Windows 10 更新プログラムの展開リングの構築

適用対象

  • Windows 10
  • Windows 10 Mobile

ユーザー向けの情報をお探しの場合は、Windows Update: FAQ」をご覧ください。

サービスとしての Windows では、メンテナンスが継続的かつ反復的に行われます。 以前のバージョンの Windows の展開では、組織でユーザーをグループ分けし、変更を段階的にロールアウトする必要がありました。 通常、これらのユーザーは、(順番に) 最も順応性が高く、リスクの小さいグループから、最も順応性が低く、リスクの高いグループに分類されます。 Windows 10 でも同様の手法が存在しますが、グループの作成が少し異なります。

Windows 10 の展開リングは、多くの組織が以前のメジャー リビジョン アップグレードで構築した展開グループに似ています。 展開グループは、単にコンピューターを展開のタイムラインに従って分類するための方法です。 Windows 10 では、少し異なる展開リングを各サービス ツールで作成しますが、概念は同じです。 各展開リングでは、更新プログラムを部門全体に徐々に展開することにより、機能更新プログラムの展開に由来する問題のリスクが軽減されます。 前述のように、複数の展開リングに各部門の従業員の一部を含めることを検討してください。

展開リングの定義は、一般的に、1 回限り (少なくとも不定期) のイベントですが、IT 部門ではこれらのグループを再検討して、順序が引き続き適切であることを確認する必要があります。 また、クライアント コンピューターは、必要に応じて、異なる展開リング間で移動することもできます。

表 1 に、使用可能な展開リングの例を示します。

表 1

展開リング サービス チャネル 機能更新プログラムの延期 品質更新プログラムの延期
Preview Windows Insider Program なし なし 半期チャネルが到来する前に、数台のコンピューターで初期ビルドを評価する場合
Targeted 半期チャネル (対象指定) なし なし 広範な展開を実施する前に、さまざまなチームを対象にデバイスを選択してメジャー リリースを評価する場合
Broad 半期チャネル 120 日 7 ~ 14 日 組織の大部分を対象として広範な展開を行い、フィードバックを監視する場合。
重大な問題がある場合は、更新プログラムを一時停止します
Critical 半期チャネル 180 日 30 日 デバイスが重要なデバイスであり、組織の大部分で一定期間の調査が行われた更新プログラムのみを受信する場合

注意

この例では、長期サービス チャネル (LTSC) で構成されるリングはありません。 [LTSC 機能の更新を受信しません。

表 1 に示すとおり、サービス チャネルと展開グループの各組み合わせは、特定の展開リングに関連付けられています。 関連付けられたデバイスのグループとサービス チャネルを組み合わせることによって、デバイスとそのユーザーが分類される展開リングが指定されます。 リングの識別に使う名前付け規則は、名前がシーケンスを明確に識別する限り、完全にカスタマイズできます。 展開リングは、サービス チャネルに関係なく、順序付けされた展開のタイムラインを表します。 組織の展開リングが変更されることはほとんどありませんが、展開の順序が引き続き適切であることを確認するために定期的に評価する必要があります。

Windows 10 の更新プログラムを管理する手順

完了 更新プログラムとサービス チャネルに関する学習
完了 Windows 10 更新プログラムのサービス方法の準備
完了 Windows 10 更新プログラムの展開リングの構築 (このトピック)
未了 Windows 10 更新プログラムのサービス チャネルへデバイスを割り当てる
未了 Windows 10 更新プログラムの配信の最適化
未了 Windows Update for Business を使った更新プログラムの展開
または、Windows Server Update Services を使った Windows 10 更新プログラムの展開
または、System Center Configuration Manager を使った Windows 10 更新プログラムの展開

関連トピック