Power BI の放射状ゲージ グラフ

適用対象: 適用対象外: 向けの Power BI サービス 適用対象: デザイナーおよび開発者向けの Power BI サービス 適用対象: Power BI Desktop 適用対象外: Pro ライセンスまたは Premium ライセンスが必要

注意

スマート説明の視覚エフェクトは、Power BI Desktop と Power BI サービスの両方で作成および表示できます。 この記事の手順と図は、Power BI Desktop のものです。

放射状ゲージ グラフには、1 つの円弧があり、目標または主要業績評価指標 (KPI) に向けた進行状況を測定した 1 つの値が表示されます。 線 (指針) によって目標 (ターゲット値) が示されます。 網掛け表示は、その目標への進行状況を示します。 円弧の内側の値は進行状況の値を示します。 Power BI では、考えられるすべての値は、最小値 (左端の値) から最大値 (右端の値) に向けて、円弧に沿って均等に割り振られます。

放射状ゲージのスクリーンショット。

この例は、自動車販売店を想定したもので、営業部門の月平均売上の推移を追跡記録しています。 指針には、140 台の売上目標が示されています。 考えられる最小の平均売上は 0 であり、最大売上は 200 です。 青色の網掛けは、現時点でチームの今月の平均売上が約 120 に達していることを示しています。 幸いなことに、目標に到達するまでに、まだ 1 週間の猶予があります。

注意

Power BI を使用する同僚とレポートを共有するには、それぞれのユーザーが個別の Power BI Pro ライセンスを持っているか、レポートが Premium 容量に保存されている必要があります。

放射状ゲージを使用すべきケース

次の場合は、放射状ゲージが最適な選択になります。

  • 目標に向けた進行状況を示す。

  • 百分位の測定値を表す (KPI など)。

  • 1 つの測定基準の正常性を示す。

  • すばやく精査して把握できる情報を表示する。

前提条件

このチュートリアルでは、財務サンプルの Excel ファイルを使用します。

  1. メニューバーの左上にある [データを取得] > [Excel] を選択します。

  2. 財務サンプルの Excel ファイル のコピーを見つけます。

  3. 財務サンプルの Excel ファイル をレポート ビュー レポート ビュー アイコンのスクリーンショット。 で開きます。

  4. [財務] および [Sheet1] を選択します。

  5. [読み込み] をクリックします。

  6. 選択 黄色のタブのスクリーンショット。 を選択して、新しいページを追加します。

基本的な放射状ゲージを作成する

手順 1:総売上を追跡するためにゲージを作成する

  1. 空のレポート ページで開始します。

  2. [フィールド] ウィンドウから、 [Gross Sales] を選択します。

    財務テーブルが展開され、総売上が選択されている

  3. 集計を [平均] に変更します。

    [Gross Sales] と [平均] が強調された [フィールド] ウィンドウのスクリーンショット。

  4. ゲージ アイコン ゲージ アイコンのスクリーンショット。 を選択して、縦棒グラフをゲージ グラフに変換します。

    ゲージ グラフのスクリーンショット。

    財務サンプル をいつダウンロードしたかに応じて、これらの数字とは異なる数字が表示される場合があります。

    ヒント

    既定では、Power BI は、現在の値 (この例では、 [Average of Gross Sales] ) がゲージの中間点に当たると仮定してゲージ グラフを生成します。 [Average of Gross Sales] が 182.76K ドルであるため、開始値 (最小値) は 0 に設定され、終了値 (最大値) は現在の値の 2 倍に設定されます。

手順 3:対象値を設定する

  1. [フィールド] ウィンドウから、 [COGS][目標値] にドラッグします。

  2. 集計を [平均] に変更します。

    Power BI により、ターゲット値の 145.48K ドル を示す指針が追加されます。

    [Average of COGS] が追加されたゲージ グラフのスクリーンショット。

    ターゲットを超えていることに注目してください。

    注意

    対象値も手動で入力できます。 「手動の書式オプションを使用して、最小値、最大値、目標値を設定する」セクションを参照してください。

手順 4.最大値を設定する

手順 2 では、Power BI は [値] フィールドを使用して、自動的に最小値と最大値を設定しました。 独自の最大値を設定するには、どうすればよいのでしょうか。 可能な最大値として、現在の 2 倍の値を使用するのではなく、データセット内で最大の総売上額を設定することにしましょう。

  1. [フィールド] ウィンドウから、 [最大値][Gross Sales] もドラッグします。

  2. 集計を [最大値] に変更します。

    [Gross Sales] と [最大値] が強調された [フィールド] ウィンドウのスクリーンショット。

    ゲージは、新しい終了値 (総売上 121 万) で再描画されます。

    完成したゲージ グラフのスクリーン ショット。

手順 5.レポートの保存

  1. レポートを保存します。

手動の書式オプションを使用して、最小値、最大値、目標値を設定する

  1. [最大値][総売上] もドラッグします。

  2. ペイント ローラー アイコンを選択して、 [書式] ウィンドウを開きます。

    ゲージ グラフと、ペイント ローラー アイコンが強調された [書式] ウィンドウのスクリーンショット。

  3. [ゲージの軸] を展開し、 [最小][最大] の値を入力します。

    [ゲージの軸] オプションのスクリーンショット。

  4. [フィールド] ウィンドウで [COGS] オプションをオフにして、目標値を削除します。

    オフにした [COGS] オプションのスクリーンショット。

  5. [ゲージの軸] の下に [Target] フィールドが表示されたら、値を入力します。

    [Target] が強調された [ゲージの軸] オプションのスクリーンショット。

  6. 必要に応じて、ゲージ グラフの書式設定を続けます。

これらの手順が完了すると、次のようなゲージ グラフが表示されます。

完成したゲージ グラフのスクリーンショット。

次のステップ

他にわからないことがある場合は、 Power BI コミュニティを利用してください