Office 2010 のシステム要件

 

適用先: Office 2010

トピックの最終更新日: 2016-11-29

Microsoft Office の旧バージョンから Microsoft Office 2010 にアップグレードする場合は、現在のシステム要件を確認してください。

Office 2003 または 2007 Microsoft Office system から Office 2010 にアップグレードする場合、ハードウェアのアップグレードは必要ありませんが、サポートするオペレーティング システムへのアップグレードが必要になることがあります。Office 2000 または Office XP から Office 2010 にアップグレードする場合、お使いのハードウェアとオペレーティング システムが Office 2010 スイートのシステムの最小要件を満たすことを確認する必要があります。

この記事の内容

  • 概要

  • Microsoft Office Professional および Professional Academic 2010

  • Microsoft Office Professional Plus 2010

  • Microsoft Office Standard 2010

  • Microsoft Office Home and Student 2010

  • Microsoft Office Home and Business 2010

  • Microsoft Access 2010

  • Microsoft Excel 2010

  • Microsoft InfoPath 2010

  • Microsoft OneNote 2010

  • Microsoft Outlook 2010

  • Microsoft PowerPoint 2010

  • Microsoft Project Professional 2010

  • Microsoft Publisher 2010

  • Microsoft SharePoint Workspace 2010

  • Microsoft Visio 2010 (Premium、Professional、Standard)

  • Microsoft Word 2010

概要

始めから、Office 2010 の重要な設計条件は、システム リソースを追加する必要性を最小限に抑えることでした。次の表に、最新 Office バージョンのシステム要件の比較を示します。

コンポーネント Office 2003 Office 2007 Office 2010

コンピューターとプロセッサ

233 MHz

500 MHz

500 MHz

メモリ (RAM)

128 MB

256 MB

256 MB

ハード ディスク

400 MB

2 GB

3 GB

ディスプレイ

800 × 600

1024 × 768

1024 × 576*

*Office 2010 のすべてのディスプレイ要件は、ポータブル コンピューターとデスクトップ コンピューターの両方に十分なパフォーマンスをもたらすよう設計されています。

Office 2010 のプロセッサ要件と RAM 要件は、2007 Office system のものと同じです。したがって、お使いのコンピューターが 2007 Office system の要件を満たしている場合、Office 2010 を実行できます。

新機能の追加、Microsoft Office 全体へのリボンの実装、および Office スイートに含まれるアプリケーションが異なる場合があるため、Office 2010 では推奨ハード ディスク領域が増加しています。たとえば、Microsoft Office Professional 2010 には OneNote が含まれますが、Microsoft Office Professional 2007 には含まれませんでした。また、慎重を期すため、システム要件は 0.5 GB 単位に切り上げられています。たとえば、あるアプリケーションに必要なハード ディスク領域の見積もりが 1.99 GB の場合、推奨は 2.5 GB になります。ハード ディスクのシステム要件は、ソフトウェアの実際のディスク領域使用量より意図的に大きくなっています。

グラフィックス プロセッサは、Microsoft Excel 2010 でのグラフの描画や、Microsoft PowerPoint 2010 での遷移、アニメーション、動画の統合など、一部の機能のパフォーマンス向上に役立ちます。Office 2010 でグラフィックス プロセッサを使用するには、Microsoft DirectX 9.0c 準拠のグラフィックス プロセッサと 64 MB のビデオ メモリが必要です。これらのプロセッサは、2007 年には広く使用されるようになり、現在市販されている大部分のコンピューターには、この標準を満たすか上回るグラフィックス プロセッサが搭載されています。ただし、グラフィックス プロセッサが搭載されていない場合でも Office 2010 を実行できます。

製品スイートまたは個別のプログラムを選択して環境に展開するときは、展開を実行する前にコンピューターを評価し、オペレーティング システムの最小要件を満たしていることを確認してください。

Microsoft Office Professional および Professional Academic 2010

次の表に、Microsoft Office Professional Plus 2010 のシステム要件を示します。

コンポーネント 要件

コンピューターとプロセッサ

500 MHz 以上のプロセッサ。Microsoft Outlook with Business Contact Manager では 1 GHz が必要。

メモリ

256 MB 以上の RAM。グラフィックス機能、Microsoft Outlook クイック検索、Microsoft Outlook with Business Contact Manager、Communicator、および一部の高度な機能を使用する場合は 512 MB を推奨。

ハード ディスク

3.5 GB の空きディスク領域。

ディスプレイ

1024 × 768 以上の解像度のモニター。

オペレーティング システム

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Office14)32 ビット版のみをサポート: Windows XP Service Pack (SP) 3、Windows Server 2003 SP2、MSXML 6.0。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Office14)32 ビット版と 64 ビット版の両方をサポート: Windows Vista SP1、Windows Server 2008、Windows 7、Windows 8、Windows Server 2012、Terminal Server、Windows on Windows (WOW) (32 ビット版の Office 2010 を 64 ビットのオペレーティング システムにインストールできるようにする、ただし Windows Server 2003 64 ビットと Windows XP 64 ビットを除く)。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Office14)どのエディションもサポートしない: Windows Server 2003 64 ビット、Windows XP 64 ビット

補足

システム要件や製品の機能は、システム構成やオペレーティング システムによって異なる場合があります。

その他

  • 一部のインク機能では、Windows XP Tablet PC Edition、Windows Vista、または Windows 7 が実行されている必要があります。音声認識機能にはヘッドホン型マイクとオーディオ出力デバイスが必要です。

