Power BI のダッシュボードとレポートの利用状況の指標を監視するMonitor usage metrics for Power BI dashboards and reports

このページはお役に立ちましたか?

ダッシュボードとレポートを作成した場合、その効果を理解するために利用状況の指標が役立ちます。If you create dashboards and reports, usage metrics help you understand their impact. ダッシュボード利用状況指標またはレポート利用状況指標を実行すると、そのダッシュボードやレポートが組織全体でどのように利用されているか、何が利用されているか、だれに利用されているか、何の目的で利用されているかわかります。When you run either dashboard usage metrics or report usage metrics, you discover how those dashboards and reports are being used throughout your organization; what is being used, by whom, and for what purpose.

注意

利用状況の指標は、SharePoint Online に埋め込まれているレポートの利用状況を記録します。Usage metrics track usage of reports that are embedded in SharePoint Online. ただし、利用状況の指標では、"ユーザー所有資格情報" または "アプリ所有資格情報" フローを介したダッシュボードとレポートの埋め込みは記録されません。However, usage metrics don't track embedding of dashboards and reports via the “user owns credentials” or “app owns credentials” flow. 利用状況の指標は、Web に公開を介して埋め込まれるレポートの利用状況も記録しません。Usage metrics also don't track usage of reports embedding via publish to web.

このような利用状況指標レポートは読み取り専用です。These usage metrics reports are read-only. ただし、"名前を付けて保存" を利用し、利用状況指標レポートを自分用にカスタマイズできます。However, you can personalize a usage metrics report by using "Save as." それによりまったく新しいデータセットが作成され、読み取り専用レポートがすべての機能を備えた、編集可能な Power BI レポートに変換されます。This creates a brand new dataset and converts the read-only report to a full-featured Power BI report that you can edit. 個人用にカスタマイズしたレポートに選択したダッシュボードまたはレポートの指標が含まれるだけでなく、既定のフィルターを削除することで、選択したワークスペースのあらゆるダッシュボードまたはレポートの利用状況指標にアクセスできるようになりました。Not only does the personalized report contain metrics for the selected dashboard or report, but by removing the default filter, you now have access to usage metrics for all dashboards or all reports in the selected workspace. また、エンド ユーザーの名前までも確認できます。And you can even see the names of your end users.

利用状況の指標レポート

利用状況の指標が重要となる理由Why are usage metrics important to me?

コンテンツの利用状況を知ることで、効果を証明し、労力に優先順を付けることができます。Knowing how your content is being used helps you demonstrate your impact and prioritize your efforts. 利用状況の指標からは、たとえば、組織の大部分がレポートの 1 つを毎日利用しており、作成したダッシュボードがまったく閲覧されていないことなどがわかります。Your usage metrics may show that one of your reports is used daily by a huge segment of the organization and it may show that a dashboard you created isn't being viewed at all. このような情報は、仕事に労力を正しく使う上で非常に重要です。This type of feedback is invaluable in guiding your work efforts.

利用状況指標レポートは Power BI サービスだけで実行できます。Running usage metrics reports is only available in Power BI service. しかしながら、利用状況の指標レポートを保存するか、ダッシュボードにピン留めすると、モバイル デバイスでそのレポートを開き、操作できます。However, if you save a usage metrics report or pin it to a dashboard, you can open and interact with that report on mobile devices.

前提条件Prerequisites

  • 利用状況の指標機能は、割り当てられているライセンスに関係なく、すべてのユーザーの利用状況情報を取得します。The usage metrics feature captures usage information from all users, regardless of the license they're assigned. ただし、利用状況の指標データにアクセスし、実行するには、Power BI Pro ライセンスが必要です。However, a Power BI Pro license is required to run and access the usage metrics data.
  • 選択したワークスペースのダッシュボードまたはレポートについて、利用状況指標が提供されます。Usage metrics are provided on dashboards or reports in the selected workspace. 特定のダッシュボードまたはレポートの利用状況の指標にアクセスするには、次のものが必要です。To access usage metrics for a particular dashboard or report, you must:
    • そのダッシュボードまたはレポートへの編集アクセス許可 • Pro ライセンス• Have edit access to that dashboard or report • Have a Pro license

