Mac 向けの新しい OneDrive 同期アプリを展開および構成するDeploy and configure the new OneDrive sync app for Mac

管理者として、組織内の Mac ユーザーに OneDrive 同期アプリを展開するには、次の2つの基本的な方法があります。There are two basic ways that you, as an admin, can deploy the OneDrive sync app to Mac users in your organization:

  • Sync files To onedrive On MAC OS X」の手順に従って、ユーザーに onedrive 同期アプリをインストールして設定してもらいます。OneDrive for Mac 用の OneDrive 同期アプリをインストールするには、ユーザーは Mac の管理者であるか、管理者のアカウント名とパスワードを知っている必要があります。Have users install and set up the OneDrive sync app themselves by following the instructions in Sync files with OneDrive on Mac OS X. To install the OneDrive sync app for Mac, a user has to be administrator on the Mac or know an administrator account name and password.

  • インストーラパッケージファイルをローカルネットワークにダウンロードしてから、ソフトウェア配布ツールを使用してユーザーにアプリを展開します。Download the installer package file to your local network, and then use your software distribution tools to deploy the app to your users. ソフトウェア配布ツールを使用すると、同期アプリをどのユーザーがいつ取得するかを含め、展開をより細かく制御できます。By using a software distribution tool, you have more control over the deployment, including which users get the sync app and when. OneDrive sync app for Mac では、インストールに Apple のインストーラーテクノロジが使用されます。The OneDrive sync app for Mac uses the Apple Installer technology for installation. これは、通常使用するソフトウェア配布ツールを使用して、ソフトウェアを Mac ユーザーに展開できることを意味します。This means you can use the software distribution tools that you normally use to deploy software to Mac users. Microsoft Intuneを使用できます。You can use Microsoft Intune. その他の一般的なツールとしては、 Jamf ProMunki、および autopkgがあります。Other common tools are Jamf Pro, Munki, and AutoPkg. Apple リモートデスクトップAppleScriptを使用することもできます。You can also use Apple Remote Desktop and AppleScript.

macOS 上でプロパティ リスト (Plist) ファイルを使用して OneDrive の設定を管理するManage OneDrive settings on macOS using property list (Plist) files

OneDrive 同期アプリ for Mac をインストールすると、ユーザーはアプリの設定を構成できるようになります。After the OneDrive sync app for Mac is installed, users can configure settings for the app. これらの設定をユーザー設定といいます。These settings are called preferences. 管理者は、既定のユーザー設定を使用して組織内のユーザーを提供することができます。As an admin, you might want to provide users in your organization with a standard set of preferences. OneDrive for Mac 用の OneDrive 同期アプリの設定は、基本設定ファイルに格納されます。Preferences for the OneDrive sync app for Mac are stored in preference files. これらのファイルは多くの場合 .plist ファイルといいます。These files are often referred to as .plist files.

スタンドアロンStandalone Mac の App StoreMac App Store
PList の場所PList Location
~/Library/Preferences/com.microsoft.OneDrive.plist~/Library/Preferences/com.microsoft.OneDrive.plist
~/Library/Containers/com.microsoft.OneDrive-mac/Data/Library/Preferences/com.microsoft.OneDrive-mac.plist~/Library/Containers/com.microsoft.OneDrive-mac/Data/Library/Preferences/com.microsoft.OneDrive-mac.plist
ドメインDomain
com.microsoft.OneDrivecom.microsoft.OneDrive
com.microsoft.OneDrive-maccom.microsoft.OneDrive-mac

同期アプリの設定を構成するConfigure sync app settings

通常の方法で macOS の設定を構成します。Configure the settings on macOS in the typical way:

  1. OneDrive アプリケーションを終了します。Quit the OneDrive application.

  2. 値を使用して Plist を作成し変更する設定を定義するか、またはスクリプトを使用して既定値を設定します。Define the settings you want to change by creating a Plist with the values, or use a script to set the default values.

  3. 設定をローカル コンピューターに展開します。Deploy the settings onto the local computer.

