Power BI を使用した埋め込み分析Embedded analytics with Power BI

Power BI サービス (SaaS) と Azure (PaaS) の Power BI Embedded サービスには、ダッシュボードとレポートの埋め込み用の API があります。The Power BI service (SaaS) and the Power BI Embedded service in Azure (PaaS) have APIs for embedding your dashboards and reports. それにより、コンテンツを埋め込む際に、ダッシュボード、ゲートウェイ、アプリ ワークスペースなどの最新の Power BI 機能にアクセスできます。When embedding content, this gives you access to the latest Power BI features such as dashboards, gateways, and app workspaces.

埋め込みセットアップ ツールに移動し、すばやく開始してサンプル アプリケーションをダウンロードすることができます。You can go through the Embedding setup tool to quickly get started and download a sample application.

適切なソリューションを選択します。Choose the solution that is right for you:

PBIE サンプル

API の使用Use APIs

Power BI コンテンツを埋め込む主なシナリオは 2 つあります。There are two main scenarios for embedding Power BI content:

  • (Power BI ライセンスを所有している) 組織のユーザー向けの埋め込み。Embedding for your organization's users (who have Power BI licenses).

  • Power BI ライセンスを要求しない、ユーザーおよび顧客向けの埋め込み。Embedding for your users and customers without requiring Power BI licenses.

Power BI REST API は両方のシナリオに対応します。The Power BI REST API allows for both scenarios.

Power BI ライセンスのない顧客やユーザーの場合、同じ API を使用して、組織用と顧客用のダッシュボードやレポートをカスタム アプリケーションに埋め込むことができます。For customers and users without Power BI licenses, you can embed dashboards and reports into your custom application, using the same API to either service your organization or your customers. 顧客には、アプリケーションで管理されるデータが表示されます。Your customers see the application-managed data. また、組織の Power BI ユーザーには、Power BI で直接か、埋め込みアプリケーションのコンテキストで自分のデータを表示するための追加オプションが与えられます。Also, your organization's Power BI users have additional options to view their data directly in Power BI or in the embedded application's context. 埋め込みのニーズに合わせて JavaScript や REST API を最大限に活用できます。You can take full advantage of the JavaScript and REST APIs for your embedding needs.

埋め込みのしくみを理解するには、JavaScript 埋め込みサンプルをご覧ください。To understand how embedding works, see the JavaScript embed sample.

組織向けの埋め込みEmbedding for your organization

組織向けの埋め込みを使って、Power BI サービスを拡張することができます。Embedding for your organization allows you to extend the Power BI service. この種類の埋め込みでは、アプリケーションのユーザーがコンテンツを表示するには Power BI サービスにサインインする必要があります。This type of embedding requires your application's users sign into the Power BI service to view the content. サインインした組織のユーザーは、自分が所有しているか、誰かが Power BI サービスで自分と共有しているダッシュボードとレポートにのみアクセスできます。Once someone in your organization signs in, they only have access to dashboards and reports that they own or that someone shared with them in the Power BI service.

組織向けの埋め込みの例としては、SharePoint OnlineMicrosoft Teams の統合 (管理者権限が必要です)Microsoft Dynamics などの内部のアプリケーションがあります。Organization embedding examples include internal applications such as SharePoint Online, Microsoft Teams integration (you must have Admin rights), and Microsoft Dynamics.

組織向けに埋め込むには、「チュートリアル:組織向けのアプリケーションに Power BI コンテンツを埋め込む」を参照してください。To embed for your organization, see Tutorial: Embed Power BI content into an application for your organization.

編集や保存などのセルフサービス機能は、Power BI ユーザー向けの埋め込みの際に JavaScript API を介して使用できます。Self-service capabilities, such as edit, save, and more, are available through the JavaScript API when embedding for Power BI users.

埋め込みセットアップ ツールを利用してサンプル アプリケーションをダウンロードできます。このサンプル アプリケーションでは、組織向けのレポートを段階的に組み込むことができます。You can go through the Embedding setup tool to get started and download a sample application that walks you through integrating a report for your organization.

顧客向けの埋め込みEmbedding for your customers

顧客向けの埋め込みでは、Power BI アカウントがないユーザーのためにダッシュボードとレポートを埋め込むことができます。Embedding for your customers lets you embed dashboards and reports for users who don't have a Power BI account. この種類の埋め込みは、Power BI Embedded とも呼ばれます。This type of embedding is also known as Power BI Embedded.