利用状況の指標レポートについてAbout the Usage Metrics report

[利用状況の指標] またはアイコン 利用状況の指標アイコン を選択すると、Power BI によって過去 90 日間のそのコンテンツの利用状況の指標が含まれる事前に作成されたレポートが生成されます。When you select Usage metrics or the icon usage metrics icon, Power BI generates a pre-built report with usage metrics for that content for the last 90 days. このレポートは、使い慣れている Power BI レポートと似ていますが、そのデザインは対話形式でなく、情報提供を目的としています。The report looks similar to the Power BI reports you're already familiar with, but it's designed to be informational -- not interactive. アクセス手段 (Web やモバイル アプリなど) に関係なく、エンド ユーザーがアクセスを受け取った方法に基づいてスライスできます。ダッシュボードやレポートが変わると利用状況指標レポートも変わります。新しいデータで毎日更新されます。You’ll be able to slice based on how your end users received access, whether they were accessing via the web or mobile app, etc. As your dashboards and reports evolve, so too will the usage metrics report, which updates every day with new data.

利用状況の指標レポートは、 [最近][ワークスペース][お気に入り] 、その他のコンテンツ一覧には表示されません。Usage metrics reports won't show up in Recent, Workspaces, Favorites, or other content lists. アプリに追加できません。They cannot be added to an app. 利用状況指標レポートからダッシュボードにタイルを固定すると、そのダッシュボードはアプリやコンテンツ パックに追加できません。If you pin a tile from a usage metrics report to a dashboard, that dashboard cannot be added to an app or content pack.

レポート データを掘り下げて調べたり、データセットに対して独自のレポートを構築したりするには、 [名前を付けて保存] を利用します (「利用状況の指標レポートをフル機能の Power BI レポートとして保存する」を参照してください)。To dig down into the report data, or to build your own reports against the dataset, use Save as (see Save the Usage Metrics report as a full-featured Power BI report).

ダッシュボードまたはレポートの利用状況の指標レポートを開くOpen a Usage Metrics report for a dashboard or report

  1. ダッシュボードまたはレポートを含んでいるワークスペースで起動します。Start in the workspace that contains the dashboard or report.

  2. ワークスペース コンテンツの一覧から、またはダッシュボードまたはレポート自体から、 [利用状況の指標] アイコン 利用状況の指標アイコン を選択します。From either the workspace content list or from the dashboard or report itself, select the icon for Usage metrics usage metrics icon.

    ダッシュボード タブ

    利用状況の指標の選択

  3. これを初めて実行すると、Power BI によって利用状況指標レポートが作成され、準備できると知らされます。The first time you do this, Power BI creates the usage metrics report and lets you know when it's ready.

    指標の準備完了

  4. 結果を開くには、 [使用状況メトリックの表示] を選択します。To open the results, select View usage metrics.

    Power BI のダッシュボードやレポートを展開したり、保守管理したりするとき、利用状況の指標は強力なツールとなります。Usage metrics are a powerful ally as you work to deploy and maintain Power BI dashboards and reports. レポートの中で最も役に立つページはどれか、削除するべきページはどれかわかりますか。Wondering which pages of your report are most useful, and which ones you should phase out? レポート ページ別にスライスすると見つかります。ダッシュボードにモバイル レイアウトを構築するかどうか迷っていますか。Slice by Report page to find out. Wondering if you should build a mobile layout for your dashboard? プラットフォームでスライスすると、モバイル アプリまた Web ブラウザーを使ってコンテンツにアクセスしているユーザーの数がわかります。Slice by Platforms to discover how many users are accessing your content via the mobile apps vs. via web browser.