  4. ユーザー設定キャッシュを更新します。Refresh the preferences cache.

    OneDrive の次回起動時に、新しい設定が取得されます。On the next start of OneDrive, the new settings will be picked up.

設定の概要Overview of settings

ユーザーの設定を事前に構成または変更するには、次のキーを使用します。Use the following keys to preconfigure or change settings for your users. 同期アプリのスタンドアロンまたは Mac App Store エディションのどちらを実行してもキーは同じですが、プロパティリストのファイル名とドメイン名は異なります。The keys are the same whether you run the standalone or Mac App Store edition of the sync app, but the property list file name and domain name will be different. 設定を適用する場合は、同期アプリのエディションに応じて、適切なドメインを対象にしてください。When you apply the settings, make sure to target the appropriate domain depending on the edition of the sync app.

設定Setting 説明Description パラメーターParameters Plist エントリの例Example Plist Entry
個人用アカウントを無効にするDisable personal accounts
個人の OneDrive アカウントにサインインしてファイルを同期しようとするユーザーをブロックします。ユーザーが個人アカウントとの同期を設定した後でこのキーが設定されると、ユーザーはサインアウトされます。Blocks users from signing in and syncing files in personal OneDrive accounts. If this key is set after a user has set up sync with a personal account, the user will be signed out.
DisablePersonalSync (ブール): このパラメーターを true に設定すると、ユーザーは個人アカウントを追加または同期できなくなります。DisablePersonalSync (Bool): When set to true, this parameter prevents users from adding or syncing personal accounts.
<key>Disableパーソナル同期</key><key>DisablePersonalSync</key>
<(Bool)/>
既定のフォルダーの場所Default folder location
各組織の OneDrive フォルダーの既定の場所を指定します。Specifies the default location of the OneDrive folder for each organization
TenantID (String): TenantID は、既定のフォルダーの場所の設定を適用するアカウントを決定します。TenantID (String): TenantID determines which accounts the default folder location setting should apply to. Microsoft 365 テナント ID を見つけるFind your Microsoft 365 tenant ID
DefaultFolderPath (文字列): DefaultFolder は、既定のフォルダーの場所を指定します。DefaultFolderPath (String): DefaultFolder specifies the default folder location.
Mac の App Store:Mac App Store:
このパスは、ユーザーが同期アプリをセットアップするときに既に存在している必要があります。The path must already exist when users set up the sync app.
スタンドアロン:Standalone:
このパスは、ユーザーのコンピューター上に存在しない場合は作成されます。The path will be created on users' computers if it doesn't already exist. ユーザーが場所を変更できないようにするには、スタンドアロン同期アプリを使用する必要があります。Only with the Standalone sync app can you prevent users from changing the location.
<key>DefaultFolder</キー><key>DefaultFolder</key>
<array>
    <dict>
        <key>パス</キー>        <key>Path</key>
        <string>(DefaultFolderPath)</string>        <string>(DefaultFolderPath)</string>
        <key>TenantId</キー>        <key>TenantId</key>
        <string>TenantID</string>        <string>(TenantID)</string>
    </dict>
</array>
自動アップロード帯域幅の割合Automatic upload bandwidth percentage
同期アプリで、ファイルのアップロードに使用可能な帯域幅に基づいて使用される帯域幅の量を自動的に設定できるようにします。Enables the sync app to automatically set the amount of bandwidth used based on available bandwidth for uploading files
AutomaticUploadBandwidthPercentage (int): このパラメーターは、同期アプリが使用できるローカルアップロード帯域幅の割合を指定します。AutomaticUploadBandwidthPercentage (int): This parameter determines the percentage of local upload bandwidth that the sync app can use. 指定できる値は、1 ~ 99 です。Accepted values are from 1 through 99.
<key>AutomaticUploadBandwidthPercentage</key><key>AutomaticUploadBandwidthPercentage</key>
<int>帯域幅</int><int>(Bandwidth)</int>
最大アップロード スループットを設定するSet maximum upload throughput
OneDrive 同期アプリを実行しているコンピューターの最大アップロードスループットレートをキロバイト (KB)/秒単位で設定します。Sets the maximum upload throughput rate in kilobytes (KB)/sec for computers running the OneDrive sync app
UploadBandwidthLimited (int): このパラメーターは、同期アプリが使用できるアップロードスループットを KB/秒単位で指定します。UploadBandwidthLimited (int): This parameter determines the upload throughput in KB/sec that the sync app can use. 最小値は 50 KB/秒、最大速度は 10万 KB/秒です。The minimum rate is 50 KB/sec and the maximum rate is 100,000 KB/sec.
