OneDrive 同期アプリの更新プロセスThe OneDrive sync app update process

この記事は、エンタープライズ環境で新しい OneDrive 同期アプリ (OneDrive) を管理する IT 管理者を対象としています。This article is for IT admins who manage the new OneDrive sync app (OneDrive.exe) in an enterprise environment. 検証の呼び出しによって Windows 版同期アプリとスタンドアロン同期アプリを更新する方法、および同期アプリが更新プログラムをチェックする方法について説明します。It explains how we release updates to the sync app for Windows and the standalone sync app for Mac through rings of validation, and how the sync app checks for updates. Office と共に同期アプリを (Office 展開ツールまたはその他の方法を使用して) 展開する場合は、設定した Office の更新制限に関係なく、更新プログラムの確認が続行されます。Note that if you deploy the sync app alongside Office (via the Office Deployment Tool or some other means), it will continue to check for updates independent of any Office update restrictions you set.

注意

ユーザーが個人の OneDrive アカウントを同期できるようにする場合、この記事で説明されている更新プロセスと選択したすべての設定が同期アプリのすべてのインスタンスに適用されます。If you allow your users to sync personal OneDrive accounts, the update process described in this article and any settings you select apply to all instances of the sync app.

Mac アプリストアからインストールされた同期アプリは、別の更新プロセスに従います。The sync app installed from the Mac App Store follows a separate update process. 運用リング内で更新プログラムのロールアウトが終了したら、それらを Mac アプリケーションストアに発行します。このストアは、すぐにすべてのユーザーにリリースされます。After we finish rolling out updates within the Production ring, we publish them to the Mac App Store, where they're immediately released to everyone.

複数のリングを通じて更新プログラムをリリースする方法How we release updates through multiple rings

Microsoft 内のリングを通じて更新を検証した後、それらを最初のパブリックリング Insider にリリースします。After we validate updates through rings within Microsoft, we release them to the first public ring, Insiders. これらの最新の機能を試すには、 Windows insider programまたはOffice insider program に参加してください。To try these latest features, join the Windows Insider program or the Office Insider program. このリングへのロールアウトには約3日間かかります。It takes about 3 days to roll out to this ring. 後で、既定の更新リングである [生産] で組織にリリースされます。Later, we release to organizations in the default update ring, Production. 最初にリング内のユーザーの少数のパーセンテージにロールアウトし、それらをリング内のすべてのユーザーにゆっくりとロールアウトします。We roll them out to a small percentage of users in the ring at first, and slowly roll them out to everyone in the ring. 通常、これには 1 ~ 2 週間かかります。This typically takes one to two weeks. そのたびに、品質保証のためにテレメトリを監視します。At each increase along the way, we monitor telemetry for quality assurance purposes. まれに問題が検出された場合は、リリースを中断し、問題に対処して、新しい更新プログラムを同じ順序でユーザーにリリースします。In the rare case we detect an issue, we suspend the release, address the issue, and release a new update to users in the same order. 更新プログラムは、運用リング内で完全にロールアウトされた後、次のリングに解放されます。After updates have completely rolled out within the Production ring, we release them to the next ring, Deferred.

リリースリングのタイムライン

遅延リングは、運用のロールアウトを通じて監視されているビルドを提供します。これにより、中断されるリリースは少なくなります。The Deferred ring provides builds that have been monitored throughout the Production rollout, so fewer releases are suspended. また、遅延リングを使用して管理者として使用することもできます。The Deferred ring also lets you as an admin:

  • 更新プログラムを展開するタイミング (リリースから60日以内) を制御します。Control when you deploy updates (within 60 days of their release).

  • 内部ネットワークの場所から新しいバージョンを展開して、インターネット帯域幅を使用しないようにします。Deploy new versions from an internal network location to avoid using Internet bandwidth. (更新プログラムを60日後に展開しない場合、自動的にダウンロードしてインストールされます。)(If you don't deploy an update after 60 days, it will be automatically downloaded and installed.)

ただし、遅延呼び出しでは、パフォーマンスの向上、信頼性の修正、および新機能が最後に与えられます。However, as the slowest ring, the Deferred ring receives performance improvements, reliability fixes, and new features last.

注意

Microsoft は、重要な更新プログラムの60日の猶予期間を省略する権利を有します。Microsoft reserves the right to bypass the 60-day grace period for critical updates.

グループポリシーを使用して Windows sync アプリの遅延リングを設定する方法については、「 set the sync app update ring」を参照してください。To learn how to set the Deferred ring for the Windows sync app using Group Policy, see Set the sync app update ring. Mac 同期アプリ用に設定する方法については、「 macOS で新しい OneDrive 同期アプリを構成する」を参照してください。To learn how to set it for the Mac sync app, see Configure the new OneDrive sync app on macOS. Microsoft 365 の更新プロセスの詳細については、「 microsoft 365 Apps for enterprise の更新プログラムチャネルの概要」を参照してください。For info about the Microsoft 365 update process, see Overview of update channels for Microsoft 365 Apps for enterprise. Windows 10 の更新プロセスの詳細については、「 windows 10 更新プログラムの展開リングを構築する」を参照してください。For info about the Windows 10 update process, see Build deployment rings for Windows 10 updates.