  5. 必要であれば、視覚エフェクトをポイントしてピン アイコンを選び、ダッシュボードに視覚エフェクトを追加します。Optionally, hover over a visualization and select the pin icon to add the visualization to a dashboard. または、上部のメニュー バーから [ライブ ページをピン留めする] を選び、ページ全体をダッシュボードに追加します。Or, from the top menubar, select Pin Live Page to add the entire page to a dashboard. ダッシュボードからは、さらに簡単に利用状況の指標を監視したり、他のユーザーと共有したりできます。From the dashboard you can monitor the usage metrics more-easily or share them with others.

    注意

    利用状況指標レポートからダッシュボードにタイルを固定すると、そのダッシュボードはアプリやコンテンツ パックに追加できません。If you pin a tile from a usage metrics report to a dashboard, that dashboard cannot be added to an app or content pack.

どの指標が報告されるでしょうか。Which metrics are reported?

指標Metric ダッシュボードDashboard レポートReport 説明Description
Distribution method slicer (配布メソッド スライサー)Distribution method slicer はいyes はいyes どのようにユーザーがコンテンツにアクセスしたか。How users got access to the content. 3 つの使用可能な方法があります。ユーザーはアプリ ワークスペースのメンバーになることによって、コンテンツを共有することによって、またはコンテンツ パック/アプリをインストールすることによって、ダッシュボードまたはレポートにアクセスすることができます。There are 3 possible methods: users can access the dashboard or report by being members of an app workspace, by having the content shared with them, or by installing a content pack/app. アプリを介した表示は、"コンテンツ パック" としてカウントされます。Note that views through an app are counted as "content pack."
Platforms slicer (プラットフォーム スライサー)Platforms slicer はいyes はいyes ダッシュボードまたはレポートに Power BI サービス (powerbi.com) またはモバイル デバイスを使用してアクセスしましたか。Was the dashboard or report accessed via the Power BI service (powerbi.com) or a mobile device? モバイルには、すべての iOS、Android、および Windows アプリが含まれています。Mobile includes all our iOS, Android, and Windows apps.
レポート ページ スライサーReport page slicer いいえno はいyes レポートに複数のページがある場合、表示したページごとにレポートをスライスします。If the report has more than 1 page, slice the report by the page(s) that was viewed. "Blank (空)" にリスト オプションが表示された場合、レポート ページが最近追加されたか (24 時間以内に新しいページの実際の名前がスライサー リストに表示されます)、削除されています。If you see a list option for "Blank," that means a report page was recently added (within 24 hours the actual name of the new page appears in the slicer list) and/or report pages have been deleted. "Blank" とはそのような状況を表現します。"Blank" captures these types of situations.
Views per day (1 日あたりの表示)Views per day はいyes はいyes 1 日の表示の合計数 ‐ 表示はユーザーによるレポート ページまたはダッシュボードの読み込みとして定義されます。Total number of views per day - a view is defined as a user loading a report page or dashboard.
Unique viewers per day (1 日あたりの固有の表示)Unique viewers per day はいyes はいyes ダッシュボードまたはレポートを表示した異なるユーザーの数 (AAD ユーザー アカウントに基づく)。Number of different users who viewed the dashboard or report (based on the AAD user account).
Views per user (ユーザーあたりの表示)Views per user はいyes はいyes 過去 90 日間の表示数をユーザー別に分類したもの。Number of views in the past 90 days, broken down by individual users.
1 日あたりの共有Shares per day はいyes いいえno ダッシュボードが別のユーザーまたはグループと共有された回数。Number of times the dashboard was shared with another user or group.
Total views (総表示数)Total views はいyes はいyes 過去 90 日間の表示の数。Number of views in the past 90 days.
Total viewers (閲覧者合計)Total viewers はいyes はいyes 過去 90 日間の固有の閲覧者の数。Number of unique viewers in the past 90 days.
Total shares (合計共有数)Total shares はいyes いいえno 過去 90 日以内にダッシュボードまたはレポートが共有された回数。Number of times the dashboard or report was shared in the past 90 days.
Total in organization (組織内の合計)Total in organization はいyes はいyes 過去 90 日間、組織全体で少なくとも 1 回表示されたすべてのダッシュボードまたはレポートの数。Count of all dashboards or reports in the entire organization which had at least one view in the past 90 days. 順位付けの計算に使用します。Used to calculate rank.
順位:ビューの合計Rank: Total views はいyes はいyes 過去 90 日間の組織内のすべてのダッシュボードまたはレポートの合計表示回数。これにより、このダッシュボードまたはレポートがランク付けされます。For total views of all dashboards or reports in the organization over the past 90 days, where does this dashboard or report rank.
順位:合計共有数Rank: Total shares はいyes いいえno 過去 90 日間の組織内のすべてのダッシュボードの合計共有回数。これにより、このダッシュボードまたはレポートがランク付けされます。For total shares of all dashboards in the organization over the past 90 days, where does this dashboard or report rank.

