Power BI のツリーマップTreemaps in Power BI

ツリーマップでは、入れ子になった一連の四角形で階層データが表示されます。Treemaps display hierarchical data as a set of nested rectangles. 階層の各レベルは、色付きの四角形 (「ブランチ (枝)」) で表され、ブランチには他の四角形 (「リーフ (葉)」) が含まれます。Each level of the hierarchy is represented by a colored rectangle (often called a "branch") containing other rectangles ("leaves"). 各四角形内の面積は、測定される量的な値に基づいて割り当てられ、各四角形は大きさの順に左上 (最大) から右下 (最小) に向かって配置されます。The space inside each rectangle is allocated based on the quantitative value being measured, with the rectangles arranged in size from top left (largest) to bottom right (smallest).

たとえば、売上を分析する場合、最上位レベルの四角形 (ブランチ) を衣料カテゴリの Urban (都市部向け)Rural (地方向け)Youth (若者向け)、および Mix (組み合わせ) にすることができます。For example, if I'm analyzing my sales, I might have top-level rectangles (branches) for the clothing categories: Urban, Rural, Youth, and Mix. これらのカテゴリの四角形には、そのカテゴリ内の衣料メーカー用の小さい四角形 (リーフ) が含まれ、これらの小さい四角形は売上数に基づいて大きさが決まり、影が付きます。My category rectangles would contain smaller rectangles (leaves) for the clothing manufacturers within that category, and these smaller rectangles would be sized and shaded based on the number sold. 上の Urban ブランチでは、Maximus の衣料の売上が多く、Natura と Fama の売上はそれよりも少なく、Leo の売上は非常に少なくなっています。In the Urban branch above, lots of Maximus clothing was sold, less Natura and Fama, and very little Leo. このため、このツリーマップの Urban ブランチでは、Maximus の四角形 (左上隅) が一番大きく、Natura と Fama の四角形はそれよりもやや小さく、その他の多数の四角形が残りのすべての衣料の売上を表し、Leo の四角形は非常に小さくなります。So, the Urban branch of my Treemap would have the largest rectangle for Maximus (in the top left corner), slightly-smaller rectangles for Natura and Fama, lots of other rectangles representing all the other clothing sold, and a tiny rectangle for Leo. また、各リーフ ノードの大きさと網掛けの比較によって、その他の衣料カテゴリの売上の品目数を比較することもできます。つまり、四角形が大きく網掛けが濃いほど、値は大きいと判断できるのです。And I could compare the number of items sold across the other clothing categories by comparing the size and shading of each leaf node; the larger the rectangle and the darker the shading, the higher the value.

ツリーマップを使用すべきケースWhen to use a treemap

ツリーマップは、次のような場合に最適な選択肢です。Treemaps are a great choice:

  • 大量の階層データを表示する場合。to display large amounts of hierarchical data.
  • 横棒グラフで多数の値を効果的に処理できない場合。when a bar chart can't effectively handle the large number of values.
  • 各部分と全体の間の割合を示す場合。to show the proportions between each part and the whole.
  • 階層内のカテゴリの各レベルにわたってメジャーの分布のパターンを示す場合to show the pattern of the distribution of the measure across each level of categories in the hierarchy.
  • サイズと色分けを使用して属性を示す場合。to show attributes using size and color coding.
  • パターン、外れ値、最も重要な要因、および例外を見分ける場合。to spot patterns, outliers, most-important contributors, and exceptions.

前提条件Prerequisites

  • Power BI サービスまたは Power BI DesktopPower BI service or Power BI Desktop
  • 小売りの分析のサンプルRetail Analysis sample

基本的なツリーマップの作成Create a basic treemap

ツリーマップの作成例を見たい方は、Want to watch someone else create a treemap first? このビデオの 2:10 にスキップし、Amanda がツリーマップを作成するところをご覧ください。Skip to 2:10 in this video to watch Amanda create a treemap.

または、独自のツリーマップを作成します。Or, create your own treemap. 次の手順では、「Retail Analysis Sample」を使用します。These instructions use the Retail Analysis Sample. 先に進むには、Power BI サービス (Power BI Desktop ではありません) にサインインして、[データの取得] > [サンプル] > [小売りの分析のサンプル] > [接続] > [ダッシュボードに移動] を選びます。To follow along, sign in to Power BI service (not Desktkop) and select Get Data > Samples > Retail Analysis Sample > Connect > Go to dashboard. レポートで視覚エフェクトを作成するには、データセットとレポートの編集アクセス許可が必要です。Creating visualizations in a report requires edit permissions to the dataset and report. Power BI のサンプルは編集できます。Luckily, the Power BI samples are editable. しかし、他のユーザーからレポートの共有を受ける場合、自分で新しい視覚エフェクトを追加することはできません。But if someone shares a report with you, you won't be able to add new visualizations.