  • Office Outlook 2007 の一部の高度な機能には、Microsoft Exchange 2000 Server、Microsoft Exchange Server 2003、Microsoft Exchange Server 2007、または Microsoft Exchange Server 2010 への接続が必要です。クイック検索には Windows デスクトップ サーチ 3.0 が必要です。Dynamic Calendar にはサーバー接続が必要です。

  • グラフィックス ハードウェア アクセラレータには、DirectX 9.0c グラフィックス カードと 64 MB 以上のビデオ メモリが必要です。

  • Internet Explorer 6、Internet Explorer 7、または Internet Explorer 8 (32 ビット ブラウザーのみ)。インターネット機能にはインターネット アクセスが必要です (有償の場合があります)。

  • Microsoft Outlook クイック検索には、512 MB 以上の RAM が推奨されます。Word 2010 の文章校正および文脈に応じたスペル チェック機能が有効になるのは、コンピューターに 1 GB 以上のメモリがある場合です。

  • Microsoft Silverlight プラグイン。「Microsoft Silverlight を開始する」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=169372&clcid=0x411) を参照してください。

Microsoft Office Professional Plus 2010

次の表は、Microsoft Office Professional Plus 2010 のシステム要件です。

コンポーネント 要件

コンピューターとプロセッサ

500 MHz 以上のプロセッサまたは以降のバージョン。Microsoft Outlook with Business Contact Manager では 1 GHz が必要。

メモリ

256 MB 以上の RAM。グラフィックス機能、Microsoft Outlook クイック検索、Microsoft Outlook with Business Contact Manager、Communicator、および一部の高度な機能を使用する場合は 512 MB を推奨。

ハード ディスク

3.5 GB の空きディスク領域。

ディスプレイ

1024 × 768 以上の解像度のモニター。

オペレーティング システム

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Office14)32 ビット版のみをサポート: Windows XP Service Pack (SP) 3、Windows Server 2003 SP2、MSXML 6.0。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Office14)32 ビット版と 64 ビット版の両方をサポート: Windows Vista SP1、Windows Server 2008、Windows 7、Windows 8、Windows Server 2012、Terminal Server、Windows on Windows (WOW) (32 ビット版の Office 2010 を 64 ビットのオペレーティング システムにインストールできるようにする、ただし Windows Server 2003 64 ビットと Windows XP 64 ビットを除く)。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Office14)どのエディションもサポートしない: Windows Server 2003 64 ビット、Windows XP 64 ビット

補足

システム要件や製品の機能は、システム構成やオペレーティング システムによって異なる場合があります。

その他

  • 一部のインク機能では、Windows XP Tablet PC Edition、Windows Vista、または Windows 7 が実行されている必要があります。音声認識機能にはヘッドホン型マイクとオーディオ出力デバイスが必要です。

  • Office Outlook 2007 の一部の高度な機能には、Microsoft Exchange 2000 Server、Microsoft Exchange Server 2003、Microsoft Exchange Server 2007、または Microsoft Exchange Server 2010 への接続が必要です。クイック検索には Windows デスクトップ サーチ 3.0 が必要です。Dynamic Calendar にはサーバー接続が必要です。

  • グラフィックス ハードウェア アクセラレータには、DirectX 9.0c グラフィックス カードと 64 MB 以上のビデオ メモリが必要です。

  • Internet Explorer 6、Internet Explorer 7、または Internet Explorer 8 (32 ビット ブラウザーのみ)。インターネット機能にはインターネット アクセスが必要です (有償の場合があります)。

  • Microsoft Outlook クイック検索には、512 MB 以上の RAM が推奨されます。Word 2010 の文章校正および文脈に応じたスペル チェック機能が有効になるのは、コンピューターに 1 GB 以上のメモリがある場合です。

  • Microsoft Silverlight プラグイン。「Microsoft Silverlight を開始する」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=169372&clcid=0x411) を参照してください。

Microsoft Office Standard 2010

次の表に、Microsoft Office Standard 2010 のシステム要件を示します。

コンポーネント 要件

コンピューターとプロセッサ

500 MHz のプロセッサ。Outlook with Business Contact Manager では 1 GHz が必要。

メモリ

256 MB 以上の RAM。グラフィックス機能、Microsoft Outlook クイック検索、Microsoft Outlook with Business Contact Manager、Communicator、および一部の高度な機能を使用する場合は 512 MB を推奨。

ハード ディスク

3 GB の空きディスク領域。

ディスプレイ

1024 × 768 以上の解像度のモニター。

オペレーティング システム

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Office14)32 ビット版のみをサポート: Windows XP Service Pack (SP) 3、Windows Server 2003 SP2、MSXML 6.0。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Office14)32 ビット版と 64 ビット版の両方をサポート: Windows Vista SP1、Windows Server 2008、Windows 7、Windows 8、Windows Server 2012、Terminal Server、Windows on Windows (WOW) (32 ビット版の Office 2010 を 64 ビットのオペレーティング システムにインストールできるようにする、ただし Windows Server 2003 64 ビットと Windows XP 64 ビットを除く)。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Office14)どのエディションもサポートしない: Windows Server 2003 64 ビット、Windows XP 64 ビット

補足

システム要件や製品の機能は、システム構成やオペレーティング システムによって異なる場合があります。

その他

  • 一部の Microsoft OneNote 機能には、Windows デスクトップ サーチ 3.0、Windows Media Player 9、Microsoft ActiveSync 4.1、マイク、オーディオ出力デバイス、ビデオ録画デバイス、TWAIN 対応のデジタル カメラやスキャナーが必要です。ノートブックを共有するには、同じネットワーク上のユーザーである必要があります。

  • 一部の高度な機能には、Microsoft Exchange Server 2003、Microsoft SharePoint Server 2010、または Microsoft SharePoint Foundation 2010 への接続が必要です。