ダッシュボードの利用状況の指標レポートDashboard Usage Metrics report

ダッシュボードの利用状況の指標レポート

レポートの利用状況の指標レポートReport Usage Metrics report

レポートの利用状況の指標レポート

名前を付けて保存

[名前を付けて保存] を使用して、利用状況の指標レポートをカスタマイズおよび共有できるフル機能の Power BI レポートに変換します。Use Save as to convert the usage metrics report to a full-featured Power BI report that can be customized and shared. 個人用に設定したコピーを作成した後は、基になるデータセットに完全にアクセスし、特定のニーズに合わせて利用状況の指標レポートをカスタマイズできます。Once you’ve created a personalized copy, you’ll get full access to the underlying dataset, allowing you to customize the usage metrics report to your specific needs. Power BI Desktop を利用し、Power BI サービス機能にライブ接続し、利用状況指標レポートをカスタマイズすることもできます。You can even use Power BI Desktop to build custom usage metrics reports using the live connection to Power BI service feature.

また、基礎データセットには、ワークスペースのすべてのダッシュボードまたはレポートの利用状況詳細が含まれます。Better yet, the underlying dataset includes the usage details for all dashboards or reports in the workspace. これにより、別の可能性が広がります。This opens up yet another world of possibilities. たとえば、利用状況に基づき、ワークスペースのすべてのダッシュボードを比較するレポートを作成できます。You could, for example, create a report which compares all dashboards in your workspace based on usage. あるいは、自分の Power BI アプリに利用状況指標ダッシュボードを作成できます。そのアプリ内で配信されているすべてのコンテンツを対象に利用状況を集計します。Or, you could create a usage metrics dashboard for your Power BI app by aggregating usage across all the content distributed within that app. 下のページ レベル フィルターの削除に関する項を参照してください。See remove the Page level filter below.

"名前を付けて保存" で何が作成されるのかWhat is created when using "Save as"?

Power BI でフル機能のレポートを作成すると、過去 90 日間でアクセスされた、現在のワークスペースに含まれるすべてのダッシュボードまたはすべてのレポートから構成されるデータセットも新規作成されます。When Power BI creates the full-featured report, it also creates a new dataset made up of all the dashboards or all the reports contained in the current workspace that have been accessed in the last 90 days. たとえば、"Sales" という名前のワークスペースに 3 つのダッシュボードと 2 つのレポートが含まれるとき、"Northeast" というダッシュボードで利用状況指標レポートを作成するとします。For example, say you have a workspace named "Sales" and it contains three dashboards and two reports, and you create a usage metrics report on the "Northeast" dashboard. 次に、 [名前を付けて保存] を利用し、カスタマイズしてフル機能レポートに変換します。And then you use Save as to personalize and convert it to a full-featured report. その新しいレポートのデータセットには、 "Northeast" という名前の 1 つのダッシュボードだけでなく、"Sales" ワークスペースの 3 つすべてのダッシュボードの利用状況指標が含まれます。The dataset for that new report contains the usage metrics not only for that one dashboard named "Northeast" but for all three dashboards in the "Sales" workspace. 既定では、レポートには "Northeast" ダッシュボードのデータが表示されます。3 つすべてのダッシュボードのデータを表示するには、フィルターを削除する必要があります (1 回のクリック)。By default, the report displays data for the "Northeast" dashboard and you'll need to remove a filter (single click) to display data for all three dashboards.

