Power BI での相対日付のスライサーおよびフィルターの作成Creating a relative date slicer and filter in Power BI

適用対象: 適用対象外: 向けの Power BI サービス 適用対象: デザイナーおよび開発者向けの Power BI サービス 適用対象: Power BI Desktop 適用対象外: Pro ライセンスまたは Premium ライセンスが必要 APPLIES TO: Does not apply to.Power BI service for consumers Applies to.Power BI service for designers & developers Applies to.Power BI Desktop Does not apply to.Requires Pro or Premium license

相対日付スライサーまたは相対日付フィルターでは、データ モデルの任意の日付列に時間ベースのフィルターを適用することができます。With the relative date slicer or relative date filter, you can apply time-based filters to any date column in your data model. たとえば、相対日付スライサーを使って、過去 30 日間 (または 1 か月、カレンダー月など) に発生した販売データのみを表示できます。For example, you can use the relative date slicer to show only sales data that's happened within the last 30 days (or month, calendar months, and so on). データを更新すると、相対期間によって適切な相対日付制約が自動的に適用されます。When you refresh the data, the relative time period automatically applies the appropriate relative date constraint.

相対日付スライサーを指す矢印を示すレポートのスクリーンショット。

Power BI を使用する同僚とレポートを共有するには、それぞれのユーザーが個別の Power BI Pro ライセンスを持っているか、レポートが Premium 容量に保存されている必要があります。To share your report with a Power BI colleague requires that you both have individual Power BI Pro licenses or that the report is saved in Premium capacity.

相対日付範囲スライサーを作成するCreate the relative date range slicer

他のスライサーと同じように相対日付スライサーを使用できます。You can use the relative date slicer just like any other slicer. レポートのスライサー ビジュアルを作成し、 [フィールド] 値の日付値を選択します。Create a slicer visual for your report and then select a date value for the Field value. 次の図では、"OrderDate" フィールドが選択されています。In the following image, we selected the OrderDate field.

スライサー ビジュアル アイコンとフィールドを指す矢印を示す [視覚化] ウィンドウのスクリーンショット。

キャンバス上のスライサー、そしてスライサー ビジュアルの右上隅にあるカラットの順に選択します。Select the slicer on your canvas and then the carat in the upper-right corner of the slicer visual. ビジュアルに日付データが含まれる場合、メニューには相対のオプションが表示されます。If the visual has date data, the menu displays the option for Relative.

カラットの周りに呼び出しがあるスライサー ビジュアルと、相対を指す矢印のスクリーンショット。

相対日付スライサーの場合は、"相対" を選びます。For the relative date slicer, select Relative.

その後、設定を選択できます。You can then select the settings.

"相対日付スライサー" の最初の設定には、次の選択肢があります。For the first setting in the relative date slicer, you have the following choices:

最初の設定が呼び出されている相対構成オプションのスクリーンショット。

  • 最後Last
  • 次へNext
  • このThis

"相対日付スライサー" の 2 番目 (真ん中) の設定では、数字を入力して、相対的な日付範囲を定義できます。The second (middle) setting in the relative date slicer lets you enter a number to define the relative date range.

2 番目の設定が呼び出されている相対構成オプションのスクリーンショット。

3 番目の設定では、日付の測定値を選択できます。The third setting lets you pick the date measurement. 次の選択肢があります。You have the following choices:

3 番目の設定が呼び出されている相対構成オプションのスクリーンショット。

  • Days
  • Weeks
  • 週 (暦)Weeks (Calendar)
  • MonthsMonths
  • 月 (暦)Months (Calendar)
  • Years
  • 年 (暦)Years (Calendar)

一覧から "" を選択して、真ん中の設定で 2 と入力した場合、次のような状態になります。If you select Months from that list, and enter 2 in the middle setting, here's what happens:

  • 今日が 7 月 20 日の場合:If today is July 20:

    • スライサーによって制約されるビジュアルに含まれているデータには、前の 2 か月間のデータが表示されますThe data included in visuals constrained by the slicer will show data for the previous two months,
    • 5 月 21 日から 7 月 20 日 (今日の日付) までStarting on May 21 and going through July 20 (today's date).

一方、"月 (暦) " を選択すると、制約されたビジュアルに、5 月 1 日から 6 月 30 日 (過去 2 カレンダー月) までのデータが表示されます。In comparison, if you selected Months (Calendar), the visuals constrained would show data from May 1 through June 30 (the last two complete calendar months).

相対日付範囲フィルターを作成するCreate the relative date range filter

レポート ページまたはレポート全体の相対日付範囲フィルターを作成することもできます。You can also create a relative date range filter for your report page or your entire report. そのためには、日付フィールドを [フィールド] ウィンドウの [ページ レベル フィルター] または [レポート レベル フィルター] にドラッグします。To do so, drag a date field into the Page level filters well or the Report level filters well in the Field pane:

[ページ レベル フィルター] にドラッグされている OrderDate フィールドのスクリーンショット。

すると、相対日付範囲を変更することができます。Once there, you can change the relative date range. 相対日付スライサーをカスタマイズするのと同様の方法です。It's similar to how you can customize the relative date slicer. [フィルターの種類] ドロップダウンから [相対日付フィルター] を選びます。Select Relative date filtering from the Filter Type drop-down.

[フィルターの種類] ドロップダウンと [相対日付フィルター] 上のマウス ポインターを示すスクリーンショット。

[相対日付フィルター] を選択すると、スライサーと同様に、真ん中の数値ボックスを含む 3 つのセクションが変わるのがわかります。Once you've selected Relative date filtering, you see three sections to change, including a middle numeric box, just like the slicer.

[次の値のときに項目を表示] オプションを指す矢印を示す [レポート レベル フィルター] のスクリーンショット。

制限事項と考慮事項Limitations and considerations

現在、相対日付範囲スライサーとフィルターには次の制限事項と考慮事項が適用されています。The following limitations and considerations currently apply to the relative date range slicer and filter.

  • スライサーのフィールドのデータ型は、既定のテキストではなく日付である必要があります。The data type for the field in the slicer must be a date, and not the default of text. そうしないと、関連するオプションがスライサーに表示されません。Otherwise, the relative options don't show up in the slicer.
  • Power BI のデータ モデルには、タイム ゾーン情報が含まれていません。Data models in Power BI don't include time zone info. モデルは時間を保存できますが、タイム ゾーンの指定はありません。The models can store times, but there's no indication of the time zone they're in.
  • スライサーとフィルターは、常に協定世界時 (UTC) に基づいています。The slicer and filter are always based on the time in UTC. レポートでフィルターを設定して、別のタイム ゾーンにいる同僚に送る場合、双方とも同じデータが表示されます。If you set up a filter in a report and send it to a colleague in a different time zone, you both see the same data. UTC タイム ゾーンを使用していない場合は、ご自分と同僚との間の時刻のずれを考慮する必要があります。Unless you are in the UTC time zone, you and your colleague must account for the time offset you experience.
  • クエリ エディターを使って、キャプチャされたデータを現地のタイム ゾーンから UTC に変換できます。You can convert data captured in a local time zone to UTC using the Query Editor.

次の手順Next steps