Project Online からユーザー データを削除するDelete user data from Project Online

Office 365 全体管理者が Project Online 環境からユーザーの情報を削除する方法について説明します。Learn how an Office 365 global administrator can delete a user's information from a Project Online environment.

どのユーザーデータが削除されますか。What user data is deleted?

Project Online では、管理者はこの記事で説明する手順を使用して、次のようなユーザーデータと識別データ (ユーザーの識別に使用できるデータ) を削除できます。In Project Online, admins can use the steps detailed in this article to delete user data and identifying data (data that can be used to identify a user), such as:

  • 表示名、ふりがな名、guid -ユーザーの表示名を削除したり、名前を変更したりすることもできます。Display name, phonetic name, GUIDs - You can choose to delete or rename the user's display name.

  • ユーザー固有の表示設定 -たとえば、ユーザーがビューの設定 (ビュー、フィルター、グループ、テーブル、マップ、図面、レポート) を使用して、ビューの設定 (リソースセンター、プロジェクトセンター、スケジュール web パーツなど) でページをカスタマイズしている場合、それらは削除されます。Users specific view settings - For example, if the user has customizations on their view settings (views, filters, groups, tables, maps, drawing, reports) on top of grid pages with views (such as the Resource Center, Project Center, Schedule webpart, etc.), these are deleted.

  • 予定表例外の詳細 -たとえば、ユーザーが病気または休暇の1月の1週間に不在だった場合、例外の名前が削除されます。Calendar exception details - For example, if the user was out for a week in January because he or she was sick or on vacation, the name of the exception is removed. 例外の日付は保持されます。Dates for the exception will remain.

  • ユーザー権限 -たとえば、ユーザーがカテゴリ、グループ、または個々のグローバルアクセス権が付与されている場合、すべての関連付けが削除されます。User Permissions - For example, if user is associated with categories, groups or has been granted individual global permissions, we will remove all the associations. また、ユーザーは非アクティブとして設定されます。The user will also be set as inactive.

プロジェクトサイトに含まれている懸案事項、リスク、成果物、ドキュメントなど、SharePoint Online に格納されているユーザー情報は、一部のユーザーにはプロジェクトサイトへのアクセス権が与えられているが、PWA ユーザーがいないために、Project Online ユーザーデータ削除プロセスによって削除されないことがあります。User information contained in Project sites - such as issues, risks, deliverables, and documents - that are stored in SharePoint Online might not be deleted through the Project Online user data delete process because some of these users are given access to the project site but aren't PWA users. このデータを削除するには、この記事の「 SharePoint Online を使用して追加されたユーザーアカウント情報を削除 する」の手順に記載されている手順に従って、このデータを削除する必要があります。You will need to delete this data through the process found in the Step 6 - Delete user account information added through SharePoint Online section of this article.

重要

Project Online から同じユーザーの情報を削除する前に、SharePoint Online ユーザーデータ削除プロセスを実行することをお勧めします。We recommend running the SharePoint Online user data delete process before deleting the same user's information from Project Online. これにより、特定の SharePoint Online アイテム (案件やリスクなど) との同期によって、削除された Project Online のユーザーデータが上書きされる問題が回避されます。This will prevent issues in which syncing with certain SharePoint Online items (such as Issues or Risks) will overwrite user data in Project Online that has been deleted.

エンタープライズオブジェクトを削除することによってユーザーを削除することとどのような違いがありますか?How does this differ from deleting a user through Enterprise Object Delete?

この記事で説明するユーザーデータ削除プロセスは、いくつかの方法で pwa サーバー設定の [エンタープライズオブジェクトの削除] ページから PWA ユーザーを削除することとは異なります。The user data delete process described in this article is different from deleting a PWA user through the Enterprise Object Delete page in PWA Server Settings in several ways:

  • エンタープライズオブジェクトの削除は、ユーザーをエンタープライズリソースとして削除します。Enterprise Object Delete will delete the user as an enterprise resource. ただし、ユーザー/リソースが次のいずれかの場合は、削除がブロックされます。However, deletion is blocked if the user/resource is any one of the following:

    • プロジェクトの所有者A project owner

    • タイムシート管理者A timesheet manager

    • タイムシート管理者リストOn timesheet manager list

    • 割り当て所有者An assignment owner

    • リソース計画の場合In a resource plan

    • ワークフロープロキシユーザーA workflow proxy user

  • この記事の手順に従ってユーザーデータを削除しても、エンタープライズリソースは削除されません。Deleting user data through the steps in this article does not delete the enterprise resource. ユーザーアカウントが無効になり、ユーザーデータが削除され、必要に応じて、リソースの名前を選択した内容 (たとえば、[削除済みのユーザー]) に変更することができます。It changes the user account to inactivate, removes the user data, and can optionally change the name of the resource to something you choose (such as "Deleted User") .

