Exchange Online PowerShell

Exchange Online PowerShell は管理インターフェイスで、コマンド ラインから組織Microsoft Exchange Online管理できます。 たとえば、Exchange Online PowerShell を使用してメール フロー ルール (トランスポート ルールとも呼ばれる) とコネクタを構成できます。 次の記事では、Exchange Online PowerShell の使用に関する情報を提供します。

  • 最新の認証と多要素認証 (MFA) の両方をサポートする Exchange Online 組織にリモート PowerShell セッションを作成するには 、「Connect to Exchange Online PowerShell」を参照してください

  • Exchange Online 組織への PowerShell アクセスを防止または許可するには、「Exchange Online PowerShell へのアクセスを有効または無効にする 」を参照してください

  • Exchange Online PowerShell のコマンドレットリファレンス記事の構造とレイアウトについては、「Exchange コマンドレットの構文」 を参照してください

  • 特定のコマンドレットまたはコマンドレットで 1 つ以上のパラメーターを実行するために必要なアクセス許可を検索するには、「Exchange コマンドレットを実行するために必要なアクセス許可を検索する」 を参照してください

  • Exchange Online PowerShell の受信者フィルターの詳細については、「Exchange 管理シェルの受信者フィルター」および 「Exchange Online PowerShell コマンド」を参照してください

  • AzureAD アプリケーションと自己署名証明書を使用した無人スクリプトの Exchange Online PowerShell での認証の詳細については 、「EXO V2モジュールの無人スクリプトのアプリ専用認証」を参照してください。

  • EXO V2 モジュールコマンドレットのプロパティ セットの詳細については 、「Exchange Online PowerShell V2コマンドレットのプロパティ セット」を参照してください。