PowerApps から Excel に接続するConnect to Excel from PowerApps


Excel は接続のようなものです。Excel is kind of a connection. アプリで Excel データを表示するには:To display Excel data in your app:

  1. Excel データをテーブルとして書式設定します。Format the Excel data as a table.
  2. Excel ファイルをクラウド ストレージ アカウント (Box、Dropbox、Google Drive、OneDrive、OneDrive for Business など) に保存します。Store the Excel file in a cloud-storage account, such as Box, Dropbox, Google Drive, OneDrive, and OneDrive for Business.
  3. クラウド ストレージ アカウントに接続し、データ ソースとして Excel テーブルを追加します。Connect to the cloud-storage account, and then add the Excel table as a data source.
  4. アプリを自動的に生成するか、またはギャラリー コントロールのようなものを追加して構成することで、この情報を表示します。Display this information in your app by generating an app automatically or by adding and configuring, for example, a Gallery control.


PowerApps から Excel テーブルに接続すると、PowerApps は _*PowerAppsId_* という新しい列を作成します。Excel テーブルの各行には一意の ID が付けられます。Once you connect to your Excel table from PowerApps, PowerApps will create a new column called _*PowerAppsId_*, with a unique ID for each row of your Excel table.

クラウド ストレージ接続の概要」では、接続を追加し、データ ソースとして Excel テーブルを追加して、アプリで Excel のデータを使う方法が示されています。Overview of the cloud-storage connection shows you how to add the connection, add an Excel table as a data source, and use the Excel data in your app.

他の種類のデータに接続する方法については、PowerApps の接続の一覧をご覧ください。For information about how to connect to other types of data, see the list of connections for PowerApps.

既知の制限Known limitations

お客様の組織内の Excel データを共有する方法の詳細については、これらの制限をご確認くださいFor information about how to share Excel data within your organization, review these limitations.