<key>UploadBandwidthLimited</key><key>UploadBandwidthLimited</key>
<int>(アップロードスループットレート (KB/秒))</int><int>(Upload Throughput Rate in KB/sec)</int>
最大ダウンロード スループットを設定するSet maximum download throughput
OneDrive 同期アプリを実行しているコンピューターの最大ダウンロードスループットレートをキロバイト (KB)/秒単位で設定します。Sets the maximum download throughput rate in kilobytes (KB)/sec for computers running the OneDrive sync app
DownloadBandwidthLimited (int): このパラメーターは、同期アプリが使用できるダウンロードスループットを KB/秒単位で指定します。DownloadBandwidthLimited (int): This parameter determines the download throughput in KB/sec that the sync app can use. 最小値は 50 KB/秒、最大速度は 10万 KB/秒です。The minimum rate is 50 KB/sec and the maximum rate is 100,000 KB/sec.
<key>DownloadBandwidthLimited</key><key>DownloadBandwidthLimited</key>
<int>(KB/秒単位でのダウンロードスループットレート)</int><int>(Download Throughput Rate in KB/sec)</int>
ドック アイコンDock icon
OneDrive のドック アイコンを表示するかどうかを指定します。Specifies whether a dock icon for OneDrive is shown
HideDockIcon (ブール): true に設定すると、アプリケーションが実行中であっても OneDrive ドック アイコンが非表示になります。HideDockIcon (Bool): When set to true, this parameter hides the OneDrive dock icon even when the application is running.
<key>HideDockIcon</key><key>HideDockIcon</key>
<(Bool)/>
ログイン時に開くOpen at login
ユーザーのログイン時に OneDrive を自動的に起動するかどうかを指定します。Specifies whether OneDrive starts automatically when the user logs in
OpenAtLogin (ブール): true に設定すると、ユーザーが Mac にログインしたときに OneDrive が自動的に起動します。OpenAtLogin (Bool): When set to true, OneDrive will start automatically when the user logs in on the Mac.
<key>OpenAtLogin</key><key>OpenAtLogin</key>
<(Bool)/>
ファイル オンデマンドを有効にするEnable Files On-Demand
ファイル オンデマンドが有効にするかどうかを指定します。この設定を行わない場合、ファイル オンデマンドがロールアウトされた際に、この機能は自動的に有効になります。ユーザーは設定のオンとオフを切り替えられます。Specifies whether Files On-Demand is enabled. If you don't set this setting, Files On-Demand will be enabled automatically as we roll out the feature, and users can turn the setting on or off
FilesOnDemandEnabled (Bool): true に設定すると、同期アプリをセットアップする新しいユーザーは、既定でオンラインのみのファイルをダウンロードします。FilesOnDemandEnabled (Bool): When set to true, new users who set up the sync app will download online-only files by default. False に設定されている場合、オンデマンドのファイルは無効になり、ユーザーはこれを有効にすることはできません。When set to false, Files On-Demand will be disabled and users won't be able to turn it on.
<key>FilesOnDemandEnabled</キー><key>FilesOnDemandEnabled</key>
< (ブール)/><(Bool)/>
ダウンロード トーストを無効にするDisable download toasts
アプリケーションがファイルの内容のダウンロードを引き起こすときに、トーストが表示されないようにしますPrevents toasts from appearing when applications cause file contents to be downloaded
DisableHydrationToast (ブール): True に設定すると、アプリケーションがファイルの内容のダウンロードをトリガーしたときにトーストが表示されません。DisableHydrationToast (Bool): When set to true, toasts will not appear when applications trigger the download of file contents.
<key>DisableHydrationToast</キー><key>DisableHydrationToast</key>
< (ブール)/><(Bool)/>
アプリがオンライン限定のファイルをダウンロードしないようにしますBlock apps from downloading online-only files
アプリケーションがオンライン限定のファイルを自動的にダウンロードしないようにします。この設定を使用して、展開したファイル オンデマンドで正常に動作しないアプリケーションをロックできます。Prevents applications from automatically downloading online-only files. You can use this setting to lock down applications that don't work correctly with your deployment of Files On-Demand.
HydrationDisallowedApps (文字列): 次の形式の Json です HydrationDisallowedApps (String): Json in the following format
[{"ApplicationId":"appId","MaxBundleVersion":"1.1","MaxBuildVersion":"1.0"}]