  • 一部の機能には、Windows Search 4.0 が必要です。

  • グラフィックス ハードウェア アクセラレータには、DirectX 9.0c グラフィックス カードと 64 MB 以上のビデオ メモリが必要です。

  • Internet Explorer 6、Internet Explorer 7、または Internet Explorer 8 (32 ビット ブラウザーのみ)。インターネット機能にはインターネット アクセスが必要です (有償の場合があります)。ブロードキャスト プレゼンテーションを受け取るには Internet Explorer 7 または Internet Explorer 8 が必要です。

Microsoft Office Home and Student 2010

次の表に、Microsoft Office Professional Plus 2010 のシステム要件を示します。

コンポーネント 要件

コンピューターとプロセッサ

500 MHz 以上のプロセッサ。

メモリ

256 MB 以上の RAM。グラフィックス機能、Microsoft Outlook クイック検索、Microsoft Outlook with Business Contact Manager、Communicator、および一部の高度な機能を使用する場合は 512 MB を推奨。

ハード ディスク

3 GB の空きディスク領域。

ディスプレイ

1024 × 576 以上の解像度のモニター。

オペレーティング システム

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Office14)32 ビット版のみをサポート: Windows XP Service Pack (SP) 3、Windows Server 2003 SP2、MSXML 6.0。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Office14)32 ビット版と 64 ビット版の両方をサポート: Windows Vista SP1、Windows Server 2008、Windows 7、Windows 8、Windows Server 2012、Terminal Server、Windows on Windows (WOW) (32 ビット版の Office 2010 を 64 ビットのオペレーティング システムにインストールできるようにする、ただし Windows Server 2003 64 ビットと Windows XP 64 ビットを除く)。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Office14)どのエディションもサポートしない: Windows Server 2003 64 ビット、Windows XP 64 ビット

補足

システム要件や製品の機能は、システム構成やオペレーティング システムによって異なる場合があります。

その他

  • 一部の高度な機能には、Microsoft Exchange Server 2007、Microsoft SharePoint Server 2010、Microsoft Office Communications Server 2007、または Microsoft SharePoint Foundation 2010 への接続が必要です。

  • 一部の Microsoft OneNote 機能には、Windows デスクトップ サーチ 3.0、Windows Media Player 9、Microsoft ActiveSync 4.1、マイク、オーディオ出力デバイス、ビデオ録画デバイス、TWAIN 対応のデジタルカメラやスキャナーが必要です。ノートブックを共有するには、同じネットワーク上のユーザーである必要があります。

  • Microsoft OneNote 印刷ドライバーへの送信および Business Connectivity Services との統合には、Microsoft .NET Framework 3.5 または Windows XPS の機能が必要です。

  • 一部の機能には Windows Search 4.0 が必要です。

  • Internet Explorer 7 または Internet Explorer 8 (32 ビット ブラウザーのみ)。インターネット機能にはインターネット接続が必要です。

  • Microsoft Outlook クイック検索には、512 MB 以上の RAM が推奨されます。Word 2010 の文章校正および文脈に応じたスペル チェック機能が有効になるのは、コンピューターに 1 GB 以上のメモリがある場合です。

  • Microsoft Silverlight プラグイン。「Microsoft Silverlight を開始する」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=169372&clcid=0x411) を参照してください。

Microsoft Office Home and Business 2010

次の表に、Microsoft Office Professional Plus 2010 のシステム要件を示します。

コンポーネント 要件

コンピューターとプロセッサ

500 MHz 以上のプロセッサ。

メモリ

256 MB の RAM。グラフィック機能、Microsoft Outlook クイック検索、および一部の高度な機能を使用する場合は 512 MB を推奨。

ハード ディスク

3 GB の空きディスク領域。

ディスプレイ

1024 × 576 以上の解像度のモニター。

オペレーティング システム

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Office14)32 ビット版のみをサポート: Windows XP Service Pack (SP) 3、Windows Server 2003 SP2、MSXML 6.0。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Office14)32 ビット版と 64 ビット版の両方をサポート: Windows Vista SP1、Windows Server 2008、Windows 7、Windows 8、Windows Server 2012、Terminal Server、Windows on Windows (WOW) (32 ビット版の Office 2010 を 64 ビットのオペレーティング システムにインストールできるようにする、ただし Windows Server 2003 64 ビットと Windows XP 64 ビットを除く)。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Office14)どのエディションもサポートしない: Windows Server 2003 64 ビット、Windows XP 64 ビット

補足

システム要件や製品の機能は、システム構成やオペレーティング システムによって異なる場合があります。

その他

  • 一部の高度な機能には、Microsoft Exchange Server 2007, Microsoft SharePoint Server 2010、Microsoft Office Communications Server 2007、または Microsoft SharePoint Foundation 2010 への接続が必要です。

  • 一部の Microsoft OneNote 機能には、Windows デスクトップ サーチ 3.0、Windows Media Player 9、Microsoft ActiveSync 4.1、マイク、オーディオ出力デバイス、ビデオ録画デバイス、TWAIN 対応のデジタルカメラやスキャナーが必要です。ノートブックを共有するには、同じネットワーク上のユーザーである必要があります。

  • Microsoft OneNote 印刷ドライバーへの送信および Business Connectivity Services との統合には、Microsoft .NET Framework 3.5 または Windows XPS の機能が必要です。

  • グラフィックス ハードウェア アクセラレータには、DirectX 9.0c グラフィックス カードと 64 MB 以上のビデオ メモリが必要です。

  • Internet Explorer 6、Internet Explorer 7、または Internet Explorer 8 (32 ビット ブラウザーのみ)。ブロードキャスト プレゼンテーションを受け取るには、Internet Explorer 7 または Internet Explorer 8 が必要です。インターネット機能にはインターネット アクセスが必要です。