同期アプリが更新プログラムを確認して適用する方法How the sync app checks for and applies updates

OneDrive 同期アプリは、実行中は24時間ごとに利用可能な更新プログラムをチェックします。The OneDrive sync app checks for available updates every 24 hours when it's running. 停止していて、更新が24時間以上チェックされていない場合、同期アプリは開始直後に更新をチェックします。If it has stopped and hasn't checked for updates in more than 24 hours, the sync app will check for updates as soon as it's started. Windows 10 では、実行されていない場合でも、同期アプリを更新するスケジュールされたタスクもあります。Windows 10 also has a scheduled task that updates the sync app even when it's not running.

更新プログラムが利用可能かどうかを確認するために、OneDrive 同期アプリは次のことを確認します。To determine if an update is available, the OneDrive sync app checks if:

  • 更新リングにリリースされた最新のバージョンは、コンピューターにインストールされているものよりも高くなっています。The latest version released to the update ring is higher than what's installed on the computer. インストールされているバージョンが古すぎて現在のバージョンに更新されない場合は、まず、同期アプリがリング内の最小バージョンに更新されます。If the installed version is too old to be updated to the current version, the sync app will first be updated to the minimum version within the ring.

  • この更新プログラムは、リング内で設定されたロールアウトの割合に基づいて、コンピューターで利用できます。The update is available to the computer based on the rollout percentage we set within the ring.

これらの両方が true の場合、OneDrive はユーザーの介入なしに非表示のフォルダーに更新をダウンロードします。If both of these are true, OneDrive downloads the update to a hidden folder without any user interaction. ダウンロードが完了すると、OneDrive によって検証とインストールが行われます。After the download is complete, OneDrive verifies and installs it. OneDrive が実行されている場合は、OneDrive は停止してから再起動します。If OneDrive is running, it's stopped and then restarted. ユーザーは再度サインインする必要がなく、更新プログラムをインストールするために管理者権限を必要としません。Users don't need to sign in again, and they don't need administrative rights to install the update.

最新のリリースの詳細については、「新しい OneDrive sync アプリのリリースノート」を参照してください。For info about the latest releases, see New OneDrive sync app release notes.

注意

同期アプリの更新プログラムを適用するには、組織内のコンピューターが次のものに到達できる必要があります。 "oneclient.sfx.ms" および "g.live.com"。To apply sync app updates, computers in your organization must be able to reach the following: "oneclient.sfx.ms" and "g.live.com." これらの Url をブロックしないようにしてください。Make sure you don't block these URLs. また、機能を有効または無効にしたり、バグ修正を適用したりするためにも使用されます。They are also used to enable and disable features and apply bug fixes. Microsoft 365 で使用されている url と IP アドレスの範囲に関する詳細情報を参照してください。See More info about the URLs and IP address ranges used in Microsoft 365.

遅延リングでの更新の展開Deploying updates in the Deferred ring

いつでも、計画された次の遅延呼び出しのリリースがOneDrive sync app のリリースノートページに公開され、対応するインストーラーへのリンクと、そのバージョンがリリースされるターゲットの日付が公開されます。At any given time, the next planned Deferred ring release is published on the OneDrive sync app release notes page with a link to the corresponding installer and the target date when that version will be released. 指定した日付で、遅延リングの "ロールアウト" バージョンが新しい最小値になります。On the specified date, the "Rolling out" version for the Deferred ring becomes the new minimum. そのバージョン以降のすべての同期アプリは、自動的にインストーラーをインターネットからダウンロードして更新します。All sync apps below that version will automatically download the installer from the Internet and update themselves.

Windows 用の同期アプリの更新バージョンを展開するには、Microsoft エンドポイント構成マネージャーを使用して次のコマンドを実行します。To deploy an updated version of the sync app for Windows, run the following command using Microsoft Endpoint Configuration Manager:

Execute <pathToExecutable>\OneDriveSetup.exe /update /restart

ここで、pathToExecutable は、ローカルコンピューター上の場所、またはアクセス可能なネットワーク共有、および Onedrive Setup.exe は、リリースノートページからダウンロードされたターゲットバージョンです。Where pathToExecutable is a location on the local computer or an accessible network share and OneDriveSetup.exe is the target version downloaded from the release notes page. このコマンドを実行すると、すべてのコンピューターで OneDrive を再起動します。Running this command restarts OneDrive.exe on all computers. 同期アプリを再起動しない場合は、/restart パラメーターを削除します。If you don't want to restart the sync app, remove the /restart parameter. Microsoft エンドポイント構成マネージャー展開パッケージをセットアップする方法のヒントについては、「 Microsoft エンドポイント構成マネージャーを使用して展開する」を参照してください。See Deploy using Microsoft Endpoint Configuration Manager for tips on how to set up the Microsoft Endpoint Configuration Manager deployment package.

更新されたバージョンの sync app for Mac を展開するには、MDM ソリューションを使用して、ターゲットバージョンを使用して OneDrive を展開します。To deploy an updated version of the sync app for Mac, deploy the OneDrive.pkg with the target version by using your MDM solution.