"AppID" は BSD プロセスの名前またはバンドル表示名のいずれかに使用できます。MaxBuildVersion は、ブロックされるアプリケーションの最大ビルド バージョンを示します。MaxBundleVersion は、ブロックされるアプリケーションの最大バンドル バージョンを示します "AppID" can be either the BSD process name or the bundle display name. MaxBuildVersion denotes the maximum build version of the application that will be blocked. MaxBundleVersion denotes the maximum bundle version of the application that will be blocked
<key>HydrationDisallowedApps </キー><key>HydrationDisallowedApps </key>
<string> [{"ApplicationId":"appId","MaxBundleVersion":"1.1","MaxBuildVersion":"1.0"}, {"ApplicationId":"appId2","MaxBundleVersion":"3.2","MaxBuildVersion":"2.0"}]</string><string> [{"ApplicationId":"appId","MaxBundleVersion":"1.1","MaxBuildVersion":"1.0"}, {"ApplicationId":"appId2","MaxBundleVersion":"3.2","MaxBuildVersion":"2.0"}]</string>
< (ブール)/><(Bool)/>
SharePoint Server フロント ドア URLSharePoint Server Front Door URL
OneDrive 同期アプリが認証と同期を試行する必要のある SharePoint Server 2019 オンプレミスの URL を指定します。Specifies the SharePoint Server 2019 on-premises URL that the OneDrive sync app should try to authenticate and sync against
SharePointOnPremFrontDoorUrl (文字列): オンプレミスの SharePoint Server の URL。SharePointOnPremFrontDoorUrl (string): The URL of the on-premises SharePoint Server.
<key>SharePointOnPremFrontDoorUrl</キー><key>SharePointOnPremFrontDoorUrl</key>
<string>https://Contoso.SharePoint.com</string>
SharePoint Server テナント名SharePoint Server Tenant Name
フロント ドア URL で指定された SharePoint Server 2019 のファイルを同期するために作成したフォルダーの名前を指定します。Specifies the name of the folder created for syncing the SharePoint Server 2019 files specified in the Front Door URL.
SharePointOnPremTenantName (文字列): オンプレミスの SharePoint Server のファイルを同期させるフォルダーを作成するときに使用される名前です。指定すると、次の形式のフォルダー名が使用されます。SharePointOnPremTenantName (string): The name that will be used when creating a folder to sync the on-premises SharePoint Server files. If specified, the folder names will take the form of:
OneDrive – TenantNameOneDrive – TenantName
TenantNameTenantName
指定しない場合、フォルダー名は、FrontDoorURL の最初のセグメントをテナント名として使用します。If not specified, the folder names will use the first segment of the FrontDoorURL as the Tenant Name.
例 - https://Contoso.SharePoint.com の場合、Contoso がテナント名として使用されますExample - https://Contoso.SharePoint.com will use Contoso as the Tenant Name
<key>SharePointOnPremTenantName</key><key>SharePointOnPremTenantName</key>
<string>Contoso</文字列><string>Contoso</string>
SharePoint OnPrem の優先順位付けSharePoint OnPrem Prioritization
Microsoft 365 の SharePoint Server オンプレミスと SharePoint の両方で電子メールが同一であるハイブリッドシナリオでは、初回実行時のシナリオで、クライアントが Microsoft 365 で SharePoint Server または SharePoint の同期をセットアップする必要があるかどうかを決定します。For hybrid scenarios where the email is the same for both SharePoint Server on-premises and SharePoint in Microsoft 365, determines whether or not the client should set up sync for SharePoint Server or SharePoint in Microsoft 365 first during the first-run scenario.
SharePointOnPremPrioritizationPolicy (整数): このパラメーターは、同期を設定するために、どのサービスが認証を試みるかを決定します。SharePointOnPremPrioritizationPolicy (int): This parameter determines which service to attempt to authenticate against for setting up sync.
1は、最初に SharePoint Server をオンプレミスでセットアップし、続いて Microsoft 365 で SharePoint をセットアップすることを示します。1 indicates OneDrive should set up SharePoint Server on-premises first, followed by SharePoint in Microsoft 365.
<key>SharePointOnPremPrioritizationPolicy</キー><key>SharePointOnPremPrioritizationPolicy</key>
<int>(0 または 1) </int><int>(0 or 1)</int>