  • Microsoft Outlook クイック検索には、512 MB 以上の RAM が推奨されます。Word 2010 の文章校正および文脈に応じたスペル チェック機能が有効になるのは、コンピューターに 1 GB 以上のメモリがある場合です。

  • Microsoft Silverlight プラグイン。「Microsoft Silverlight を開始する」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=169372&clcid=0x411) を参照してください。

Microsoft Access 2010

次の表に、Microsoft Access 2010 のシステム要件を示します。

コンポーネント 要件

コンピューターとプロセッサ

500 MHz 以上のプロセッサ。

メモリ

256 MB 以上の RAM。

ハード ディスク

2 GB の空きディスク領域。

ディスプレイ

1024 × 768 以上の解像度のモニター。

オペレーティング システム

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Access_1st_14)32 ビット版のみをサポート: Windows XP Service Pack (SP) 3、Windows Server 2003 SP2、MSXML 6.0。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Access_1st_14)32 ビット版と 64 ビット版の両方をサポート: Windows Vista SP1、Windows Server 2008、Windows 7、Windows 8、Windows Server 2012、Terminal Server、Windows on Windows (WOW) (32 ビット版の UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Access_1st_14) を 64 ビットのオペレーティング システムにインストールできるようにする、ただし Windows Server 2003 64 ビットと Windows XP 64 ビットを除く)。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Access_1st_14)どのエディションもサポートしない: Windows Server 2003 64 ビット、Windows XP 64 ビット

その他

  • グラフィックス ハードウェア アクセラレータを使用するには、DirectX 9.0c 互換のグラフィックス カードとドライバー (11/1/2004 以降) が必要です。

  • Internet Explorer 6、Internet Explorer 7、または Internet Explorer 8 (32 ビット ブラウザーのみ)。インターネット機能にはインターネット アクセスが必要です (有償の場合があります)。

  • Excel 2013 または Outlook 2013 からデータをインポートするには、Excel 2013 または Outlook 2013 が必要です。

  • Business Connectivity Services との統合には、Microsoft .NET Framework 3.5 が必要です。

  • 製品の機能とグラフィックスはシステム構成によって異なる場合があります。機能によっては、より高性能のハードウェアやハードウェアの増設、あるいはサーバーとの接続が必要になることがあります。「http://www.office.com/products」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=169378&clcid=0x411) を参照してください。

Microsoft Excel 2010

次の表に、Microsoft Excel 2010 のシステム要件を示します。

コンポーネント 要件

コンピューターとプロセッサ

500 MHz 以上のプロセッサ。

メモリ

256 MB 以上の RAM。

ハード ディスク

2 GB の空きディスク領域。

ディスプレイ

1024 × 576 以上の解像度のモニター。

ビデオ カードの要件: ピクセル シェーダー 20 および頂点シェーダー 2.0。ドライバーの日付が 2004 年 11 月 1 日以降。WHQL 認定製品。

オペレーティング システム

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Excel_1st_14)32 ビット版のみをサポート: Windows XP Service Pack (SP) 3、Windows Server 2003 SP2、MSXML 6.0。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Excel_1st_14)32 ビット版と 64 ビット版の両方をサポート: Windows Vista SP1、Windows Server 2008、Windows 7、Windows 8、Windows Server 2012、Terminal Server、Windows on Windows (WOW) (32 ビット版の UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Excel_1st_14) を 64 ビットのオペレーティング システムにインストールできるようにする、ただし Windows Server 2003 64 ビットと Windows XP 64 ビットを除く)。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Office14)どのエディションもサポートしない: Windows Server 2003 64 ビット、Windows XP 64 ビット

その他

  • 一部のインク機能では、Microsoft XP Tablet PC Edition、Windows Vista、または Windows 7 が実行されている必要があります。音声認識機能にはヘッドホン型マイクとオーディオ出力デバイスが必要です。Information Rights Management 機能には、Windows Server 2003 SP1 または Windows Server 2008 および Windows Rights Management Services を実行するコンピューターへのアクセスが必要です。

  • グラフィックス ハードウェア アクセラレータを使用するには、DirectX 9.0c 互換のグラフィックス カードとドライバー (11/1/2004 以降) が必要です。

  • Internet Explorer 6、Internet Explorer 7、または Internet Explorer 8 (32 ビット ブラウザーのみ)。インターネット機能にはインターネット アクセスが必要です (有償の場合があります)。

  • 計算クラスターでユーザー定義の機能を実行するには、計算クラスターへの接続が必要です。

  • インターネット FAX は、Windows Vista、Windows Vista Home Basic、または Windows Vista Home Basic では使用できません。

  • 実際の要件や製品の機能は、システム構成やオペレーティング システムによって異なる場合があります。「http://www.office.com/products」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=169378&clcid=0x411) を参照してください。

Microsoft InfoPath 2010

次の表に、Microsoft InfoPath 2010 のシステム要件を示します。

コンポーネント 要件

コンピューターとプロセッサ

500 MHz 以上のプロセッサ。

メモリ

256 MB 以上の RAM。

ハード ディスク

2 GB の空きディスク領域。

ディスプレイ

1024 × 768 以上の解像度のモニター。

オペレーティング システム

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(InfoPath_1st_14)32 ビット版のみをサポート: Windows XP Service Pack (SP) 3、Windows Server 2003 SP2、MSXML 6.0。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(InfoPath_1st_14)32 ビット版と 64 ビット版の両方をサポート: Windows Vista SP1、Windows Server 2008、Windows 7、Windows 8、Windows Server 2012、Terminal Server、Windows on Windows (WOW) (32 ビット版の UNRESOLVED_TOKEN_VAL(InfoPath_1st_14) を 64 ビットのオペレーティング システムにインストールできるようにする、ただし Windows Server 2003 64 ビットと Windows XP 64 ビットを除く)。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(InfoPath_1st_14)どのエディションもサポートしない: Windows Server 2003 64 ビット、Windows XP 64 ビット