"名前を付けて保存" を利用して利用状況レポートのコピーを作成するCreate a copy of the usage report using "Save as"

"名前を付けて保存" (カスタマイズ) を利用してコピーを作成すると、既に構築されていた読み取り専用のレポートがフル機能レポートに変換されます。When you create a copy using "Save as" (personalize), Power BI converts the read-only pre-built report to a full-featured report. 一見するとまったく同じに見えます。At first glance, it looks exactly the same. しかしながら、編集ビューでレポートを開き、新しい視覚効果、フィルター、ページを追加し、既存の視覚効果を変更または削除するなどの操作が可能になります。However, you can now open the report in Editing view, add new visualizations, filters, and pages, modify or delete existing visualizations, and so much more. Power BI により、新しいレポートとデータセットが現在のワークスペースに保存されます。Power BI saves the brand new report and dataset in the current workspace. 次の例では、現在のワークスペースは mihart です。In the example below, the current workspace is mihart.

  1. 既に構築されていた利用状況指標レポートで、 [ファイル] > [名前を付けて保存] の順に選択します。From the pre-built usage metrics report, select File > Save As. 利用状況の指標レポートがフル機能の Power BI レポートに変換されます。Power BI converts the usage metrics report into a full-featured Power BI report. これが個人に合わせてカスタマイズされた利用状況指標レポートです。This is called a personalized usage metrics report. 個人用に設定された利用状況レポートとデータセットは、*mihart という名前の現在のワークスペースに保存されます。The personalized usage report and dataset are saved in the current workspace which is named *mihart.

    名前を付けて保存

  2. 編集ビューでレポートを開き、他の Power BI レポートと同様に操作しますOpen the report in Editing view and interact with it as you would with any other Power BI report. たとえば、新しいページの追加、新しい視覚エフェクトの構築、フィルターの追加、フォントや色の書式設定などを行うことができます。For example, add new pages and build new visualizations, add filters, format the fonts and colors, etc.

    レポートを編集ビューで開く

  3. あるいは、新しいデータセットから始めて、一からレポートを構築します。Alternately, start with the new dataset and build a report from scratch.

    データセット タブ

  4. 新しいレポートが現在のワークスペース (mihart) に保存され、 [最近] コンテンツの一覧にも追加されます。The new report is saved in the current workspace (mihart) and also added to the Recent content list.

    [レポート] タブ

フィルターを削除し、ワークスペースのすべての利用状況指標データを表示するRemove the filter to see all the usage metrics data in the workspace

ワークスペースのすべてのダッシュボードまたはすべてのレポートの指標を表示するには、フィルターを削除する必要があります。To see the metrics for all the dashboards or for all the reports in the workspace, you'll have to remove a filter. 既定では、カスタマイズしたレポートにはフィルターが適用され、その作成に利用されたダッシュボードまたはレポートのみの指標が表示されます。By default, the personalized report is filtered to display metrics for only the dashboard or report that was used to create it.

たとえば、"European sales" という名前のダッシュボードを使用し、レポートを個人用に新しくカスタマイズした場合、"European sales" ダッシュボードの利用状況データのみが表示されます。If, for example, you used the dashboard named "European sales" to create this new personalized report, only usage data from the "European sales" dashboard displays. フィルターを削除し、そのワークスペースのすべてのダッシュボードのデータを有効にするには:To remove the filter, and enable data from all the dashboards in that workspace:

  1. 個人用にカスタマイズしたレポートを編集ビューで開きます。Open the personalized report in Editing view.

