Power BI マップの視覚エフェクトに関するヒントとテクニックTips and Tricks for Power BI Map visualizations

Power BI は Bing マップと統合されており、既定のマップ座標 (ジオコーディングと呼ばれるプロセス) が提供されているため、マップを作成できます。Power BI integrates with Bing Maps to provide default map coordinates (a process called geo-coding) so you can create maps. 正しい位置を特定するアルゴリズムも使用されますが、それが最適な推測の場合もあります。Together they use algorithms to identify the correct location, but sometimes it's a best guess. Power BI の試行でマップの視覚化が自動的に作成されない場合は、Bing マップの機能を利用してください。If Power BI tries can't create the map visualization on its own, it enlists the help of Bing Maps.

ジオコーディングの正確性を高めるために、次のヒントを使用してください。To increase the likelihood of correct geo-coding, use the following tips. 最初の一連のヒントは、データセット自体へのアクセス権がある場合に使うものです。The first set of tips is for you to use if you have access to the dataset itself. 次の一連のヒントは、データセットにアクセスできない場合に Power BI で実行できることです。And the second set of tips is things you can do in Power BI if you don't have access to the dataset.

Bing マップへの送信内容What is sent to Bing Maps?

Power BI サービスと Power BI Desktop は、マップの視覚化を作成する必要がある地理データを Bing に送信します。Power BI service and Power BI Desktop send Bing the geo data it needs to create the map visualization. [場所][緯度][経度] バケットのデータ、レポート レベルページ レベルビジュアル レベル フィルター バケットの地理フィールドなどがあります。This may include the data in the Location, Latitude, and Longitude buckets and geo fields in any of the Report level, Page level, or Visual level filter buckets. 厳密な送信内容はマップの種類によって異なります。Exactly what is sent varies by map type. 詳細については、「Microsoft のプライバシーに関する声明」を参照してください。To learn more, see Bing Maps privacy.

  • マップ (バブル マップ) の場合、緯度と経度が指定される場合、何のデータも Bing に送信されません。For maps (bubble maps), if latitude and longitude are provided then no data is sent to Bing. 指定されない場合、場所バケット (とフィルター バケット) のデータが Bing に送信されます。Otherwise, any data in the Location (and filter) buckets is sent to Bing.
  • 塗り分け地図を作成するには、緯度と経度が指定されている場合でも、場所バケットにフィールドが必要です。Filled maps require a field in the Location bucket; even if latitude and longitude are provided. 場所バケット、緯度バケット、経度バケットにどのようなデータがある場合でも、Bing に送信されます。Whatever data is in the Location, Latitude, or Longitude buckets is sent to Bing.

    下の例では、[Vendor](ベンダー) フィールドがジオコーディングに使用されています。そのため、すべてのベンダー データが Bing に送信されます。In the example below, the field Vendor is being used for geo-coding, so all vendor data is sent to Bing. [サイズ] バケットと [色の彩度] バケットのデータは Bing に送信されません。Data from the Size and Color saturation buckets is not sent to Bing.

    Bing マップに送信

    この 2 つ目の例では、フィールド [担当地域] がジオコーディングに使用されるので、すべての担当地域データは Bing に送信されます。In this second example below, the field Territory is being used for geo-coding, so all territory data is sent to Bing. [凡例] バケットと [色の彩度] バケットのデータは Bing に送信されません。Data from the Legend and Color saturation buckets is not sent to Bing.

    塗り分け地図と Bing

データセットで: 基になるデータセットを向上させるためのヒントIn the dataset: tips to improve the underlying dataset

マップ視覚エフェクトの作成に使われるデータセットにアクセスできる場合、正しいジオコーディングの可能性を高めるためにできることがいくつかあります。If you have access to the dataset that is being used to create the map visualization, there are a few things you can do to increase the likelihood of correct geo-coding.

1.Power BI Desktop で地理的なフィールドを分類する1. Categorize geographic fields in Power BI Desktop

Power BI Desktop では、データ フィールドに データ カテゴリ を設定しておくと、フィールドを正確にジオコーディングできます。In Power BI Desktop, you can ensure fields are correctly geo-coded by setting the Data Category on the data fields. 目的のテーブルを選択し、[詳細設定] リボンに移動し、[データ カテゴリ][住所][市区町村][大陸][国/地域][国][郵便番号][州]、または [都道府県] に設定します。Select the desired table, go to the Advanced ribbon and then set the Data Category to Address, City, Continent, Country/Region, County, Postal Code, State or Province. これらのデータのカテゴリは、Bing で日付を正しくエンコードするために役立ちます。These data categories help Bing correctly encode the date. 詳細については、「Power BI Desktop でのデータ分類」を参照してください。To learn more, see Data categorization in Power BI Desktop. SQL Server Analysis Services に接続中の場合、SQL Server Data Tools (SSDT) を使用して Power BI 以外のデータ分類を設定する必要があります。If you are live connecting to SQL Server Analysis Services, you will need to set the data categorization outside of Power BI using SQL Server Data Tools (SSDT).