その他

  • 電子メール ベースのグループ作業には、Microsoft Outlook 2010 が必要です。

  • グラフィックス ハードウェア アクセラレータを使用するには、DirectX 9.0c 互換のグラフィックス カードとドライバー (11/1/2004 以降) が必要です。

  • Internet Explorer 6、Internet Explorer 7、または Internet Explorer 8 (32 ビット ブラウザーのみ)。インターネット機能にはインターネット アクセスが必要です (有償の場合があります)。

  • インターネット FAX は、Windows Vista、Windows Vista Home Basic、または Windows Vista Home Basic では使用できません。

  • 実際の要件や製品の機能は、システム構成やオペレーティング システムによって異なる場合があります。「http://www.office.com/products」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=169378&clcid=0x411) を参照してください。

Microsoft OneNote 2010

次の表に、Microsoft OneNote 2010 のシステム要件を示します。

コンポーネント 要件

コンピューターとプロセッサ

500 MHz 以上のプロセッサ。

メモリ

256 MB 以上の RAM。

ハード ディスク

1.5 GB の空きディスク領域。

ディスプレイ

1024 × 576 以上の解像度のモニター。

オペレーティング システム

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(OneNote_1st_14)32 ビット版のみをサポート: Windows XP Service Pack (SP) 3、Windows Server 2003 SP2、MSXML 6.0。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(OneNote_1st_14)32 ビット版と 64 ビット版の両方をサポート: Windows Vista SP1、Windows Server 2008、Windows 7、Windows 8、Windows Server 2012、Terminal Server、Windows on Windows (WOW) (32 ビット版の UNRESOLVED_TOKEN_VAL(OneNote_1st_14) を 64 ビットのオペレーティング システムにインストールできるようにする、ただし Windows Server 2003 64 ビットと Windows XP 64 ビットを除く)。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(OneNote_1st_14)どのエディションもサポートしない: Windows Server 2003 64 ビット、Windows XP 64 ビット

その他

  • 一部の機能には、Windows デスクトップ サーチ 3.0、Windows Media Player 9.0、Microsoft ActiveSync 4.1、マイク、オーディオ出力デバイス、ビデオ録画デバイス (Web カメラなど)、TWAIN 対応のデジタルカメラやスキャナーが必要です。ノートブックを共有するには、同じネットワーク上のユーザーである必要があります。

  • WDS 4 が推奨されます。DirectX、UPnP をサポートするルーター、Windows Mobile は必要ありません。

  • Microsoft OneNote の機能は、32 ビットと 64 ビットの両方で動作します。

  • ノートブックを共有するには、同じネットワーク上のユーザーである必要があります。

  • 実際の要件や製品の機能は、システム構成やオペレーティング システムによって異なる場合があります。「http://www.office.com/products」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=169378&clcid=0x411) を参照してください。

  • Microsoft OneNote 印刷ドライバーの場合: Microsoft .NET Framework 3.0、Windows Vista にインストールされた Windows XPS 機能、Windows 7、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、オペレーティング システムに Microsoft Office がインストールされる前にインストールされた XPS 機能。

  • グラフィックス ハードウェア アクセラレータを使用するには、DirectX 9.0c 互換のグラフィックス カードとドライバー (11/1/2004 以降) が必要です。

  • Microsoft OneNote オーディオ検索には、1.2 GHz 以上のプロセッサと 1 GB 以上の RAM が推奨されます。ヘッドホン型マイクが必要です。オーディオ検索は一部の言語では使用できません。

Microsoft Outlook 2010

次の表に、Microsoft Outlook 2010 のシステム要件を示します。また、Outlook 2013 を最大限に活用するために必要となるアプリケーションとハードウェアを評価するときに役立つ情報源も示します。

コンポーネント 要件

コンピューターとプロセッサ

500 MHz 以上のプロセッサ。

メモリ

1 GB を超える Microsoft Outlook データ ファイルにアクセスするには 512 MB の RAM を推奨。

ハード ディスク

2 GB の空きディスク領域。

ディスプレイ

1024 × 576 以上の解像度のモニター。

オペレーティング システム

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Outlook_1st_14)32 ビット版のみをサポート: Windows XP Service Pack (SP) 3、Windows Server 2003 SP2、MSXML 6.0。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Outlook_1st_14)32 ビット版と 64 ビット版の両方をサポート: Windows Vista SP1、Windows Server 2008、Windows 7、Windows 8、Windows Server 2012、Terminal Server、Windows on Windows (WOW) (32 ビット版の UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Outlook_1st_14) を 64 ビットのオペレーティング システムにインストールできるようにする、ただし Windows Server 2003 64 ビットと Windows XP 64 ビットを除く)。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Outlook_1st_14)どのエディションもサポートしない: Windows Server 2003 64 ビット、Windows XP 64 ビット

Microsoft Exchange Server 2010 との統合 (オプション)

Microsoft Exchange Server 2010 との統合で有効になる Outlook 2013 の新しい機能については、「Outlook 2010 での変更点」および「Exchange 2010 の新機能」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=164425&clcid=0x411) を参照してください。

Exchange 2010 のシステム要件 (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=164426&clcid=0x411)。