    [レポートの編集] の選択

  2. [フィルター] ペインで、[レポート レベル フィルター] バケットを見つけ、"x" を選択してフィルターを削除します。In the Filters pane, locate the Report level filters bucket and remove the filter by selecting the "x".

    フィルターの削除

    これで、個人用にカスタマイズしたレポートには、ワークスペース全体の指標が表示されます。Now your personalized report displays metrics for the entire workspace.

利用状況指標の管理者制御 - Power BI 管理者の場合Admin controls for usage metrics - for Power BI administrators

利用状況の指標レポートは、Power BI または Office 365 の管理者が、オンまたはオフにすることができる機能です。Usage metrics reports are a feature that the Power BI or Office 365 administrator can turn on or off. 管理者は、使用状況指標にアクセスできるユーザーを細かく制御できます。既定では、組織内のすべてのユーザーに対してオンになっています。Administrators have granular control over which users have access to usage metrics; they are On by default for all users in the organization.

  1. Power BI サービスの上部の右にある歯車アイコンを選択し、 [管理ポータル] を選択します。Open the Admin portal by selecting the gear icon in the top-right-corner of Power BI service and choosing Admin portal.

    歯車アイコンの選択

  2. 管理ポータルで、 [テナント設定] を選択し、 [コンテンツ作成者用の使用状況メトリック] を選択します。From the Admin portal, select Tenant settings and choose Usage metrics for content creators.

    管理ポータル

  3. 利用状況の指標を有効 (または無効) にして、 [適用] を選択します。Enable (or disable) usage metrics and select Apply.

    有効になった利用状況指標

既定では、ユーザーごとのデータは利用状況の指標に対して有効であり、コンテンツ作成者のアカウント情報は指標レポートに含まれます。By default, per-user data is enabled for usage metrics, and content creator account information is included in the metrics report. 一部またはすべてのユーザーに対してこの情報を含めない場合は、指定したセキュリティ グループまたは組織全体に対してこの機能を無効にします。If you don’t want to include this information for some or all users, disable the feature for specified security groups or for an entire organization. アカウント情報は、 [名前なし] としてレポートに表示されます。Account information then shows in the report as Unnamed.

組織全体の使用状況指標を無効にすると、管理者は既存の使用状況指標コンテンツをすべて削除するオプションを利用し、使用状況指標のレポートとデータセットを利用して構築された既存のレポートとダッシュボード タイルをすべて削除できます。When disabling usage metrics for their entire organization, admins can use the delete all existing usage metrics content option to delete all existing reports and dashboard tiles that were built using the usage metrics reports and datasets. このオプションで、組織の全ユーザーを対象に、既に利用している場合でも、使用状況指標データの全アクセスが削除されます。This option removes all access to usage metrics data for all users in the organization who may already be using it. 削除した使用状況指標コンテンツは元に戻せないので注意が必要です。Be careful, because deleting existing usage metrics content is irreversible.

国内クラウドの使用状況指標Usage metrics in national clouds

Power BI は別個の国内クラウドで利用できます。Power BI is available in separate national clouds. これらのクラウドでは、同じレベルのセキュリティ、プライバシー、コンプライアンスおよび地方の規制サービスの提供、データの保存場所、アクセス、およびコントロールに対応する独自モデルと組み合わせて、Power BI のグローバル バージョンとしての透過性を提供します。These clouds offer the same levels of security, privacy, compliance and transparency as the global version of Power BI, combined with a unique model for local regulations on service delivery, data residency, access, and control. この各国規制に応じた独自モデルにより、国内クラウドで使用状況指標は使用できません。Due to this unique model for local regulations, usage metrics are not available in national clouds. 詳しくは、国内クラウドに関するページをご覧ください。For more information, see national clouds.

