Windows Server AppFabric コマンドレットを使用してエンドポイントを構成する

このトピックでは、AppFabric コマンドレットを使用してサービスのエンドポイントを構成する方法について説明します。

ヒント

AppFabric コマンドレットを手動で実行するには、AppFabric 用の Windows PowerShell コンソールを開き、適切なコマンドレットを入力し、Enter キーを押します。コマンドレットの実行の詳細については、「Windows Server AppFabric コマンドレットの実行」を参照してください。このドキュメントの構文ステートメントで使用されるクラスや一般的なパラメーターに関する情報については、「Windows Server AppFabric 用 Windows PowerShell リファレンス」を参照してください。

サービスのエンドポイントを設定するには

AppFabric 用の Windows PowerShell コンソールで、Set-ASAppServiceEndpoint コマンドレットを実行してエンドポイントを変更します。更新されたエンドポイント構成を表す ServiceEndpointInfo が返されます。この操作によって、ローカル (指定したスコープ) に構成されたサービスに限り、エンドポイントのアドレスを変更できます。

Set-ASAppServiceEndpoint コマンドレットの構文オプションは次のとおりです。

構文 1

Set-ASAppServiceEndpoint -SiteName <string> -VirtualPath <string> –Address <string> -BindingName <string> -ContractName <string> -NewAddress <string>

構文 2

Set-ASAppServiceEndpoint -Uri <string> –Address <string> -BindingName <string> -ContractName <string> -NewAddress <string>

構文 3

Set-ASAppServiceEndpoint -ServiceObject <ServiceInfo> –Address <string> -BindingName <string> -ContractName <string> -NewAddress <string>
パラメーター 説明

-SiteName (省略可能)

エンドポイントを構成する対象のサービスを含むサイトの名前を指定します。指定した場合、-Uri または –ServiceObject はいずれも指定することができません。

-VirtualPath (省略可能)

エンドポイントを構成する対象のサービスまたはそのサービスを含むアプリケーションの仮想パスを指定します。たとえば、/MyDir1/MyApp1/POService.svc のように指定します。–Uri または –ServiceObject を指定しない場合に、-SiteName と共に使用する省略可能なパラメーターです。

-Uri (省略可能)

エンドポイントを構成する対象のサイト、アプリケーション、またはサービスへの URI を指定します。指定した場合、–SiteName、-VirtualPath、または –ServiceObject はいずれも指定することができません。

-ServiceObject (省略可能)

エンドポイントを構成する対象のサービスを判別するために使用する ServiceInfo オブジェクトを指定します。指定した場合、–SiteName、-VirtualPath、または –Uri はいずれも指定することができません。このパラメーターは主にパイプ シナリオで使用されます。詳細については、「Windows Server AppFabric 用 Windows PowerShell リファレンス」を参照してください。

–Address <string>

変更するエンドポイントの現在のアドレス。

-BindingName <string>

変更するエンドポイントのバインド。

-ContractName <string>

変更するエンドポイントのコントラクト。

-NewAddress <string>

エンドポイントの新しいアドレス。

エンドポイントのトランスポート クォータを設定するには

AppFabric 用の Windows PowerShell コンソールで、Set-ASAppServiceEndpointTransportQuota コマンドレットを実行してエンドポイントのトランスポート クォータを構成します。エンドポイントに既にローカルのバインド構成が設定されている場合は、指定したトランスポート クォータ属性を使用して設定が更新されます。

Set-ASAppServiceEndpointTransportQuota コマンドレットの構文オプションは次のとおりです。

構文 1

Set-ASAppServiceEndpointTransportQuota -Address<string> -Binding<string> -Contract<string> [–ListenBacklog][–MaxBufferPoolSize][–MaxBufferSize][–MaxConnections][–MaxReceivedMessageSize]

構文 2

Set-ASAppServiceEndpointTransportQuota –ServiceEndpointObject <ServiceEndpointInfo> [–ListenBacklog][–MaxBufferPoolSize][–MaxBufferSize][–MaxConnections][–MaxReceivedMessageSize]

構文 3

Set-ASAppServiceEndpointTransportQuota -Address<string> -Binding<string> -Contract<string> -Use Defaults

構文 4

Set-ASAppServiceEndpointTransportQuota –ServiceEndpointObject <ServiceEndpointInfo> -Use Defaults
パラメーター 説明

-Address<string> -Binding<string> -Contract<string> (ServiceEndpointObject を使用しない場合は必須)

エンドポイントのアドレス、バインド、およびコントラクトを指定します。

-ServiceEndpointObject <ServiceEndpointInfo> (アドレス、バインド、およびコントラクトを使用しない場合は必須)

Windows Server AppFabric 用 Windows PowerShell リファレンス」を参照してください。

-Use Defaults

-ListenBacklog、-MaxBufferPoolSize、–MaxBufferSize、–MaxConnections、および -MaxReceivedMessageSize に既定のパラメーター値を使用します。

-ListenBacklog、-MaxBufferPoolSize、–MaxBufferSize、–MaxConnections、および -MaxReceivedMessageSize

トランスポート クォータ構成、既定値、特定のバインドに使用するパラメーター、および各パラメーターの定義の詳細については、「トランスポート クォータ」 (http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=160232) を参照してください。

このコマンドレットの詳細については、「Set-ASAppServiceEndpointTransportQuota」を参照してください。

  2011-12-05