  1. [Total stores](総店舗数) タイルを選んで、小売りの分析のサンプル レポートを開きます。Select the "Total stores" tile to open the Retail Analysis sample report.

  2. [編集ビュー] を開いて、[売上高] > [Last Years Sales](前年の売上高) メジャーを選びます。Open Editing View and select the Sales > Last Years Sales measure.

  3. グラフをツリーマップに変換します。Convert the chart to a treemap.

  4. [アイテム] > [カテゴリ][グループ] にドラッグします。Drag Item > Category to the Group well. 四角形の大きさが総売上高を反映し、色でカテゴリを表すツリーマップが作成されます。Power BI creates a treemap where the size of the rectangles reflects total sales and the color represents the category. つまり、カテゴリ別の総売上高の相対的な大きさを視覚的に説明する階層が作成されます。In essence you've created a hierarchy that visually describes the relative size of total sales by category. [Mens] (男性向け) カテゴリの売上高が最高で、 [Hosiery] (靴下・下着類) カテゴリの売上高が最低です。The Mens category has the highest sales and the Hosiery category has the lowest.

  5. [ストア] > [Chain] (チェーン)"Details" にドラッグしてツリーマップを完成させます。Drag Store > Chain to the Details well to complete your treemap. これで、前年の売上高をカテゴリおよびチェーン別に比較できます。You can now compare last year's sales by category and chain.

    注意

    [色の彩度] と [詳細] を同時に使用することはできません。Color Saturation and Details cannot be used at the same time.

  6. [Chain] (チェーン) エリアにポインターを合わせると、 [カテゴリ] のその部分のヒントが表示されます。Hover over a Chain area to reveal the tooltip for that portion of the Category. たとえば、 [040 Juniors ] の四角形内の [Lindseys] にポインターを合わせると、Juniors カテゴリの Lindsey の部分のツールヒントが表示されます。For example, hovering over Lindseys in the 040-Juniors rectangle reveals the tooltip for Lindsey's portion of the Juniors category.

  7. ツリーマップをダッシュボード タイルとして追加 (ビジュアルをピン留め) します。Add the treemap as a dashboard tile (pin the visual).

  8. レポートを保存します。Save the report.

強調表示とクロス フィルター処理Highlighting and cross-filtering

[フィルター] ウィンドウの使用方法については、「Power BI でのレポートへのフィルターの追加」をご覧ください。For information about using the Filters pane, see Add a filter to a report.

ツリーマップ内の [カテゴリ] または [詳細] を強調表示すると、レポートのページ上の他の視覚エフェクトがクロス強調表示またはクロスフィルター処理されます。逆の場合も同様です。Highlighting a Category or Details in a treemap cross-highlights and cross-filters the other visualizations on the report page... and vice versa. 作業を進めるために、同じページにいくつかのビジュアルを追加するか、既に他のビジュアルを持つレポート ページにツリーマップをコピーして貼り付けます。To follow along, either add some visuals to the same page or copy/paste the treemap to a report page that already has other visuals.

  1. ツリーマップ上で、カテゴリまたはカテゴリ内のチェーンのいずれかを選択します。On the treemap, select either a Category or a Chain within a Category. これにより、ページ上の他の視覚化がクロス強調表示されます。This cross-highlights the other visualizations on the page. たとえば、 [050-Shoes] を選択すると、前年の靴の売上高が 3,640,471 ドルで、その内 [Fashions Direct] から得られた売上高は 2,174,185 ドルであったことが表示されます。Selecting 050-Shoes, for example, shows me that last year's sales for shoes was $3,640,471 with $2,174,185 of that coming from Fashions Direct.

  2. [Last Year Sales by Chain](チェーン別の前年売上高) 円グラフで、[Fashions Direct] スライスを選択し、ツリーマップをクロス フィルター処理します。In the Last Year Sales by Chain pie chart, selecting the Fashions Direct slice, cross-filters the treemap.

  3. グラフ相互間のクロスフィルター処理とクロス強調表示を管理するには、「Power BI レポートでの視覚エフェクトの相互作用」を参照してください。To manage how charts cross-highlight and cross-filter each other, see Visualization interactions in a Power BI report

次の手順Next steps

視覚化をダッシュボードにピン留めする Pin a visualization to a dashboard
Power BI - 基本的な概念Power BI - Basic Concepts

他にわからないことがある場合は、More questions? Power BI コミュニティを利用してくださいTry the Power BI Community