2.複数の場所列を使用します。 2. Use more than one location column.
マッピングのデータ カテゴリを設定するだけでは、Bing がユーザーの意図を正しく推測するためには不十分な場合もあります。Sometimes, even setting the data categories for mapping isn't enough for Bing to correctly guess your intent. 複数の国や地域に同じ名前の場所が存在するため、指定があいまいになることがあります。Some designations are ambiguous because the location exists in multiple countries or regions. たとえば、 サウサンプトン は、イングランド、ペンシルバニア、ニューヨークに存在します。For example, there's a Southampton in England, Pennsylvania, and New York.

Power BI は Bing の非構造化 URL テンプレート サービスを利用し、国の住所値セットに基づいて緯度と経度の座標を取得します。Power BI uses Bing's unstructured URL template service to get the latitude and longitude coordinates based on a set of address values for any country. データに十分な場所データが含まれない場合、列を追加し、適切に分類します。If your data doesn't contain enough location data, add those columns and categorize them appropriately.

たとえば、[市区町村] 列しかない場合は、Bing のジオコーディングが困難になる可能性があります。For example, if you only have a City column, Bing may have a hard time geo-coding. 追加の地理列を追加して、場所が明確になるようにします。Add additional geo columns to make the location unambiguous. 場合によっては、場所列をもう 1 つデータセットに追加するだけで済みます。この例では都道府県です。Sometimes all it takes is adding one more location column to the dataset - in this case state/province. また、前述の 1. のように、適切に分類してください。And don't forget to categorize it properly, see #1 above.

各フィールドに、分類に関連付けられた情報のみがあることを確認します。Make sure when each field only has the specific information tied to the categorization. たとえば、[市区町村] 場所フィールドには、Southampton, New York ではなく、Southampton が入力されている必要があります。For example, your City location field should be Southampton, not Southampton, New York. また、[住所] 場所フィールドには、1 Microsoft Way, Redmond, WA ではなく 1 Microsoft Way が入力されている必要があります。And Address location fields should be 1 Microsoft Way and not 1 Microsoft Way, Redmond, WA.

3.特定の緯度と経度の使用3. Use specific Latitude and Longitude

緯度と経度の値をデータセットに追加します。Add latitude and longitude values to your dataset. これにより、あいまいさが排除され、結果の戻りが早くなります。This removes any ambiguity and returns results more quickly. 緯度と経度のフィールドは、 10 進数 形式にする必要があります。これは、データ モデルで設定できます。Latitude and Longitude fields must be in Decimal Number format, which you can set in the data model.

4.完全な場所情報が含まれる列の [場所] カテゴリの使用4. Use Place category for columns with full location information

実際の地図の地理階層を使用することが推奨されますが、完全な地理情報が含まれた 1 つの場所列を使用する必要がある場合は、データ分類を [場所] に設定することができます。While we encourage you to use geo-hierarchies in your maps, if you must use a single location column with full geographical information, you can set the data categorization to Place. たとえば、"1 Microsoft Way, Redmond Washington 98052" のように列のデータが完全な住所の場合、Bing ではこの汎用的なデータ カテゴリが最適です。For example, if the data in your column is full addresses, such as 1 Microsoft Way, Redmond Washington 98052, this generalized data category will work best with Bing.

Power BI で: マップ視覚エフェクトを使うときの結果改善のためのヒントIn Power BI: tips to get better results when using map visualizations

1.緯度フィールドと経度フィールドを使う (存在する場合)1. Use latitude and longitude fields (if they exist)

Power BI では、使っているデータセットに経度と緯度のフィールドがある場合は、それを使用します。In Power BI, if the dataset you are using has fields for longitude and latitude -- use them! Power BI には、マップ データを明確にするための特別なバケットがあります。Power BI has special buckets to help make the map data unambiguous. 緯度データを格納しているフィールドを [視覚化] > [緯度] 領域にドラッグします。Just drag the field that contains your latitude data into the Visualizations > Latitude area. 経度データについても、同じ操作を実行します。And do the same for your longitude data. これを行う場合、視覚エフェクトの作成時には [地域] フィールドにも入力する必要があります。When you do this, you also need to fill the Location field when creating your visualizations. それ以外の場合、データは既定で集約されます。そのため、たとえば緯度と経度は、州レベル (市区町村レベルではなく) で組み合わされます。Otherwise, the data is aggregated by default, so for example, the latitude and longitude would be paired at the state level, not the city level.

