キャンバス アプリ パッケージのエクスポートとインポート

この記事では、キャンバス アプリをエクスポートおよびインポートする方法を学習します。

パッケージを使用して、キャンバス アプリをエクスポートおよびインポートできます。 この機能を使用すると、ある環境からアプリをエクスポートし、別の環境にインポートできます。 キャンバス アプリ パッケージをエクスポートおよびインポートする場合は、使用可能なオプションに最適なシナリオを検討してください。 例えば、場所を このコンピューター として選択すると、名前を付けて保存 オプションを使用してキャンバス アプリをローカルに保存できます。 保存されたファイルにはファイル名の拡張子 .msapp が付きます。 このファイルには、Power Automate で作成され、保存したアプリで使用されるフローなどの追加コンポーネントは含まれません。 この方法を使用して既存のアプリのコピーを作成できますが、パッケージに 追加リソース を含む、推奨されるエクスポートおよびインポート機能を使用できます。 エクスポートとインポート パッケージのファイル形式は .zip です。

重要

  • Microsoft Power Platform 環境内の ALM 機能については、キャンバス アプリ パッケージのエクスポートとインポートではなく、Common Data Service と ソリューションを使用します。 詳細: ALM の概要
  • キャンバス アプリ パッケージは、パッケージの非互換性のため、Common Data Service ソリューション パッケージ では使用できません。

パッケージに含まれるリソース

アプリは、さまざまなリソースを使用する可能性があります。 たとえば、ほとんどのアプリは接続を使用します。 他のアプリでは、Power Automate を使用したり、カスタム コネクタを準備したり、あるいはゲートウェイを使用してオンプレミスのリソースに接続したりできます。 一部のアプリは Common Data Service のカスタマイズを使用することもできます。

次の表では、さまざまなリソース タイプ、サポータビリティ、インポート オプションを説明します。

リソースの種類 サポートされています インポート オプション
App はい、キャンバス アプリの場合 環境にアプリをインポートするには、2 つのオプションがあります。
  • 新規作成: パッケージがインポートされた環境に新しいアプリとしてアプリが作成されます。
  • 更新: アプリが環境に既に存在し、このパッケージのインポート時に更新されます。
Power Automate あり 環境にフローをインポートするには、2 つのオプションがあります。
  • 新規作成: パッケージがインポートされた環境に新しいフローとしてフローが作成されます。
  • 更新: フローが環境に既に存在し、このパッケージのインポート時に更新されます。

注: フローが依存するすべてのリソースは、エクスポートされるアプリ パッケージにも含まれますが、パッケージのインポート時に構成する必要があります。

ソリューションを使用して、フローをエクスポートおよびインポートすることもできます。 詳細: Power Automate のソリューション
カスタム コネクタ No カスタム コネクタのエクスポートはサポートされていません。 ターゲット環境でカスタム コネクタを再作成する必要があります。
接続 No 接続のエクスポートはサポートされていません。 ターゲット環境で接続を再作成する必要があります。
Common Data Service のカスタマイズ No キャンバス アプリ パッケージの一部として Common Data Service のカスタマイズのエクスポートはサポートされていません。 Common Data Service ソリューションを代わりに使用する必要があります。 詳細: Common Data Service のソリューション
ゲートウェイ No ゲートウェイをエクスポートまたはインポートすることはできません。 ターゲット環境でゲートウェイを再作成する必要があります。

キャンバス アプリ パッケージのエクスポートに必要な権限

アプリの 所有者 または 共同所有者 のみ、キャンバス アプリ パッケージをエクスポートできます。 アプリをインポートするには、環境メーカー アクセス許可が移行先の環境で必要です。

キャンバス アプリ パッケージのエクスポート

キャンバス アプリ パッケージをエクスポートするには、アプリを選択してから、エクスポート パッケージ を選択します。

エクスポート チュートリアルの例を含むエクスポート パッケージの GIF デモ

キャンバス アプリが使用するリソースごとに既定の インポート アクション を変更できます。 アプリを含むキャンバス アプリ パッケージ内のリソースの既定のアクションは、更新 です。 インポート中に 新規として作成 を選択して、既存のリソースを更新する代わりに、インポート中にリソースを作成できます。 ただし、選択したインポート アクションは、アプリのインポート中の既定のアクションになります。