考慮事項と制限事項Considerations and limitations

利用状況の指標と監査ログを比較したときに違いが生じる可能性があること、またその理由について理解することが重要です。It's important to understand that differences that can occur when comparing usage metrics and audit logs, and why. "監査ログ" は Power BI サービスからのデータを使用して収集され、"利用状況の指標" はクライアント上で収集されます。Audit logs are collected using data from the Power BI service, and Usage metrics are collected on the client. その違いのため、次の理由により、監査ログのアクティビティの集計カウントが利用状況の指標と一致しない場合があります。Because of that difference, aggregate counts of activities in audit logs may not always match usage metrics, because of the following:

  • 一貫性のないネットワーク接続やアド ブロッカー、またはクライアントからのイベントの送信を妨害する可能性があるその他の問題が原因で、利用状況の指標がアクティビティを少なくカウントする場合があります。Usage metrics may sometimes undercount activities due to inconsistent network connections, ad blockers, or other issues that can disrupt sending the events from the client.
  • この記事で前述したように、特定の種類のビューは利用状況の指標に含まれません。Certain types of views are not included in usage metrics, as described earlier in this article.
  • Power BI サービスに要求を送り返すことなくクライアントが更新を行う状況では、利用状況の指標がアクティビティを多くカウントする場合があります。Usage metrics may sometimes overcount activities, in situations where the client refreshes without the need for a request being sent back to the Power BI service.

よく寄せられる質問Frequently asked questions

利用状況の指標と監査ログの間の潜在的な違いに加えて、利用状況の指標に関する以下の質問と回答がユーザーや管理者に役立つ場合があります。In addition to potential differences between usage metrics and audit logs, the following questions and answers about usage metrics may be helpful for users and administrators:

質問: ダッシュボードまたはレポートで利用状況の指標を実行できません。Q: I can't run usage metrics on a dashboard or report

回答: 利用状況の指標が表示されるのは、自分が所有するコンテンツか編集アクセス許可が与えられているコンテンツのみです。A: You can only see usage metrics for content you own or have permissions to edit.

質問: 利用状況の指標は、埋め込みのダッシュボードやレポートからビューを取り込みますか。Q: Do usage metrics capture views from embedded dashboards and reports?

回答: 現在、利用状況の指標では、埋め込まれたダッシュボード、レポート、Web への公開フローに関する利用状況の取り込みはサポートされていません。A: Usage metrics currently does not support capturing usage for embedded dashboards, reports, and the publish to web flow. これらについては、既存の Web 分析プラットフォームを使って、ホストしているアプリまたはポータルの利用状況を追跡することをお勧めします。In those cases, we recommend using existing web analytics platforms to track usage for the hosting app or portal.

質問: コンテンツに関係なく利用状況の指標をまったく実行できません。Q: I can't run usage metrics on any content at all.

回答 1: 管理者は組織に対してこの機能をオフにすることができます。A1: Admins can turn off this feature for their organization. 管理者に問い合わせ、オフにしていないか確認してください。Contact your Admin to see if this is the case.

回答 2: 利用状況の指標は Power BI Pro の機能です。A2: Usage metrics is a Power BI Pro feature.

質問: データが最新の状態ではないようです。Q: The data doesn't seem up-to-date. たとえば、配布方法が表示されない、レポートのページがないなど。For example, distribution methods don't show up, report pages are missing, etc.

回答: データを更新するには、最大で 24 時間かかります。A: It can take up to 24 hours for data to update.

質問: ワークスペースにレポートが 4 つありますが、利用状況の指標レポートに 3 とだけ表示されます。Q: There are four reports in the workspace but the usage metrics report only displays three.

回答: 利用状況指標レポートには、過去 90 日間にアクセスされたレポート (またはダッシュボード) のみが含まれます。A: The usage metrics report only includes reports (or dashboards) that have been accessed in the past 90 days. レポート (またはダッシュボード) が表示されない場合、90 日以上使用されていない可能性があります。If a report (or dashboard) does not show up, likely it hasn't been used in more than 90 days.

次の手順Next steps

ダッシュボードをお気に入りにするFavorite a dashboard

他にわからないことがある場合は、More questions? Power BI コミュニティを利用してくださいTry the Power BI Community