緯度と経度

地理階層を使用し、場所のさまざまな "レベル" をドリルダウンするUse geo-hierarchies so you can drill down to different "levels" of location

データセットに複数レベルの場所データが既にある場合、自分と同僚は Power BI を使用して地理階層を作成できます。When your dataset already has different levels of location data, you and your colleagues can use Power BI to create geo-hierarchies. 地理階層を作成するには、複数のフィールドを [場所] バケットにドラッグします。To do this, drag more than one field into the Location bucket. このような操作で、フィールドは地理階層になります。Used together in this way, the fields become a geo-hierarchy. 下の例では、国/地域、都道府県、市区町村の地理フィールドを追加しました。In the example below we have added geo fields for: Country/Region, State, and City. Power BI では、自分と同僚がこの地理階層を使用してドリルアップ/ダウンすることができます。In Power BI you and your colleagues can drill up and down using this geo-hierarchy.

[場所] フィールド

マップの地理階層を作成する

地理階層を使用してドリルを行う場合、各ドリル ボタンの機能と、Bing マップに送信される内容を把握することが重要です。When drilling with geo-hierarchies, it is important to know how each drill button works and what gets sent to Bing Maps.

  • 右端にあるドリル ボタンはドリル モード と呼ばれ、マップの場所を選択し、特定の場所を 1 レベルずつドリル ダウンすることができます。The drill button on the far right, called Drill Mode , allows you to select a map Location and drill down into that specific location one level at a time. たとえば、ドリル ダウンを有効にして北米をクリックすると、1 つ下位の階層、つまり北米の州にドリル ダウンされます。For example, if you turn Drill Down on and click North America, you move down in the hierarchy to the next level -- states in North America. ジオコーディングでは、Power BI から Bing マップに北米のみの国と州のデータが送信されます。For geo-coding, Power BI sends Bing Maps country and state data for North America only.
  • 左側には、他にも 2 つのドリル オプションがあります。On the left there are 2 other drill options. 1 つ目のオプションである は、1 回ですべての場所について階層を次のレベルにドリルします。The first option, , drills to the next level of the hierarchy for all locations at once. たとえば、国を見ている状態でこのオプションを使用して次のレベル (州) に移動すると、Power BI には、すべての国の州データが表示されます。For example, if you are currently looking at countries and then use this option to move to the next level, states, Power BI displays state data for all countries. ジオコーディングでは、Power BI から Bing マップにすべての場所の州データ (国データはなし) が送信されます。For geo-coding, Power BI sends Bing Maps state data (no country data) for all locations. このオプションは、階層の各レベルがその上のレベルと関係がない場合に便利です。This option is useful if each level of your hierarchy is unrelated to the level above it.
  • 2 つ目のオプションであるThe second option, マップのドリルダウン は、マップをクリックする必要がある点を除き、ドリル ダウンと似ています。, is similar to Drill Down, except that you don't need to click on the map. 現在のレベルのコンテキストを記憶して、階層の次のレベルに展開されます。It expands down to the next level of the hierarchy remembering the current level’s context. たとえば、国を見ている状態でこのアイコンを選択すると、階層の次のレベル (州) にドリルダウンされます。For example, if you are currently looking at countries and select this icon, you move down in the hierarchy to the next level -- states. ジオコーディングでは、Power BI から各州とそれに関連する国のデータが送信されるので、Bing マップのジオコーディングがより正確になります。For geo-coding, Power BI sends data for each state and its corresponding country to help Bing Maps geocode more accurately. 多くのマップでは、このオプションまたは右端のドリル ダウン オプションを使用して、できるだけ多くの情報を Bing に送信して、正確な場所情報を取得します。In most maps, you will use either this option or the Drill Down option on the far right, so you can send Bing as much information as possible to get accurate location information.

次の手順Next steps

Power BI での視覚化のドリルダウンDrill down in a Power BI visualization

Power BI の視覚化Power Bi visualizations

他にわからないことがある場合は、More questions? Power BI コミュニティを利用してくださいTry the Power BI Community