シナリオの削除Delete scenarios

このプロセスでは、必要に応じて、上記のユーザーデータを削除することができます。また、タイムシート、プロジェクト、割り当てなどの共有アイテムでユーザーの表示名を削除することもできます。Depending on your needs, this process allows you to delete your user data listed above, but also allows some control of in regards to deleting the users display name in shared items, such as timesheets, projects, and assignments. 次の3つの削除シナリオが可能です。There are three delete scenarios that you can do:

シナリオ 1: プロジェクトオンラインからユーザーの情報を削除する (表示名を除く)Scenario 1: Delete user's information from Project Online except for the display name

このシナリオでは、ユーザーの表示名を除き、すべてのユーザーのデータが削除されます。In this scenario, all of the user's data is deleted, except for the user's display name.

ユーザーが行った作業 (タイムシート、タスクなど) を把握したい場合は、このシナリオを選択することができます。You might choose this scenario if you want to know the work the user has done, such as through their timesheets and tasks.

シナリオ 2: Project Online からユーザーの情報を削除するが、すべての場所で表示名を更新するScenario 2: Delete user's information from Project Online, but update the display name everywhere

このシナリオでは、すべてのユーザーの情報が削除されます。In this scenario, all of the user's information is deleted. ユーザーの表示名が表示されていたすべての場所で、[削除済みのユーザー] など、選択したものに置き換えられます。In all locations where the user's display name was shown, it will be replaced with something of your choosing, such as "Deleted User". ユーザーのリソース ID はそのまま残ります。The resource ID for the user will remain.

このシナリオは、ユーザーの表示名を保持する必要がない場合に選択することがあります。これは、タイムシート、プロジェクトなどの共有レコードにも含まれます。You might choose this scenario if there is no business need to retain the user display name, even in shared records such as timesheets and projects.

シナリオ 3: Project Online からユーザーの情報を削除するが、タイムシートレコード以外のすべての場所で表示名を更新するScenario 3: Delete user's information from Project Online, but update the display name everywhere except for timesheet records

このシナリオでは、タイムシートレコード以外のすべてのユーザーの情報が削除されます。In this scenario, all of the user's information is deleted, except in timesheet records. [削除済みのユーザー] のように、ユーザーの表示名を選択したものに置き換えることができます。You can choose to replace the user's display name with something your choose, such as "Deleted User". ただし、これは、ユーザー名がまだ残っているタイムシートレコードには影響しません。However, this will not affect timesheet records, where the user name will still remain. タイムシートレコードの表示名は新しいリソース ID で生成されるため、更新されたユーザー名をタイムシートレコード内のデータによって識別することはできません。The display name in the timesheets records is generated a new Resource ID so that the updated user name cannot be identified through data in timesheet records.

このシナリオは、ユーザーが表示されるタイムシートレコードの詳細を確認する必要がある場合に選択します。You might choose this scenario you need to do further review of timesheet records in which the user appears.

プロセスの概要Process Overview

以下に、Project Online 環境で特定のユーザーの情報を削除するために管理者が実行する必要があるプロセスの概要を示します。The following is an overview of the process that admins need to do to delete a specific user's information in their Project Online environment:

  1. Powershell スクリプトをダウンロードする: この記事で必要な powershell スクリプトファイルをダウンロードして解凍する必要があります。Download your PowerShell scripts: You need to download and unzip the PowerShell script files needed in this article.

  2. ユーザーのデータを含む PWA サイトを検索します。環境内の Project Web App サイトのリストを検索します。Find the PWA sites that contain the user's data: Find a listing of Project Web App sites in your environment.

  3. 各 PWA サイトでユーザーのリソース id を検索します (省略可能)。各 Project Web App サイトで、ユーザーの一意のリソース id を検索します。Find the user's resource ID on each PWA site (optional): On each Project Web App site, find the unique Resource ID for the user. ログインアカウントを使用してユーザーを指定することもできます (たとえば、adambarr@contoso)。com)。You can also choose to specify the user by login account (for example, adambarr@contoso.onmicrosoft..com).

  4. ユーザーのすべてのプロジェクトを閉じてチェックインする: エクスポートスクリプトを実行する前に、変更が上書きされないようにする必要があります。Close and check in all of the user's projects: This needs to happen before running the export scripts to ensure that your changes aren't overwritten.

