup, a sign-in window will appear for users can enter email address.

    odopen://launch
    
  • 以下の URL に各ユーザーのメール アドレスを含めるようにして使用して Setup を起動し、[サインイン] ウィンドウでユーザーのメール アドレスが事前入力されるようにします。Use the following URL with each user's email address to start Setup and prepopulate user email addresses in the sign-in window.

    odopen://sync?useremail=youruseremail@organization.com
    
  • Configuration Manager スクリプトを使用して次のコマンドを実行します。Run the following command using Configuration Manager script:

    %localappdata%\Microsoft\OneDrive\OneDrive.exe 
    

    実行すると、OneDrive プロセスが開始されます。ユーザーがアカウントをまだ 1 つもセットアップしていない場合、OneDrive Setup が表示されます。アカウント未設定のユーザーのみに向けて OneDrive Setup を表示させるには、以下のコマンド ライン パラメーターを使用します:It starts the OneDrive process. If users haven't set up any accounts, it displays OneDrive Setup. To display OneDrive Setup specifically to users who haven't set up an account for your organization, use the command line parameter:

    /configure_business:<tenantId>
    

注意

Microsoft エンドポイント構成マネージャーを使用する場合は、(管理者としてではなく) ユーザー権限で OneDrive を実行するようにしてください。When you use Microsoft Endpoint Configuration Manager, make sure you run OneDrive.exe with User permissions (not as an Administrator).
テナント ID の検索については、「 Microsoft 365 テナント id を検索する」を参照してください。For help finding your tenant ID, see Find your Microsoft 365 tenant ID.

SharePoint サイト同期を自動構成するAuto-configure SharePoint site synchronization

SharePoint サイトの同期を自動構成する場合は、以下の URL をガイドとして使用して、自動的に同期する SharePoint サイトへのパスを作成できます。If you want to auto-configure a SharePoint site to be synced, you can use the URL below as a guide to build the path to the SharePoint site you want to sync automatically:

odopen://sync/?siteId=<siteId>&webId=<webId>&webUrl=<webURL>&listId=<listId>&userEmail=<userEmail>&webTitle=<webTitle>&listTitle=<listTitle>

各部分の意味は次のとおりです。where:

  • <siteId> は SharePoint サイト siteId の GUID で、波かっこで囲まれています。<siteId> is the SharePoint site siteId GUID, enclosed in curly brackets. この GUID を取得するには、https://にアクセス <TenantName> します。 sharepoint.com/sites/ <SiteName> /_api/site/id。You can get this GUID visiting https://<TenantName>.sharepoint.com/sites/<SiteName>/_api/site/id.
  • <webId> は SharePoint サイトの webId GUID で、波かっこで囲まれています。<webId> is the SharePoint site webId GUID, enclosed in curly brackets. この GUID を取得するには、https://にアクセスしてください <TenantName> 。 sharepoint.com/sites/ <SiteName> /_api/web/id。You can get this GUID visiting https://<TenantName>.sharepoint.com/sites/<SiteName>/_api/web/id.
  • <webUrl> は SharePoint サイトの URL です。<webUrl> is the SharePoint site URL. この URL を取得するには、https://にアクセス <TenantName> します。 sharepoint.com/sites/ <SiteName> /_api/web/dns url。You can get this URL visiting https://<TenantName>.sharepoint.com/sites/<SiteName>/_api/web/url.
  • <listId> は SharePoint サイトドキュメントライブラリの GUID で、波かっこで囲まれています。<listId> is the SharePoint site documents library GUID, enclosed in curly brackets. この GUID は、ブラウザーでドキュメントライブラリを参照して取得できます。歯車アイコンをクリックして、[ライブラリの設定] を選択します。You can get this GUID visiting the document library in the browser, click in the gear icon and choosing "Library Settings". Url には、URL の末尾に listId の GUID が表示されます。つまり、https://は <tenant> sharepoint.com/sites/ <SiteName> /_layouts/15/listedit.aspx?リスト =% 7Bxxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx-Xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx% 7d (エスケープ波かっこ付きの GUID) です。The URL will show the listId GUID at the end of URL, i.e. https://<tenant>.sharepoint.com/sites/<SiteName>/_layouts/15/listedit.aspx?List=%7Bxxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx%7D (a GUID with escaped curly brackets).
  • <userEmail> は、onedrive へのサインインに使用された OneDrive のユーザーの電子メールアドレスです。<userEmail> is the OneDrive's user email address used to sign in into OneDrive.
  • <webTitle> およびを使用して、 <listTitle> OneDrive のコンテンツが同期されるローカルフォルダーの名前を作成します。<webTitle> and <listTitle> are used to compose the name of the local folder where the OneDrive content is synchronized. 既定では、ブラウザー内でドキュメントライブラリを同期するときに [同期] ボタンを使用すると、OneDrive は SharePoint サイト名とドキュメントライブラリ名を使用して、ローカルフォルダー名を、% userprofile% \<TenantName<SiteName の形式で作成し > \ > - <DocumentLibraryName> ます。By default, when you use the "Sync" button when in the browser to synchronize a document library, OneDrive uses the SharePoint site name and the document library name to compose the local folder name, in the form of %userprofile%\<TenantName>\<SiteName> - <DocumentLibraryName>. 必要に応じて他の値を使用することもできます。You could use any other values if you prefer to. これらのパラメーターを使用しない場合、ローカルフォルダーは、 サイト名とライブラリ名にかかわらず、"-Documents" という名前になります。If you do not use these parameters, the local folder will be named " - Documents", despite of site and library names.