Allow syncing OneDrive accounts for only specific organizations (特定の組織に対してのみ OneDrive アカウントの同期を許可する)Allow syncing OneDrive accounts for only specific organizations この設定を使用すると、許可するテナント ID のリストを指定することで、ユーザーが簡単にはファイルを他の組織にアップロードできなくなります。This setting lets you prevent users from easily uploading files to other organizations by specifying a list of allowed tenant IDs. この設定を有効にした場合、許可されていない組織からアカウントを追加しようとすると、ユーザーにエラーが表示されます。If you enable this setting, users get an error if they attempt to add an account from an organization that is not allowed. ユーザーが既にアカウントを追加している場合、ファイルの同期は停止します。If a user has already added the account, the files stop syncing. この設定は、特定の組織の OneDrive アカウントの同期をブロックするよりも優先されます。This setting takes priority over Block syncing OneDrive accounts for specific organizations. 両方の設定を同時に有効にすることは避けてください。Do not enable both settings at the same time. TenantID (String): TenantID でテナントリストを許可するように設定するテナントを指定します。TenantID (String): TenantID determines which tenants the allow tenants list setting should apply to. Bool を True に設定すると、テナントが同期できるようになります。 Microsoft 365 テナント ID を検索するSet the bool to True to allow the tenant to sync. Find your Microsoft 365 tenant ID <key>AllowTenantList</key><key>AllowTenantList</key>
<array>
    <dict>
        <key>TenantId1</キー>        <key>TenantId1</key>
        <Bool>False</Bool>        <Bool>True</Bool>
        <key>TenantId2</キー>        <key>TenantId2</key>
        <Bool>False</Bool>        <Bool>True</Bool>
    </dict>
</array>
外部同期をブロックするBlock External Sync 同期アプリが他の組織と共有しているライブラリとフォルダーを同期できないようにします。Prevents the sync app from syncing libraries and folders shared from other organizations. BlockExternalSync (Bool): ユーザーの組織以外の組織からの OneDrive と SharePoint のライブラリおよびフォルダーの同期を防ぐには、true に設定します。BlockExternalSync (Bool): Set to true to prevent syncing OneDrive and SharePoint libraries and folders from organizations other than the user's own organization. False に設定するか、許可する設定を含めないでください。Set to false or do not include the setting to allow.
OneDrive B2B 同期の詳細を確認してくださいLearn about OneDrive B2B Sync.
<key>BlockExternalSync</key><key>BlockExternalSync</key>
<(Bool)/>
OneDrive セットアップの最後に表示されるチュートリアルを無効にするDisable the tutorial that appears at the end of OneDrive Setup この設定では、このチュートリアルが OneDrive セットアップの最後に表示されないようにすることができます。This setting lets you prevent the tutorial from showing at the end of OneDrive Setup. DisableTutorial (Bool): true に設定すると、ユーザーが OneDrive セットアップを完了しても、チュートリアルは表示されません。DisableTutorial (Bool): When set to true, users will not see the tutorial after they complete OneDrive Setup. <key>DisableTutorial</key><key>DisableTutorial</key>
<(Bool)/>
特定の組織の OneDrive アカウントの同期をブロックするBlock syncing OneDrive accounts for specific organizations この設定を使用すると、禁止するテナント ID のリストを指定することで、ユーザーがファイルを他の組織にアップロードできなくなります。This setting lets you prevent users from uploading files to another organization by specifying a list of blocked tenant IDs. この設定を有効にした場合、禁止された組織からアカウントを追加しようとすると、ユーザーにエラーが表示されます。If you enable this setting, users get an error if they attempt to add an account from an organization that is blocked. ユーザーが既にアカウントを追加している場合、ファイルの同期は停止します。If a user has already added the account, the files stop syncing. この設定は、特定の組織にのみ OneDrive アカウントの同期を許可するを有効にした場合は機能しません。This setting does NOT work if you have Allow syncing OneDrive accounts for only specific organizations enabled. 両方の設定を同時に有効にすることは避けてください。Do not enable both settings at the same time. TenantID (String): TenantID は、ブロックテナントリストの設定を適用するテナントを決定します。TenantID (String): TenantID determines which tenants the block tenants list setting should apply to. Bool を True に設定して、テナントの同期を無効にします。Set the bool to True to disable the tenant from syncing. Microsoft 365 テナント ID を見つけるFind your Microsoft 365 tenant ID <key>BlockTenantList</キー><key>BlockTenantList</key>
<array>
    <dict>
        <key>TenantId1</キー>        <key>TenantId1</key>
        <Bool>False</Bool>        <Bool>True</Bool>
        <key>TenantId2</キー>        <key>TenantId2</key>
        <Bool>False</Bool>        <Bool>True</Bool>
    </dict>
</array>

