Power BI から Web への公開Publish to web from Power BI

このページはお役に立ちましたか?

Power BI の [Web に公開] オプションを使用すると、Power BI の対話型の視覚エフェクトを、ブログ投稿記事、Web サイト、メールやソーシャル メディアなどに、任意のデバイスからオンラインで簡単に埋め込むことができます。With Power BI's Publish to web option, you can easily embed interactive Power BI visualizations online, such as in blog posts, websites, through emails or social media, from any device. また、発行したビジュアルを簡単に編集、更新、共有解除することもできます。You can also easily edit, update, refresh, or unshare your published visuals.

警告

[Web に公開] を使用すると、ご自身が公開したレポートまたはビジュアルをインターネット上のすべてのユーザーが表示できます。When you use Publish to web, anyone on the Internet can view your published report or visual. これには認証は不要で、レポートに集計されている詳細レベルのデータも表示されます。This requires no authentication and includes viewing detail level data your reports aggregate. レポートを公開する前に、データや視覚エフェクトを公開しても問題がないかご確認ください。Before publishing a report, make sure it is okay for you to share the data and visualizations publicly. 秘密情報や機密情報を公開しないでください。Do not publish confidential or proprietary information. 不確かな場合は、発行する前に組織のポリシーを確認します。If in doubt, check your organization's policies before publishing.

注意

ご自分のコンテンツを内部ポータルや Web サイトに安全に埋め込むには、[埋め込む] または [SharePoint Online に埋め込む] オプションを使います。To embed your content securely in an internal portal or website, use the Embed or Embed in SharePoint Online options. これにより、ユーザーが内部データを表示するときに、アクセス許可とデータ セキュリティがすべて適用されます。This ensures all permissions and data security is enforced when your users are viewing your internal data.

[Web に公開] の使用方法How to use Publish to Web

[Web に公開] は個人用またはグループ用ワークスペースで編集可能なレポートで使用できます。Publish to web is available for reports you can edit in your personal and group workspaces. 共有しているレポート、またはデータをセキュリティで保護するために行レベルでセキュリティ保護されているレポートでは使用できません。It isn't available for reports shared with you, or ones relying on row level security to secure data. [Web に公開] がサポートされないケースの全一覧については、以下の「制限事項」のセクションを参照してください。See the Limitations section below for a complete list of cases where Publish to web isn't supported. [Web に公開] を使用する前に、前述の「警告」をご確認ください。Review the Warning earlier in this article before using Publish to web.

以下の短いビデオでは、この機能がどのように動作するかを確認することができます。The following short video shows how this feature works. 次に、次の手順をご自分でお試しください。Then, try it yourself in the steps below.

次の手順では、 Publish to Webを使用する方法について説明します。The following steps describe how to use Publish to web.

  1. ワークスペースの編集可能なレポートから、 [ファイル] > [Web に公開] を選びます。Open a report in your workspace that you can edit and select File > Publish to web.

    PtW1

  2. ダイアログの内容を確認し、 [埋め込みコードの作成] を選択します。Review the dialog content and select Create embed code.

    PtW2

  3. ここに示す警告を確認し、一般向け Web サイトにデータを埋め込んでも問題がないことを確認します。Review the warning, as shown here, and confirm that the data is okay to embed in a public website. 問題がなければ、 [公開] を選びます。If it is, select Publish.

    PtW3

  4. リンクを含むダイアログが表示されます。A dialog appears with a link. このリンクは電子メールで送信することも、iFrame などのコードに埋め込むことも、Web ページまたはブログに直接貼り付けることもできます。You can send this link in an email, embed it in code such as an iFrame, or paste it directly into a web page or blog.

    PtW4

  5. 前にレポートの埋め込みコードを作成していて [Web に公開] を選択した場合、手順 2 - 4 内のダイアログ ボックスは表示されません。If you previously created an embed code for a report and you select Publish to web, you won't see the dialogs in steps 2-4. 代わりに、次の [埋め込みコード] ダイアログが表示されます。Instead, the Embed code dialog appears:

    PtW5

    各レポートに 1 つだけ埋め込みコードを作成できます。You can only create one embed code for each report.