重要

エクスポートされたパッケージのみインポートできます。 エクスポートされたパッケージ ファイルへの変更はサポートされていません。

キャンバス アプリ パッケージをエクスポートするには

  1. Power Apps にサインインします。

  2. 左側のウィンドウから、アプリを選択します。

  3. エクスポートするアプリを選択します。

  4. エクスポート パッケージ を選択します。

    エクスポートの選択

  5. パッケージの 名前説明 を入力します。 必要に応じて 環境 名も変更できます。

    パッケージの詳細の確認

  6. 更新 を選択して、アプリ パッケージ リソースのインポート アクションを選択します。

    パッケージ コンテンツ アクションの構成

  7. インポート中にアプリを作成する必要がある場合は 新規として作成 を選択し、既存のアプリを更新するには 更新 を選択します。

    インポート設定

    注意

    インポート設定 アクション テキストは、新しい選択に応じて変化します。

  8. アプリ パッケージの追加リソースごとに、前の手順を繰り返します。

  9. (オプション) コメント アイコンのインポート (コメント アイコン) を選択して、各リソースにコメントを挿入します。

    コメントをインポート

  10. エクスポート を選択して、パッケージをエクスポートします。

パッケージは、ブラウザーの既定のダウンロード フォルダーにダウンロードされます。

キャンバス アプリ パッケージのインポート

キャンバス アプリ パッケージをインポートするには、キャンバス アプリのインポート を選択します。 アプリ パッケージ リソースごとに正しいアクションを選択してください—たとえば、アプリまたはフローの新しいインスタンスを作成します。 アプリ パッケージのエクスポート中に入力されたコメントの追加情報を読むこともできます。

エクスポート チュートリアルの例を含むインポート パッケージの GIF デモ

既存のアプリまたはリソースを更新する場合は、必ずアプリを 公開 して、ユーザーが変更を確認できるようにします。

ヒント

各リソースの種類のアイコンの変更を表示することで、アプリ パッケージをインポートする前に選択内容をすばやく確認できます。

アイコン 内容
Create as new 新規として作成: 新しいリソースが作成されます。
Import action changed インポート アクションが変更されました: リソースのインポート アクションが変更されました。
Action required 必要なアクション: アプリ パッケージをインポートする前に、インポート アクションを選択する必要があります。

キャンバス アプリ パッケージをインポートするには

  1. Power Apps にサインインします。

  2. 左側のウィンドウから、アプリを選択します。

  3. キャンバス アプリをインポートします。

    インポートの選択

  4. アップロード を選択して、インポートするアプリ パッケージ ファイルを選択します。

  5. リソースの インポート設定 アクション、または レンチ アイコン を選択します。

    インポート アクションの選択

    • 新規として作成 を選択すると、リソース名を変更できます。

      インポート アクションの選択 - リソース名

    • 更新 を選択した場合は、 インポート中に更新するアプリを選択します。

      インポート アクションの選択 - 更新

  6. アプリ パッケージの追加リソースごとに、前の手順を繰り返します。

  7. (オプション) アプリ パッケージに 接続 への参照が含まれている場合、使用可能な接続リストから接続を選択できます。

    インポート中に接続を選択

    インポート中に選択 を選択し、適切な接続を選択します。

    つながりの選択

    注意

    使用可能な接続がない場合、または必要な接続がリストにない場合は、新規作成 を選択して、新しいブラウザー タブで新しい接続を作成します。必ず正しいリソースの種類の接続を作成してください。 接続を作成したら、インポート アプリのブラウザー タブに戻り、リストの更新 を選択し、新しく作成された接続を反映して選択します。

  8. (オプション) アプリ パッケージのエクスポート中にリソースにコメントが入力された場合、コメント アイコンが塗りつぶされて表示され、カーソルを合わせるとテキスト コメントあり が表示されます。 コメントを選択して表示します。

    閲覧可能なコメント

  9. アプリ パッケージをインポートするには、インポート を選択します。

    重要

    既存のアプリの 更新 を選択すると、新しい変更はアプリのドラフトとして保存されます。 ユーザーが変更を確認できるようにアプリを 公開 する必要があります。

関連項目