  5. ユーザーのデータのエクスポートを実行する: このオプションの手順については、「 export User Information from Project Online 」を参照してください。Perform an export of the user's data: This optional step is described in Export user information from Project Online .

  6. SharePoint Online を介して追加されたユーザーアカウント情報を削除する (オプション): この手順は、プロジェクトサイトへのアクセスが許可されている可能性があるユーザーなど、PWA ユーザー以外のアカウント情報を削除する必要がある場合にのみ必要です。Delete user account information added through SharePoint Online (optional): This step is only required if you need to delete a non-PWA users account information, such as a user who might have been given access to a project site.

  7. Pwa サイトからユーザーのデータを削除します。スクリプトを実行して、各 pwa サイトからユーザーの情報を削除します。Delete your user's data from the PWA site: Run the script to delete the user's information from each PWA site.

    このスクリプトを使用して、ユーザーの表示名を異なる内容 (たとえば、"Deleted User") に変更できます。Through the script, you can choose to change the user's display name to something different (for example, "Deleted User"). これにより、ユーザー情報が比較的変更されていないアイテムを保持したまま、ユーザーを匿名にすることができます。This is allows you to make the user anonymous, while keeping the item in which the user information appears relatively unchanged.

  8. Project professional ユーザーのキャッシュを削除する: スクリプトが正常に完了すると、PWA 管理者が project Online サイトに接続している間に project Professional を使用してプロジェクトを開いた各デバイスでキャッシュを削除する必要があります。Delete the cache for Project Professional users: After the script is completed successfully, PWA admins need to delete the cache on each device in which Project Professional was used to open the project while connected to the Project Online site. キャッシュをクリアすることで、ユーザー情報がデバイス上にキャッシュされている場合に、プロジェクトに readded されないようにすることができます。Clearing the cache prevents the user info from being readded to the project if it is cached on the device.

プロジェクト管理者と連携するWork with your Project Admins

会社によっては、Office 365 のグローバル管理者が Office 365 の管理タスクを管理することに精通している場合がありますが、Project Online の管理についてはほとんどわからない場合があります。Depending on your company, your Office 365 global admin might be knowledgeable about managing Office 365 administrative tasks, but may know little about Project Online administration. その場合は、Office 365 グローバル管理者が PWA サイト管理者と協力してこれらのタスクを実行することをお勧めします。If this is the case, we recommend that the Office 365 global admin work collaboratively with their PWA site admins to accomplish these tasks. たとえば、グローバル管理者は、すべての PWA サイトを検索するために PowerShell スクリプトを実行するのに最適な場合もありますが、残りの手順を実行し、各 PWA サイトのビジネスルールや構成に関するヘルプを得るには、多くの場合、PWA 管理者と協力して作業する必要があります。For example, a global admin would probably be best suited to run the PowerShell script to find all PWA sites, but would probably need to work collaboratively with the PWA admin to accomplish the remaining steps and for help regarding business rules and configuration of each PWA site.

重要

ベストプラクティスとして、サイトからユーザーデータを削除する前に、必ずプロジェクトデータベースをバックアップしてください。As a best practice, make sure to backup your Project databases before deleting user data from your site. 成功したことを確認してから、バックアップを削除することができます。You can delete your backup once you are sure you were successful.

手順 1-削除スクリプトファイルをダウンロードするStep 1 - Download the delete script files

この記事に記載されている手順を実行するには、いくつかの PowerShell スクリプトファイルを準備する必要があります。You will need the use of several prepare PowerShell script files for the procedures in this article. この記事で参照されているスクリプトファイルは、 Project Online のユーザーコンテンツのエクスポートと削除のスクリプトパッケージに含まれています。The script files referenced in this article are contained in the Project Online User Content Export and Delete script package. ファイルをダウンロードして、参照可能な場所に移動します。Download and upzip the files to a location you can reference.

手順 2-Office 365 環境で Project Web App サイトを検索するStep 2 - Find the Project Web App sites in your Office 365 environment

グローバル管理者は、sharepoint online 管理シェル を使用して Sharepoint Online 管理センターに接続し、 get-sposite PowerShell コマンドレットを実行して、Office 365 環境内の各 PWA サイトの url の一覧を取得する必要があります。Global admins will need to use the SharePoint Online Management Shell to connect to their SharePoint Online Admin Center and run the Get-SPOSite PowerShell cmdlet to get a listing of URLs for each PWA site in their Office 365 environment.

