Power BI Desktop で変数を視覚化する What-if パラメーターを作成して使用するCreate and use a What if parameter to visualize variables in Power BI Desktop

2017 年 8 月リリースの Power BI Desktop 以降では、レポート用の What-if 変数を作成し、スライサーで変数を操作して、レポート内の異なるキー値を視覚化および定量化できます。Starting with the August 2017 release of Power BI Desktop, you can create What if variables for your reports, interact with the variable as a slicer, and thereby visualize and quantify different key values in your reports.

What-if パラメーターは、Power BI Desktop[モデリング] タブにあります。The What if parameter is found on the Modeling tab in Power BI Desktop. ダイアログが表示されてパラメーターを構成できます。When you do so, a dialog appears where you can configure the parameter.

What-if パラメーターの作成Creating a What if parameter

What-if パラメーターを作成するには、Power BI Desktop[モデリング] タブで [What-If] ボタンを選びます。To create a What if parameter, select the What if button from the Modeling tab in Power BI Desktop. 次の図では、Discount percentage という名前のパラメーターを作成し、データ型を "10 進数" に設定しています。In the following image, we've created a parameter called Discount percentage and set its data type to Decimal number. "最小値" は 0、"最大値" は 0.50 (50%) です。The Minimum value is zero, the Maximum is 0.50 (fifty percent). また、"増分" を 0.05 (5%) に設定してあります。We've also set the Increment to 0.05, or five percent. これはレポートで操作したときのパラメーターの調整量です。That's how much the parameter will adjust when interacted with in a report.

注意

10 進数の場合、".50" だけではなく "0.50" のように先頭のゼロが必要です。For decimal numbers, make sure you precede it with a zero, as in 0.50 versus just .50 in that box. このようにしないと、値が妥当と見なされず、[OK] ボタンを選択できません。Otherwise the number won't validate and the OK button will not be selectable.

使いやすいように、[このページにスライサーを追加する] チェック ボックスをオンにすると現在のレポート ページの What-if パラメーターにスライサーが自動的に追加されます。For your convenience, the Add slicer to this page checkbox automatically puts a slicer with your What if parameter onto the current report page.

What-if パラメーターを作成すると、パラメーターだけでなくメジャーも作成されて、What-if パラメーターの現在値を視覚化するために使うことができます。In addition to creating the parameter, creating a What if parameter also creates a measure, which you can use to visualize the current value of the What if parameter.

What-if パラメーターを作成すると、パラメーターとメジャーの両方がモデルの一部になるということは重要であり、覚えておくと役に立ちます。It's important and useful to note that once you create a What if parameter, both the parameter and the measure become part of your model. したがって、パラメーターとメジャーをレポート全体および他のレポート ページで使うことができます。So they're available throughout the report, and can be used on other report pages. また、モデルに含まれるので、レポート ページから削除したスライサーを元に戻したい場合は、What-if パラメーターを [フィールド] リストからキャンバスにドラッグしてビジュアルをスライサーに変更するだけで、What-if パラメーターをレポートに簡単に戻すことができます。And since they're part of the model, you can delete the slicer from the report page, and if you want it back, just grab the What if parameter from the Fields list and drag it onto the canvas (then change the visual to a slicer) to easily get the What if parameter back into your report.

What-if パラメーターの使用Using a What if parameter

What-if パラメーターを使う簡単な例を作成します。Let's create a simple example of using a What if parameter. 前のセクションでは What-if パラメーターを作成しました。ここでは、スライダーで値を調整する新しいメジャーを作成することにより What-if パラメーターを使います。We created the What if parameter in the previous section, now we'll put it to use by creating a new measure whose value adjusts with the slider. そのためには、新しいメジャーを作成します。To accomplish this, we create a new measure.

新しいメジャーは、割引率を適用した合計売上金額を表示するだけの簡単なものです。The new measure is simply going to be the total sales amount, with the discount rate applied. もちろん、複雑な興味深いメジャーを作成して、レポートの使用者が What-if パラメーターの変数を視覚化できるようにすることができます。You can create complex and interesting measures, of course, that let the consumers of your reports visualize the variable of your What if parameter. たとえば、販売員が販売目標や割合を達成したときの報酬を表示したり、より大きい割引への売上増加の影響を表示したりするレポートを作成できます。For example, you could create a report that let sales people see their compensation if they meet certain sales goals or percentages, or see the affect of increased sales to deeper discounts.

数式バーにメジャーの式を入力し、Sales after Discount という名前にして、結果を表示します。Once we type the measure formula into the formula bar, and name it Sales after Discount, we see its result:

その後、OrderDate を軸にし、SalesAmount と作成した Sales after Discount メジャーを値にして、縦棒グラフ ビジュアルを作成します。Then we create a column visual with OrderDate on the on the axis, and both SalesAmount and the just-created measure Sales after Discount as the values.

スライダーを動かすと、Sales after Discount の縦棒に割引後の売り上げ高が反映されるのがわかります。Then, as we move the slider, we see that the Sales after Discount column reflects the discounted sales amount.

これで完了です。And that's all there is to it. あらゆる種類の状況で What-if パラメーターを使って、レポートのユーザーがレポートのさまざまなシナリオと対話できるようにすることができます。You can use What if parameters in all sorts of situations, to enable the consumers of reports to interact with different scenarios that you create in your reports.