Microsoft Exchange Server 2010 についての詳細 (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=164427&clcid=0x411)。

Microsoft Office Communicator または Microsoft Lync との統合 (オプション)

Outlook 2013 では、Microsoft Office Communicator 2007、Office Communicator 2007 R2、および Microsoft Lync 2010 がサポートされます。Office Communicator 2005 はサポートされません。Office Communicator 2007、Office Communicator 2007 R2、および Lync 2013 との統合で有効になる Outlook 2013 の新しい機能については、「Outlook 2010 での変更点」を参照してください。

Office Communicator Server 2007 R2 のサポート ガイド (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=164429&clcid=0x411)。

次世代の統合コミュニケーションについて – Microsoft Lync (http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=164430&clcid=0x411)。

その他

  • Exchange Server を Outlook 2013 と組み合わせて使用するには、Microsoft Exchange Server 2003 以降のバージョンが必要です。

  • 一部のインク機能では、Windows XP Tablet PC Edition、Windows Vista、または Windows 7 が実行されている必要があります。音声認識機能にはヘッドホン型マイクとオーディオ出力デバイスが必要です。Information Rights Management 機能には、Windows Server 2003 SP1 または Windows Server 2008 および Windows Rights Management Services を実行するコンピューターへのアクセスが必要です。

  • グラフィックス ハードウェア アクセラレータを使用するには、DirectX 9.0c 互換のグラフィックス カードとドライバー (11/1/2004 以降) が必要です。

  • Internet Explorer 6、Internet Explorer 7、または Internet Explorer 8 (32 ビット ブラウザーのみ)。インターネット機能にはインターネット アクセスが必要です (有償の場合があります)。

  • 実際の要件や製品の機能は、システム構成やオペレーティング システムによって異なる場合があります。「http://www.office.com/products」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=169378&clcid=0x411) を参照してください。

  • Microsoft Outlook の文章校正および文脈に応じたスペル チェック機能が有効になるのは、コンピューターに 1 GB 以上のメモリがある場合です。

Microsoft PowerPoint 2010

次の表に、Microsoft PowerPoint 2010 のシステム要件を示します。

コンポーネント 要件

コンピューターとプロセッサ

500 MHz 以上のプロセッサ。

メモリ

256 MB 以上の RAM。ビデオを埋め込む場合は、512 MB の RAM が推奨されます。

ハード ディスク

1.5 GB の空きディスク領域。

ディスプレイ

1024 × 576 以上の解像度のモニター。

ビデオ カードの要件: ピクセル シェーダー 20 および頂点シェーダー 2.0。ドライバーの日付が 2004 年 11 月 1 日以降。WHQL 認定製品。

オペレーティング システム

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(PowerPoint_1st_14)32 ビット版のみをサポート: Windows XP Service Pack (SP) 3、Windows Server 2003 SP2、MSXML 6.0。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(PowerPoint_1st_14)32 ビット版と 64 ビット版の両方をサポート: Windows Vista SP1、Windows Server 2008、Windows 7、Windows 8、Windows Server 2012、Terminal Server、Windows on Windows (WOW) (32 ビット版の UNRESOLVED_TOKEN_VAL(PowerPoint_1st_14) を 64 ビットのオペレーティング システムにインストールできるようにする、ただし Windows Server 2003 64 ビットと Windows XP 64 ビットを除く)。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(PowerPoint_1st_14)どのエディションもサポートしない: Windows Server 2003 64 ビット、Windows XP 64 ビット

その他

  • 一部のインク機能では、Windows XP Tablet PC Edition、Windows Vista、または Windows 7 が実行されている必要があります。音声認識機能にはヘッドホン型マイクとオーディオ出力デバイスが必要です。Information Rights Management 機能には、Windows Server 2003 SP1 および Windows Rights Management Services を実行するコンピューターへのアクセスが必要です。

  • Internet Explorer 6、Internet Explorer 7、Internet Explorer 8 (32 ビット ブラウザーのみ)。インターネット機能にはインターネット アクセスが必要です (有償の場合があります)。

  • グラフィックス ハードウェア アクセラレータのユーザーは、DirectX 9.0c 互換のグラフィックス カードとドライバー (11/1/2004 以降) が必要です。

  • 実際の要件や製品の機能は、システム構成やオペレーティング システムによって異なる場合があります。「http://www.office.com/products」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=169378&clcid=0x411) を参照してください。

  • インターネット FAX は、64 ビット オペレーティング システムでは使用できません。

Microsoft Project Professional 2010

次の表に、Microsoft Project Professional 2010 のシステム要件を示します。

コンポーネント 要件

コンピューターとプロセッサ

700 MHz 以上のプロセッサ。

メモリ

512 MB 以上の RAM。

ハード ディスク

2 GB の空きディスク領域。

ディスプレイ

1024 × 768 以上の解像度のモニター。

オペレーティング システム

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(ProjectPro_1st_14)32 ビット版のみをサポート: Windows XP Service Pack (SP) 3、Windows Server 2003 SP2、MSXML 6.0。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(ProjectPro_1st_14)32 ビット版と 64 ビット版の両方をサポート: Windows Vista SP1、Windows Server 2008、Windows 7、Windows 8、Windows Server 2012、Terminal Server、Windows on Windows (WOW) (32 ビット版の UNRESOLVED_TOKEN_VAL(ProjectPro_1st_14) を 64 ビットのオペレーティング システムにインストールできるようにする、ただし Windows Server 2003 64 ビットと Windows XP 64 ビットを除く)。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(ProjectPro_1st_14)どのエディションもサポートしない: Windows Server 2003 64 ビット、Windows XP 64 ビット