注意

Get-sposite PowerShell コマンドレットを実行するには、グローバル管理者ロールまたは SharePoint 管理者ロールのいずれかである必要があります。To run the Get-SPOSite PowerShell cmdlet, you need to be either in a Global admin or SharePoint admin role.

  1. SharePoint Online Management Shell モジュールで、 connect-sposervice コマンドレットを使用して Sharepoint Online 管理センターに接続します。In the SharePoint Online Management Shell module, connect to your SharePoint Online Admin Center with the Connect-SPOService cmdlet:
Connect-SPOService -URL <AdminSiteURL> 

例:For example:

Connect-SPOService -URL https://contoso-admin.sharepoint.com 

SharePoint Online 管理センターに接続した後、SPOSites PowerShell コマンドレットを使用して、Office 365 環境内のすべての PWA サイトを検索します。After connecting to your SharePoint Online Admin Center, use the Get-SPOSites PowerShell cmdlet to find all PWA sites in your Office 365 environment:

  1. SharePoint Online 管理センターに接続した後、 Get-sposite PowerShell コマンドレットを使用して、Office 365 環境内のすべての PWA サイトを検索します。After connecting to your SharePoint Online Admin Center, use the Get-SPOSite PowerShell cmdlet to find all PWA sites in your Office 365 environment:
Get-SPOSite | ?{$_.PWAEnabled -eq "Enabled"} | ft -a Url,Owner

正常に実行されると、Office 365 環境内のすべての PWA サイトとサイト所有者の一覧が表示されます。After successfully running, a list of all PWA sites and site owners in your Office 365 environment will display.

手順 3-各 PWA サイトでユーザーのリソース ID を検索する (オプション)Step 3 - Find the user's Resource ID on each PWA site (optional)

重要

ユーザーのログインアカウントを持っている場合、この手順は省略できます。If you have the user's login account, this step is optional. 削除スクリプトを実行するためには、各 PWA サイトのユーザーの ログインアカウント または リソース ID が必要です。You will need either the user's login account or Resource ID for each PWA site in order to run the delete script.

ユーザーのリソース ID を検索するには、前の手順で見つけた各 PWA サイトで、PWA 管理者が次の操作を実行する必要があります。If you want to find the user's resource ID, PWA admins need to do the following on each PWA site that you found in the previous step:

  1. Project Online Server の 設定で、[ エンタープライズデータ ] セクションの [ リソースセンター] をクリックします。In the Project Online Server Settings, in the Enterprise Data section, click Resource Center.

  2. [ リソースセンター ] ページの [ リソース名 ] 列で、ユーザーの名前を検索し、その行を検索して、[ Unique ID ] 列の値が見つかったかどうかを確認します。On the Resource Center page, in the Resource Name column, locate the user's name then look in that row to see if you can find a value in the Unique ID column. この値は、ユーザーのリソース ID です。This value is the user's Resource ID. たとえば、次の図では、[固有 ID] 列に [Aaron のリソース ID] の値が表示されています。For example, in the graphic below, you can see Aaron Painter's Resource ID value listed in the Unique ID column.

    [一意 ID] 列のユーザーのリソース ID

    場合によっては、テーブルをカスタマイズして、[Unique ID] 列を使用できないようにすることができます。In some cases, your table may be customized so that the Unique ID column is not available. その場合は、ユーザー名の左にあるチェックボックスをオンにしてから、リボンの [リソース] タブで [編集] をクリックし、次の手順に進みます。If so, select the checkbox to the left of the user name and then click Edit located in the Resources tab in the ribbon, and then go to the next step.

  3. 特定のユーザーの [ リソースの編集 ] ページで、[ システム id データ ] セクションに移動し、 GUIDの一覧が表示されている値を見つけます。On the Edit Resource page for the specific user, go to the System Identification Data section and find the value listed for the GUID. GUID は、この PWA サイトのユーザーリソース ID です。The GUID is the users resource ID for this PWA site.

    ユーザーリソース ID の検索

注意

複数の PWA サイトがある場合、各 PWA サイトには同じユーザーに対して異なるリソース ID が割り当てられます。If you have multiple PWA sites, each PWA site will have a different Resource ID for the same user. 特定の PWA サイトの URL を使用して、ユーザーのリソース ID をペアにするようにしてください。Make sure to pair the Resource ID your find for the user with the specific PWA site URL.