表示モードのヒントとテクニックTips and tricks for view modes

ブログ投稿内にコンテンツを埋め込む場合、通常は特定の画面サイズに収める必要があります。When you embed content within a blog post, you typically need to fit it within a specific screen size. 高さと幅は、必要に応じて iFrame タグで調整できます。You can adjust the height and the width in the iFrame tag as needed. ただし、レポートが iFrame の特定の領域に収まるようにする必要があるため、レポートの編集時には適切な表示モードを選択する必要もあります。However, you need to ensure your report fits within the given iFrame area, so you also need to set an appropriate View Mode when editing the report.

以下の表では、表示モードとそれが埋め込まれた場合にどのように表示されるかについての指針を示します。The following table provides guidance about the View Mode, and how it will appear when embedded.

表示モードView Mode 埋め込まれた場合の表示方法How it looks when embedded
PtW6b [ページに合わせる] では、レポートのページの高さと幅が使用されます。Fit to page respects your report's page height and width. ページを 16:9 や 4:3 などの動的な比率に設定した場合、コンテンツは iFrame に収まるよう拡大縮小されます。If you set your page to dynamic ratios like 16:9 or 4:3 your content will scale to fit within the iFrame. [ページに合わせる] を使用して iFrame に埋め込んだ場合、レターボックス処理が行われ、iFrame に合わせてコンテンツが拡大縮小された後、iFrame の領域にグレーの背景が表示されることがあります。When embedded in an iFrame, using Fit to page can result in letterboxing, where a gray background is shown in iFrame areas after the content is scaled to fit within the iFrame. できるだけレターボックス処理が行われないようにするには、iFrame の高さと幅を適切に設定します。To minimize letterboxing, set your iFrame's height and width appropriately.
PtW6d [実際のサイズ] では、レポートのサイズはレポート ページで設定したサイズに保たれます。Actual size ensures the report preserves its size as set on the report page. その結果、iFrame にスクロール バーが表示される場合があります。This can result in scrollbars appearing in your iFrame. スクロール バーが表示されないように iFrame の高さと幅を設定します。Set the iFrame height and width to avoid scrollbars.
PtW6c [幅に合わせる] では、iFrame の水平方向の領域に収まるようにコンテンツが調整されます。Fit to width ensures the content fits within the iFrame's horizontal area. この場合にも境界線は表示されますが、水平方向の表示スペース全体が使用されるよう、コンテンツは拡大縮小されます。A border is still shown, but the content scales to use all the horizontal space available.

iFrame の高さと幅に関するヒントとテクニックTips and tricks for iFrame height and width

[Web に公開] の埋め込みコードは次のようになります。A Publish to web embed code looks like the following:

PtW7

幅と高さを手動で編集して、埋め込み先のページにどのように収めるかを細かく調整できます。You can edit the width and height manually to ensure it's precisely how you want it to fit in the page where you're embedding it.

より完全に収めるには、iFrame の高さに 56 ピクセルを追加してみて、現在のサイズの下部バーが収まるようにできます。To achieve a more perfect fit, you can try adding 56 pixels to the iFrame's height to accommodate the current size of the bottom bar. レポート ページで動的なサイズを使用している場合、レターボックス処理なしで完全に収めることができるサイズを次の表にいくつか示します。If your report page uses the dynamic size, the table below provides some sizes you can use to achieve a fit without letterboxing.