その他

  • 一部の高度なグループ作業機能には、Microsoft SharePoint Server 2010 を実行する Windows Server 2008 SP2 (64 ビット) が必要です。Microsoft Outlook からのタスク インポート機能を使用するには、Office Outlook 2003 SP2、Microsoft Outlook 2005、Outlook 2007、または UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Outlook_1st_14) が必要です。ビジュアル レポートには、Office Excel 2003 SP2、Microsoft Excel 2007、または UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Excel_1st_14)、および Microsoft Office Visio Professional 2007 または UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Visio_1st_14) が必要です。

  • Enterprise Microsoft Project、ポートフォリオ、およびリソース管理機能には、Microsoft Project Server 2010 が必要です。Microsoft Outlook の予定表またはタスク リストにタスクをインポートするには、Microsoft Project Web App および Microsoft Exchange Server 2007 SP1、または Microsoft Exchange Server 2010 が必要です。

  • プロジェクトの発行および Windows Workflow Foundation には、SharePoint Server 2010 (Project Server 2010 の一部としてインストールされます) が必要です。リソースの切り替えウィザードには、Microsoft .NET Framework Version 3.5 が必要です。

  • グラフィックス ハードウェア アクセラレータを使用するには、DirectX 9.0c 互換のグラフィックス カードとドライバー (11/1/2004 以降) が必要です。

  • Internet Explorer 7 または Internet Explorer 8。インターネット機能にはインターネット アクセスが必要です (有償の場合があります)。

  • Project 2010 と SharePoint のタスク リストを同期する機能を有効にするには、Microsoft Access 2010 または Microsoft Visio 2010 をインストールする必要があります。

  • Project 2010 をインストールして Office 2010 でビジュアル レポートを使用する前に、Office 2010、Visio 2013、および Microsoft SQL Server 2008Analysis Services 10.0 OLE DB プロバイダー (「Microsoft SQL Server 2008 用 Feature Pack - 2008 年 10 月」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=262016&clcid=0x411) から無償でダウンロード可能) をインストールする必要があります。

  • Microsoft Office Live Workspace で Project 2010 を使用するには、Microsoft アカウントが必要です。

製品の機能とグラフィックスはシステム構成によって異なります。

機能によっては、より高性能のハードウェアやハードウェアの増設、あるいはサーバーとの接続が必要になることがあります。

Microsoft Publisher 2010

次の表に、Microsoft Publisher 2010 のシステム要件を示します。

コンポーネント 要件

コンピューターとプロセッサ

500 MHz 以上のプロセッサ。

メモリ

256 MB 以上の RAM。

ハード ディスク

1.5 GB の空きディスク領域。

ディスプレイ

1024 × 768 以上の解像度のモニター。

オペレーティング システム

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Publisher_1st_14)32 ビット版のみをサポート: Windows XP Service Pack (SP) 3、Windows Server 2003 SP2、MSXML 6.0。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Publisher_1st_14)32 ビット版と 64 ビット版の両方をサポート: Windows Vista SP1、Windows Server 2008、Windows 7、Windows 8、Windows Server 2012、Terminal Server、Windows on Windows (WOW) (32 ビット版の UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Publisher_1st_14) を 64 ビットのオペレーティング システムにインストールできるようにする、ただし Windows Server 2003 64 ビットと Windows XP 64 ビットを除く)。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Publisher_1st_14)どのエディションもサポートしない: Windows Server 2003 64 ビット、Windows XP 64 ビット

その他

  • 一部のインク機能では、Windows XP Tablet PC Edition、Windows Vista、または Windows 7 が実行されている必要があります。音声認識機能にはヘッドホン型マイクとオーディオ出力デバイスが必要です。

  • Internet Explorer 6、Internet Explorer 7、または Internet Explorer 8 (32 ビット ブラウザーのみ)。インターネット機能にはインターネット アクセスが必要です (有償の場合があります)。

  • 実際の要件や製品の機能は、システム構成やオペレーティング システムによって異なる場合があります。「http://www.office.com/products」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=169378&clcid=0x411) を参照してください。

  • グラフィックス ハードウェア アクセラレータを使用するには、DirectX 9.0c 互換のグラフィックス カードとドライバー (11/1/2004 以降) が必要です。

  • テンプレートおよび文書パーツを共有するには、インターネット接続と Windows Live ID が必要です。

Microsoft SharePoint Workspace 2010

次の表に、UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Groove_1st_14) のシステム要件を示します。

コンポーネント 要件

コンピューターとプロセッサ

500 MHz 以上のプロセッサ。

メモリ

256 MB 以上の RAM。

ハード ディスク

1.5 GB の空きディスク領域。

ディスプレイ

1024 × 576 以上の解像度のモニター。

オペレーティング システム

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Groove_1st_14)32 ビット版のみをサポート: Windows XP Service Pack (SP) 3、Windows Server 2003 SP2、MSXML 6.0。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Groove_1st_14)32 ビット版と 64 ビット版の両方をサポート: Windows Vista SP1、Windows Server 2008、Windows 7、Windows 8、Windows Server 2012、Terminal Server、Windows on Windows (WOW) (32 ビット版の UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Groove_1st_14) を 64 ビットのオペレーティング システムにインストールできるようにする、ただし Windows Server 2003 64 ビットと Windows XP 64 ビットを除く)。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Groove_1st_14)どのエディションもサポートしない: Windows Server 2003 64 ビット、Windows XP 64 ビット