Power BI EmbeddedMicrosoft Azure サービスの 1 つです。独立系ソフトウェア ベンダー (ISV) と開発者はこのサービスを使用して、ビジュアル、レポート、ダッシュボードをアプリケーションに簡単に埋め込むことができます。Power BI Embedded is a Microsoft Azure service that lets independent software vendors (ISVs) and developers quickly embed visuals, reports, and dashboards into an application. この埋め込みは、容量ベースの時間単位の課金モデルで行われます。This embedding is done through a capacity-based, hourly metered model.

顧客向けの埋め込みの埋め込みフロー

Power BI Embedded は ISV とその開発者、顧客に対して利点があります。Power BI Embedded has benefits for an ISV, their developers, and customers. たとえば、ISV は、Power BI Desktop を使用して無料でビジュアルの作成を開始できます。For example, an ISV can start creating visuals for free with Power BI Desktop. ビジュアル分析開発の労力を最小化することで、ISV は市場投入までの時間を短縮し、差別化されたデータによって競合他社より抜きんでることができます。By minimizing visual analytic development efforts, ISVs achieve faster time to market and stand out from competitors with differentiated data experiences. ISV はさらに埋め込み分析によって生じる付加価値に対する追加料金を請求することも選択できます。ISVs can also opt to charge a premium for the additional value they create with embedded analytics.

Power BI Embedded を使用する場合、顧客は Power BI について何も知る必要がなくなります。With Power BI Embedded, your customers don't need to know anything about Power BI. 埋め込みアプリケーションを作成するには、2 つの方法を利用できます。You can use two different methods to create an embedded application:

  • Power BI Pro アカウントPower BI Pro account
  • サービス プリンシパルService principal

Power BI Pro アカウントは、アプリケーションのマスター アカウントとして機能します (プロキシ アカウントと考えることができます)。The Power BI Pro account acts as your application's master account (think of it as a proxy account). このアカウントを使用し、アプリケーションの Power BI ダッシュボードおよびレポートにアクセスできる埋め込みトークンを生成できます。This account allows you to generate embed tokens that provide access to your application's Power BI dashboards and reports.

サービス プリンシパルを使用すると、アプリ専用トークンを使用して、アプリケーションに Power BI コンテンツを埋め込むことができます。Service principal can embed Power BI content into an application using an app-only token. また、アプリケーションの Power BI ダッシュボードおよびレポートにアクセスできる埋め込みトークンを生成できます。It also allows you to generate embed tokens that provide access to your application's Power BI dashboards and reports.

開発者は Power BI Embedded を使用すると、ビジュアルと分析の開発ではなく、アプリケーションの中核的機能の構築に時間を費やすことができます。Developers using Power BI Embedded can spend time focused on building their application's core functionality rather than spending time developing visuals and analytics. また、顧客のレポートとダッシュボードの需要をすばやく満たし、完全に文書化された API と SDK に簡単に埋め込むことができます。They can rapidly meet customer report and dashboard demands and embed easily with fully documented APIs and SDKs. ナビゲーションが簡単なデータ探索をアプリで有効にすることで、ISV の顧客は、どのデバイスからでも迅速にデータ ドリブンの意思決定を下すことができるようになります。By enabling easy-to-navigate data exploration in apps, ISVs allow customers to make quick, data-driven decisions in context from any device.

重要

埋め込みには Power BI サービスが必要ですが、顧客は Power BI アカウントを用意しなくてもアプリケーションの埋め込みコンテンツを表示できます。While embedding requires the Power BI service, your customers do not need to have a Power BI account to view your application's embedded content.

運用環境に移行する準備ができたら、アプリ ワークスペースを専用の容量に割り当てる必要があります。When you're ready to move to production, your app workspace must be assigned to a dedicated capacity. Microsoft Azure の Power BI Embedded には、アプリケーションに使用できる専用の容量が用意されています。Power BI Embedded in Microsoft Azure, offers dedicated capacities to use with your applications.

埋め込みの詳細については、Power BI コンテンツの埋め込み方法に関するページを参照してください。For embedding details, see How to embed Power BI content.

次の手順Next steps

Power BI コンテンツをアプリケーションに埋め込んだり、顧客向けに Power BI コンテンツを埋め込んだりすることができます。You can now try to embed Power BI content into an application, or try to embed Power BI content for your customers.

他にわからないことがある場合は、More questions? Power BI コミュニティで質問してみてくださいTry asking the Power BI Community