比率Ratio サイズSize ディメンション (幅 x 高さ)Dimension (Width x Height)
16:916:9 Small 640 x 416 ピクセル640 x 416 px
16:916:9 Medium 800 x 506 ピクセル800 x 506 px
16:916:9 Large 960 x 596 ピクセル960 x 596 px
4:34:3 Small 640 x 536 ピクセル640 x 536 px
4:34:3 Medium 800 x 656 ピクセル800 x 656 px
4:34:3 Large 960 x 776 ピクセル960 x 776 px

埋め込みコードの管理Manage embed codes

[Web に公開] 埋め込みコードを作成したら、コードを Power BI の [設定] メニューで管理できます。Once you create a Publish to web embed code, you can manage your codes from the Settings menu in Power BI. 埋め込みコードの管理には、コードの埋め込み先ビジュアルやレポートを削除できる (埋め込みコードを使用できなくする) ことや、埋め込みコードを入手することが含まれます。Managing embed codes includes the ability to remove the destination visual or report for a code (rendering the embed code unusable), or getting the embed code.

  1. Publish to web 埋め込みコードを管理するには、 [設定] の歯車を開き、 [埋め込みコードの管理] を選びます。To manage your Publish to web embed codes, open the Settings gear and select Manage embed codes.

    PtW8

  2. 埋め込みコードが表示されます。Your embed codes appear.

    PtW9

  3. 埋め込みコードは取得または削除できます。You can either retrieve or delete an embed code. それを削除した場合は、そのレポートまたはビジュアルへのリンクが無効になります。Deleting it disables any links to that report or visual.

    PtW10

  4. [削除] を選択した場合、確認が求められます。If you select Delete, you’re asked for a confirmation.

    PtW11

レポートへの更新とデータ更新Updates to reports, and data refresh

[Web に公開] 埋め込みコードを作成して共有した後は、加えられた変更を反映してレポートが更新され、埋め込みコードのリンクが直ちに有効になります。After you create your Publish to web embed code and share it, the report is updated with any changes you make, and the embed code link is immediately active. そのリンクを開いたすべてのユーザーがそれを参照できます。Anyone who opens the link can view it. ただし、この最初の操作後、レポートまたはビジュアルの更新がユーザーに表示されるには約 1 時間かかります。After this initial action, however, updates to reports or visuals can take approximately one hour before becoming visible to your users. 更新をすぐに反映する必要がある場合は、埋め込みコードを削除し、新しいコードを作成することができます。If you need your updates to be immediately available, you can delete the embed code and create a new one. 詳しくは、この記事で後述する「機能方法」をご覧ください。To learn more, see the How it works section later in this article.

データ更新Data refresh

データ更新は、埋め込まれたレポートまたはビジュアルに自動的に反映されます。Data refreshes are automatically reflected in your embedded report or visual. 更新されたデータが埋め込みコードから表示できるようになるまで、約 1 時間かかることがあります。It can take approximately one hour for refreshed data to be visible from embed codes. 自動更新を無効にするには、レポートが使用しているデータセットのスケジュールの [更新しない] を選択します。To disable automatic refresh, select don't refresh on the schedule for the dataset the report uses.

カスタム ビジュアルCustom visuals

[Web に公開] では、カスタム ビジュアルがサポートされています。Custom visuals are supported in Publish to web. [Web に公開] を使用した場合、公開済みのビジュアルを共有しているユーザーは、カスタム ビジュアルを有効にせずにレポートを表示できます。When you use Publish to web, users with whom you share your published visual do not need to enable custom visuals to view the report.

制限事項Limitations

[Web に公開] は Power BI サービスの多くのデータ ソースおよびレポートでサポートされていますが、現時点で以下のものは [Web に公開] でサポートされていないか、使用できません。Publish to web is supported for the vast majority of data sources and reports in the Power BI service, however, the following are not currently supported or available with Publish to web:

  • 行レベルのセキュリティを使用するレポートReports using row level security.
  • ライブ接続データ ソースを使うレポート (Analysis Services 表形式でホストされたオンプレミスの Analysis Service 多次元、Azure Analysis Services など)。Reports using any Live Connection data source, including Analysis Services Tabular hosted on-premises, Analysis Services Multidimensional, and Azure Analysis Services.
  • 直接共有されているか、組織のコンテンツ パックを経由して共有されているレポートReports shared to you directly or through an organizational content pack.
  • 編集メンバーではないグループ内のレポートReports in a group in which you are not an edit member.
  • 現時点では、 [Web に公開] レポートで "R" ビジュアルはサポートされていません。"R" Visuals are not currently supported in Publish to web reports.
  • Web に公開されたレポートのビジュアルからのデータのエクスポートExporting Data from visuals in a report, which has been published to the web.
  • ArcGIS Maps for Power BI のビジュアルArcGIS Maps for Power BI visuals.
  • レポート レベルの DAX メジャーを含むレポートReports containing report-level DAX measures.
  • シングル サインオン データ クエリ モデルSingle sign-on data query models.
  • セキュリティで保護された秘密または機密情報Secure confidential or proprietary information.
  • [埋め込む] オプションを使って提供される自動認証機能は、Power BI JavaScript API では動作しません。The automatic authentication capability provided with the Embed option doesn't work with the Power BI JavaScript API. Power BI JavaScript API の場合は、ユーザー所有データの方法を使って埋め込みを行います。For the Power BI JavaScript API, use the user owns data approach to embedding. 詳細については、ユーザー所有データに関するページをご覧ください。Learn more about user owns data.

テナントの設定Tenant setting

Power BI 管理者は、 [Web に公開] 機能を有効または無効にすることができます。Power BI administrators can enable or disable the Publish to web feature. また、特定のグループへのアクセスを制限することもできます。これにより、埋め込みコードを作成する機能に影響を与える可能性があります。They can also restrict access to specific groups, which can impact your ability to create an embed code.

特性Feature 組織全体に対して有効にするEnabled for entire organization 組織全体に対して無効にするDisabled for entire organization 特定のセキュリティ グループSpecific security groups
[ファイル] メニューの下の [Web に公開]Publish to web under report's File menu すべてのユーザーに対して有効Enabled for all すべてのユーザーに対して非表示Not visible for all 承認されたユーザーまたはグループに対してのみ表示されます。Only visible for authorized users or groups.
[設定] の下の [埋め込みコードの管理]Manage embed codes under Settings すべてのユーザーに対して有効Enabled for all すべてのユーザーに対して有効Enabled for all すべてのユーザーに対して有効。Enabled for all.

* [削除] オプションは、承認されたユーザーまたはグループの場合にのみ使用可能です。* Delete option only for authorized users or groups.
* [コードを取得] は、すべてのユーザーに対して有効になります。* Get codes enabled for all.
管理ポータル内の [埋め込みコード]Embed codes within admin portal 状態には次のいずれかが反映されます。Status will reflect one of the following:
* アクティブ* Active
* サポートされていません* Not supported
* ブロック* Blocked
状態は [無効] と表示Status will display Disabled 状態には次のいずれかが反映されます。Status will reflect one of the following:
* アクティブ* Active
* サポートされていません* Not supported
* ブロック* Blocked

ユーザーがテナント設定に基づいて承認されていない場合、状態は [侵害] となります。If a user is not authorized based on the tenant setting, status will display as infringed.
既存の公開済みレポートExisting published reports すべて有効All enabled すべて無効All disabled すべてのユーザーに対して、レポートの表示が続行されます。Reports continue to render for all.

埋め込みコードの状態列についてUnderstanding the embed code status column

[埋め込みコードの管理] ページには、状態列があります。The Manage embed codes page includes a status column. 埋め込みコードは、既定でアクティブですが、以下に示す状態のいずれかである場合もあります。By default, embed codes are Active, but could also be one of the statuses listed below.