その他

  • SharePoint Services との統合には、Microsoft SharePoint Server 2010 への接続が必要です。

  • アップグレード プロセスを開始した後は、Office Groove 2007 アカウントの以前のバージョンへのダウングレードや復帰はサポートされません。

  • グラフィックス ハードウェア アクセラレータを使用するには、DirectX 9.0c 互換のグラフィックス カードとドライバー (11/1/2004 以降) が必要です。

  • Internet Explorer 7 または Internet Explorer 8 (32 ビット ブラウザーのみ)。インターネット機能にはインターネット アクセスが必要です (有償の場合があります)。

  • 実際の要件や製品の機能は、システム構成やオペレーティング システムによって異なる場合があります。「http://www.office.com/products」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=169378&clcid=0x411) を参照してください。

  • 複数のコンピューターで Microsoft SharePoint Workspace アカウントを実行するには、各コンピューターを Microsoft SharePoint Workspace にアップグレードする必要があります。

Microsoft Visio 2010 (Premium、Professional、Standard)

次の表に、Microsoft Visio Premium 2010、Microsoft Visio Professional 2010、および Microsoft Visio Standard 2010 のシステム要件を示します。

コンポーネント 要件

コンピューターとプロセッサ

500 MHz 以上のプロセッサ。

メモリ

256 MB の RAM。一部の高度な機能では 512 MB RAM を推奨。

ハード ディスク

2 GB の空きディスク領域。

ディスプレイ

1024 × 768 以上の解像度のモニター。

オペレーティング システム

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Visio_1st_14)32 ビット版のみをサポート: Windows XP Service Pack (SP) 3、Windows Server 2003 SP2、MSXML 6.0。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Visio_1st_14)32 ビット版と 64 ビット版の両方をサポート: Windows Vista SP1、Windows Server 2008、Windows 7、Windows 8、Windows Server 2012、Terminal Server、Windows on Windows (WOW) (32 ビット版の UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Visio_1st_14) を 64 ビットのオペレーティング システムにインストールできるようにする、ただし Windows Server 2003 64 ビットと Windows XP 64 ビットを除く)。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Visio_1st_14)どのエディションもサポートしない: Windows Server 2003 64 ビット、Windows XP 64 ビット

その他

  • 一部の高度なグループ作業機能には、Windows Server 2003 SP1 または Windows Server 2008 および Windows SharePoint Services を実行するコンピューターへの接続が必要です。

  • マルチタッチ機能には、Windows 7 およびタッチ対応のデバイスが必要です。

  • 一部のインク機能では、Microsoft XP Tablet PC Edition、Windows Vista、または Windows 7 が実行されている必要があります。

  • グラフィックス ハードウェア アクセラレータを使用するには、DirectX 9.0c 互換のグラフィックス カードとドライバー (11/1/2004 以降) が必要です。

  • Internet Explorer 6、Internet Explorer 7、または Internet Explorer 8 (32 ビット ブラウザーのみ)。インターネット機能にはインターネット アクセスが必要です (有償の場合があります)。

  • 実際の要件や製品の機能は、システム構成やオペレーティング システムによって異なる場合があります。「http://www.office.com/products」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=169378&clcid=0x411) を参照してください。

Microsoft Word 2010

次の表に、Microsoft Word 2010 のシステム要件を示します。

コンポーネント 要件

コンピューターとプロセッサ

500 MHz 以上のプロセッサ。

メモリ

256 MB の RAM。一部の高度な機能では 512 MB RAM を推奨。

ハード ディスク

2 GB の空きディスク領域。

ディスプレイ

1024 × 576 以上の解像度のモニター

ビデオ カードの要件: ピクセル シェーダー 20 および頂点シェーダー 2.0。ドライバーの日付が 2004 年 11 月 1 日以降。WHQL 認定製品。

オペレーティング システム

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Word_1st_14)32 ビット版のみをサポート: Windows XP Service Pack (SP) 3、Windows Server 2003 SP2、MSXML 6.0。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Word_1st_14)32 ビット版と 64 ビット版の両方をサポート: Windows Vista SP1、Windows Server 2008、Windows 7、Windows 8、Windows Server 2012、Terminal Server、Windows on Windows (WOW) (32 ビット版の UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Word_1st_14) を 64 ビットのオペレーティング システムにインストールできるようにする、ただし Windows Server 2003 64 ビットと Windows XP 64 ビットを除く)。

UNRESOLVED_TOKEN_VAL(Word_1st_14)どのエディションもサポートしない: Windows Server 2003 64 ビット、Windows XP 64 ビット

その他

  • 一部のインク機能では、Windows XP Tablet PC Edition、Windows Vista、または Windows 7 が実行されている必要があります。音声認識機能にはヘッドホン型マイクとオーディオ出力デバイスが必要です。

  • 文書の送信には、Office Outlook 2007、Outlook Express 6.0、または Windows Live メールを使用できます。受信者は各種の電子メール クライアントおよび Web ベースのサービスを使用して表示できます。

  • グラフィックス ハードウェア アクセラレータを使用するには、DirectX 9.0c 互換のグラフィックス カードとドライバー (11/1/2004 以降) が必要です。

  • Internet Explorer 6、Internet Explorer 7、または Internet Explorer 8 (32 ビット ブラウザーのみ)。インターネット機能にはインターネット アクセスが必要です (有償の場合があります)。

  • 実際の要件や製品の機能は、システム構成やオペレーティング システムによって異なる場合があります。「http://www.office.com/products」(http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=169378&clcid=0x411) を参照してください。

  • 共同作成には Microsoft SharePoint Foundation 2010 または Windows Live SkyDrive アカウントが必要であり、メモリの増設が必要になる場合があります。

  • Word 2010 の文法および文脈に応じたスペル チェック機能が有効になるのは、コンピューターに 1 GB 以上のメモリがある場合です。