Power BI Desktop で相対日付のスライサーおよびフィルターを使用するUse a relative date slicer and filter in Power BI Desktop

相対日付スライサーまたは相対日付フィルターでは、データ モデルの任意の日付列に時間ベースのフィルターを適用することができます。With the relative date slicer or relative date filter, you can apply time-based filters to any date column in your data model. たとえば、相対日付スライサーを使って、過去 30 日間 (または、1 か月、カレンダー月など) に発生した販売データのみを表示できます。For example, you can use the relative date slicer to show only sales data that's happened within the last thirty days (or month, or calendar months, and so on). データを更新すると、相対期間が適切な相対日付制約を自動的に適用します。And when you refresh the data, the relative time period automatically applies the appropriate relative date constraint.

相対日付範囲スライサーの使用Using the relative date range slicer

他のスライサーと同じように相対日付スライサーを使用できます。You can use the relative date slicer just like any other slicer. レポートのスライサー ビジュアルを作成し、[フィールド] 値の日付値を選択するだけです。Simply create a slicer visual for your report, and then select a date value for the Field value. 次の図では、OrderDate フィールドが選択されています。In the following image, the OrderDate field is selected.

相対日付スライサーの右上隅にあるカラットを選択すると、メニューが表示されます。Select the carat in the upper-right corner of the relative date slicer and a menu appears.

相対日付スライサーの場合は、"相対" を選びます。For the relative date slicer, select Relative.

その後、設定を選択できます。You then can select the settings. "相対日付のスライサー" の最初のドロップダウンで、次のいずれかを選択できます。For the first drop-down in the relative date slicer, you can select from the following choices:

  • 最後Last
  • 次へNext
  • このThis

これらの選択を次の図に示します。These selections are shown in the following image.

"相対日付スライサー" の次の (中央) 設定では、数字を入力して、相対的な日付範囲を定義できます。The next (middle) setting in the relative date slicer allows you to type in a number, to define the relative date range.

3 番目の設定では日付の測定を選択でき、次のいずれかを選択できます。The third setting allows you to select the date measurement, and you can select from the following choices:

  • Days
  • Weeks
  • 週 (暦)Weeks (Calendar)
  • Months
  • 月 (暦)Months (Calendar)
  • Years
  • 年 (暦)Years (Calendar)

これらの選択を次の図に示します。These selections are shown in the following image.

一覧から "" を選択して中間の設定に 2 を入力した場合、If you select Months from that list, and input 2 in the middle setting. 次のようになります。今日が 7 月 20 日の場合、スライサーによって制約されるビジュアルのデータは、5 月 20 日から年 7 月 20 日 (今日の日付) までの過去 2 か月間が表示されます。The following would happen: if today is July 20th, the data included in visuals constrained by the slicer would show data for the previous two months, starting on May 20th and going through July 20th (today's date).

一方、"間 (暦)" を選択すると、5 月 1 日から 6 月 30 日 (カレンダーで完全な過去 2 か月) のデータが表示されます。In comparison, if you selected Months (Calendar), the visuals constrained would show data from May 1st through June 30th (the last two complete calendar months).

相対日付範囲フィルターの使用Using the relative date range filter

レポート ページまたはレポート全体の相対日付範囲フィルターを作成することもできます。You can also create a relative date range filter for your report page, or your entire report. そのためには、次の図に示すように、[フィールド] ウィンドウの [ページ レベル フィルター] 領域または [レポート レベル フィルター] 領域に、日付フィールドをドラッグします。To do so, simply drag a date field into the Page level filters or the Report level filters areas in the Field pane, as shown in the following image.

その後は、相対日付スライサーのカスタマイズと同様の方法で、相対的な日付範囲を変更できます。Once there, you can modify the relative date range in similar fashion to how the relative date slicer is customized. [フィルターの種類] ドロップダウンから [相対日付フィルター] を選びます。Select Relative date filtering from the Filter Type drop down.

[相対日付フィルター] を選ぶと、スライサーと同じように中間の数値ボックスなど 3 つのセクションを変更できます。Once Relative date filtering is selected, you see three sections to modify, including a middle numeric box, just like the slicer.

レポートで相対日付制約を使うのに必要なものはこれだけです。And that's all there is to using these relative date constraints in your reports.

制限事項と考慮事項Limitations and considerations

現在、相対日付範囲スライサーとフィルターには次の制限事項と考慮事項が適用されています。The following limitations and considerations currently apply to the relative date range slicer and filter.

  • Power BI のデータ モデルには、タイム ゾーン情報は含まれません。Data models in Power BI do not include time zone information. モデルは時間を保存できますが、タイム ゾーンの指定はありません。The models can store times, but there's no indication of the time zone they're in.
  • スライサーとフィルターは常に UTC の時刻に基づくので、レポートでフィルターを構成して別のタイム ゾーンの同僚に送ると、どちらも同じデータが表示されます。The slicer and filter are always based on the time in UTC, so if you configure a filter in a report and send it to a colleague in a different time zone, you'll both see the same data. ただし、UTC タイム ゾーンではない場合は、予想とは異なるタイム オフセットのデータが表示される可能性があります。However, if you aren't in the UTC time zone you might see data for a different time offset than you expect.
  • ローカル タイム ゾーンでキャプチャされたデータは、クエリ エディターで UTC に変換できます。Data captured in a local time zone can be converted to UTC using the Query Editor.