たとえば、 https://contoso.sharepoint.com/sites/SalesTeam-01/ProjectX "ProjectX" が同期するドキュメントライブラリを "%userprofile%\Contoso\Sales" フォルダーに同期する場合は、次のパラメーターを使用して、ODOPEN://URL を作成する必要があります。For example, if you want to synchronize https://contoso.sharepoint.com/sites/SalesTeam-01/ProjectX, where "ProjectX" is the documents library to synchronize, to "%userprofile%\Contoso\Sales - Unicorn" folder, you will need the following parameters to compose the odopen:// URL:

  • siteId: {ssssssss-ssss-ssss-ssss-ssssssssssss}siteId: {ssssssss-ssss-ssss-ssss-ssssssssssss}
  • webId: {wwwwwwwwww-wwww-wwww-wwww-wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwebId: {wwwwwwww-wwww-wwww-wwww-wwwwwwwwwwww}
  • WebUrlhttps://contoso.sharepoint.com/sites/SalesTeam-01webUrl: https://contoso.sharepoint.com/sites/SalesTeam-01
  • listId: {llllllll-llll-llll-llllllllllll}listId: {llllllll-llll-llll-llll-llllllllllll}
  • userEmail: user@contoso.comuserEmail: user@contoso.com
  • webTitle: Sales (SalesTeam を使用して、代わりに同期ボタン動作を模倣します)webTitle: Sales (you would use SalesTeam-01 to mimic Sync button behavior instead)
  • listTitle: ユニコーン (代わりに、 Projectxを使用して同期ボタンの動作を模倣します)listTitle: Unicorn (you would use ProjectX to mimic Sync button behavior instead)

生成された odopen://URL は次のようになります。The resulting odopen:// URL will be:

odopen://sync/?siteId={ssssssss-ssss-ssss-ssss-ssssssssssss}&webId={wwwwwwww-wwww-wwww-wwww-wwwwwwwwwwww}&webUrl=https://contoso.sharepoint.com/sites/SalesTeam&listId={llllllll-llll-llll-llll-llllllllllll}&userEmail=user@contoso.com&Title=Sales&listTitle=Unicorn

注意

適切な siteId、webId、および listId を特定して適切な URL を作成するには、チームサイトで quering を自動化する必要がある場合は、クライアント側オブジェクトモデル (CSOM) の知識が必要です。You will need Client Side Object Model (CSOM) knowledge if you want to automate quering the team site to determine the appropriate siteId, webId and listId to build the appropriate URL.

iOS または Android を実行しているモバイル デバイスに OneDrive アプリを展開するDeploy the OneDrive app on mobile devices running iOS or Android

Microsoft エンドポイント構成マネージャーを使用して、モバイルデバイスにアプリを展開できます。You can use Microsoft Endpoint Configuration Manager to deploy apps to mobile devices. ただし、構成マネージャーでモバイルデバイスを管理するには、Intune との統合が必要なため、いくつかの前提条件を満たす必要があります。Before you do, however, you need to complete a few prerequisite steps because integration with Intune is required to manage mobile devices in Configuration Manager. 構成マネージャーと Intune を使用したモバイルデバイスの管理の詳細については、「 Configuration manager と Microsoft intune を使用してモバイルデバイスを管理する」を参照してください。For information about managing mobile devices with Configuration Manager and Intune, see Manage Mobile Devices with Configuration Manager and Microsoft Intune.

iOS 用 OneDrive アプリを展開するDeploy the OneDrive app for iOS

  1. 構成マネージャーの [ホーム] リボンで、[アプリケーションの作成] を選択します。In Configuration Manager, on the Home ribbon, select Create Application.

  2. [種類] ボックスで、[App Store の iOS 用アプリ パッケージ] を選択します。In the Type box, select App Package for iOS from App Store.

  3. [場所] ボックスに、アプリ ストアの URL「https://itunes.apple.com/us/app/onedrive/id823766827?mt=12」を入力します。In the Location box, enter the app store URL, https://itunes.apple.com/us/app/onedrive/id823766827?mt=12.

アプリストアの URL の入力

  1. アプリの対象をユーザーにします。Target the app to users.

詳細については、次に示すように、「 Configuration Manager で iOS アプリケーションを作成する」および「アプリの場所としてを使用する」を参照してください。For more info, see Create iOS applications with Configuration Manager, and use as the app location, as shown below.

Android 用 OneDrive アプリを展開するDeploy the OneDrive app for Android

  1. 構成マネージャーの [ホーム] リボンで、[アプリケーションの作成] を選択します。In Configuration Manager, on the Home ribbon, select Create Application.

  2. [種類] ボックスで、[Google Play の Android 用アプリ パッケージ] を選択します。In the Type box, select App Package for Android on Google Play.

  3. [場所] ボックスに、アプリ ストアの URL「https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.skydrive&hl=en」を入力します。In the Location box, enter the app store URL, https://play.google.com/store/apps/details?id=com.microsoft.skydrive&hl=en.

Google Play の URL を入力する

  1. アプリの対象をユーザーにします。Target the app to users.

詳細については、「 Configuration Manager で Android アプリケーションを作成する」を参照してください。For more info, see Create Android applications with Configuration Manager.

関連項目See also

OneDrive および SharePoint で無効なファイル名とファイルの種類Invalid file names and file types in OneDrive and SharePoint