状態Status 説明Description
アクティブActive レポートは、インターネット ユーザーが表示および対話的に操作できます。The report is available for Internet users to view and interact with.
ブロックBlocked レポートの内容が Power BI サービス条項に違反しています。The report content violates the Power BI Terms of Service. Microsoft によってブロックされています。Microsoft has blocked it. 内容が間違ってブロックされたと思われる場合は、サポートにお問い合わせください。Contact support if you believe the content was blocked in error.
サポートされていませんNot supported レポートのデータ セットで行レベルのセキュリティを使用しているか、別のサポートされていない構成を使用しています。The report's data set is using row level security, or another unsupported configuration. 詳細なリストについては、「制限事項」を参照してください。See the Limitations section for a complete list.
侵害Infringed 埋め込みコードは定義されたテナント ポリシー外です。The embed code is outside the defined tenant policy. 通常、これは埋め込みコードが作成されてから、埋め込みコードを所有するユーザーを除外するために、 [Web に公開] のテナント設定が変更された場合に発生します。This typically occurs when an embed code was created and then the Publish to web tenant setting was changed to exclude the user owning the embed code. テナント設定が無効になっているか、ユーザーが埋め込みコードを作成できなくなった場合、既存の埋め込みコードの状態は [侵害] となります。If the tenant setting is disabled, or the user is no longer allowed to create embed codes, existing embed codes show an Infringed status.

[Web に公開] コンテンツに関する問題を報告する方法How to report a concern with Publish to web content

Web サイトまたはブログに埋め込まれた [Web に公開] コンテンツに関する問題を報告するには、次の図に示す、下部にあるバーの [フラグ] アイコンを使用します。To report a concern related to Publish to web content embedded in a website or blog, use the Flag icon in the bottom bar, as shown in the following image. 問題について説明するメールを Microsoft に送信するよう求められます。You’ll be asked to send an email to Microsoft explaining your concern. Microsoft は Power BI サービス契約に基づいてコンテンツを評価し、適切な措置を講じます。Microsoft will evaluate the content based on the Power BI Terms of Service and take appropriate action.

問題を報告するには、表示されている [Web に公開] レポートの下部にあるバーの [フラグ] アイコンを選びます。To report a concern, select the flag icon in the bottom bar of the Publish to web report you see.

PtW12

ライセンスと価格Licensing and Pricing

[Web に公開] を使用するには、Microsoft Power BI ユーザーである必要があります。You need to be a Microsoft Power BI user to use Publish to web. レポートの閲覧者は、Power BI のユーザーである必要はありません。Your report's viewers do not need to be Power BI users.

機能方法 (技術的な詳細)How it works (technical details)

[Web に公開] を使用して埋め込みコードを作成すると、インターネット ユーザーがレポートを表示できるようになります。When you create an embed code using Publish to web, the report is made visible to Internet users. 公開されるため、閲覧者は今後ソーシャル メディアを通してレポートを簡単に共有できます。It’s publicly available, so you can expect viewers to easily share the report through social media in the future. 直接パブリック URL を開くか、Web ページやブログに埋め込まれているレポートを表示して、ユーザーがレポートを表示すると、Power BI はレポート定義と、レポートを表示するために必要なクエリの結果をキャッシュします。As users view the report, either by opening the direct public URL or viewing it embedded in a web page or blog, Power BI caches the report definition and the results of the queries required to view the report. これにより、数十万のユーザーがパフォーマンスに影響せずに同時にレポートを表示できるようになります。This ensures that thousands of concurrent users can view the report without impacting performance.

キャッシュは長期間存在します。そのため、レポート定義を更新する (たとえば、その表示モードを変更する場合)、またはレポート データを更新する場合、ユーザーが表示するレポートのバージョンに変更が反映されるまで、約 1 時間かかる場合があります。The cache is long-lived, so if you update the report definition (for example, if you change its View mode) or refresh the report data, it can take approximately one hour before changes are reflected in the version of the report your users view. したがって、作業を前もって計画的に行い、設定に問題がないことを十分に確認してから、Web に公開される埋め込みコードを作成するようお勧めします。It is therefore recommended that you stage your work ahead of time, and create the Publish to web embed code only when you’re satisfied with the settings.

次の手順Next steps

他にわからないことがある場合は、More questions? Power BI コミュニティを利用してくださいTry the Power BI Community