また、遅延更新を受信するように OneDrive スタンドアロン同期アプリを構成することもできます。You can also configure the OneDrive Standalone sync app to receive delayed updates.

PList の場所PList Location
~/Library/Preferences/com.microsoft.OneDriveUpdater.plist~/Library/Preferences/com.microsoft.OneDriveUpdater.plist
ドメインDomain
com.microsoft.OneDriveUpdatercom.microsoft.OneDriveUpdater
設定Setting 説明Description パラメーターParameters Plist エントリの例Example Plist Entry
階層Tier
コンピューターの更新リングを定義します。Defines the update ring for the computer
UpdateRing (文字列): このパラメーターには 2 つの値を指定できます。UpdateRing (String): This parameter has two different values.
Production: OneDrive 更新の既定の更新リング。Production - The default update ring for OneDrive updates.
Insiders: この更新リングは、「実稼働前」の更新を受け取り、リリース前に機能を使用できるようにします。このリングからのビルドは安定性が低い可能性があることに注意してください。Insiders - This update ring receives updates that are "pre-production" and will allow you to play with features before they are released. Note that builds from this ring may be less stable.
エンタープライズ-この更新リング (今では "延期" と呼ばれていました) は、更新プログラムが運用呼び出しを介してロールアウトされた後に受け取ります。Enterprise - This update ring (now called "Deferred") receives updates after they have rolled out through the Production ring. また、更新プログラムの展開を制御することもできます。It also lets you control the deployment of updates. 更新リングの詳細および同期アプリが更新プログラムをチェックする方法については、「OneDrive 同期アプリの更新プロセス」を参照してください。For more info about the update rings and how the sync app checks for updates, see The OneDrive sync app update process.
<key>階層</key><key>Tier</key>
<string>(UpdateRing)</string><string>(UpdateRing)</string>