手順 4-ユーザーのすべてのプロジェクトを閉じて、チェックインするStep 4 - Close and check in all of the user's projects

エクスポートスクリプトを実行する前に、ユーザーのすべてのプロジェクトを閉じて、PWA サイトのユーザーがチェックインする必要があります。Before running the export script., you need to ensure that all of the user's projects are closed and checked in by users on your PWA site. これにより、削除スクリプトによって加えられた変更が上書きされることがなくなります。This will ensure that changes made by the delete script are not overwritten.

必要に応じて、pwa 管理者は PWA サーバー設定を使用してプロジェクトを強制的にチェックインできます。If needed, a PWA admin can force-checkin the project through the PWA Server Settings.

  1. [ サーバー設定 ] ページの [キューとデータベースの管理] セクションで、[ エンタープライズオブジェクトの強制チェックイン] をクリックします。On the Server Settings page, in the Queue and Database Administration section, click Force Check-in Enterprise Objects.

  2. [ エンタープライズオブジェクトの強制チェックイン ] ページで、[プロジェクト] ボックスの一覧から、チェックする必要があるプロジェクトの横にあるチェックボックスをオンにして、[* * チェックイン * *] をクリックします。On the Force Check-in Enterprise Objects page, from the project list, select the checkbox next to the project that needs to be checked, and then click ** Check-In **.

  3. 強制的にチェックインするかどうかを確認するメッセージが表示されます。A message will display asking if you are sure you want to force-checkin. [OK] をクリックします。Click OK.

注意

ユーザーによって変更されているプロジェクトを強制的にチェックインすると、その変更が失われる可能性があります。Forcing a check-in of a project that is being modified by a user may result in the loss of those changes. ユーザーは通常の方法でプロジェクトをチェックインして、本当に必要な場合にのみ強制的にチェックインすることを強くお勧めします。We highly recommend that users check in projects in the typical manner and that you use force check-in only when it is absolutely necessary.

手順 5-ユーザーデータをエクスポートする (オプション)Step 5 - Export the users data (optional)

ユーザーのデータを削除する前に、そのユーザーが所属していたすべてのプロジェクトを把握しておく必要があります。Before deleting your user's data, you should know all projects in which the user was a part of. これにより、ユーザーのデータが削除されたかどうかを後で確認できるようになります (たとえば、プロジェクトがチェックアウトされていない場合など)。これらのプロジェクトは、ユーザーのデータをエクスポートすることで確認できます。This will allow you to later verify if the user's data was removed, since some issue might have prevented deletion from happening (for example, the project was checked out. You can see these projects through exporting the user's data. これを行う方法については、「 Export user information From Project Online (GDPR)」を参照してください。To learn how to do this, see Export user information from Project Online (GDPR).

また、次の手順では、ユーザーのプロジェクトが現在チェックアウトされているかどうかを確認するため、エクスポートスクリプトを使用して、RedactProjectUser スクリプトを実行する前にチェックインする必要があります。The export script will also tell you if any of the user's projects are current checked out, since they need to be checked in prior to running the RedactProjectUser script in the next step.

必要に応じて、pwa 管理者は、PWA のサーバー設定を使用してプロジェクトを強制的にチェックインできます。If needed, a PWA admin can force a checkin of the project through the PWA Server Settings.

  1. [ サーバー設定 ] ページの [ キューとデータベースの管理 ] セクションで、[ エンタープライズオブジェクトの強制チェックイン] をクリックします。On the Server Settings page, in the Queue and Database Administration section, click Force Check-in Enterprise Objects.

  2. [ エンタープライズオブジェクトの強制チェックイン ] ページの [プロジェクト] 一覧で、チェックする必要があるプロジェクトの横にあるチェックボックスをオンにして、[ チェックイン] をクリックします。On the Force Check-in Enterprise Objects page, from the project list, select the checkbox next to the project that needs to be checked, and then click Check-In.

  3. 強制的にチェックインするかどうかを確認するメッセージが表示されます。A message will display asking if you are sure you want to force-checkin. [OK] をクリックします。Click OK.

重要

ユーザーが変更しているプロジェクトを強制的にチェックインすると、変更が失われることがあります。If you force check-in an project that a user is modifying, the modifications may be lost.

手順 6-SharePoint Online を介して追加されたユーザーアカウント情報を削除するStep 6 - Delete user account information added through SharePoint Online

注意

SharePoint Online からもユーザーデータを削除する場合は、SharePoint Online ユーザーデータを削除してから、削除されたコンテンツを上書きできる同期の問題が発生しないようにすることをお勧めします。If you are deleting user data from SharePoint Online as well, we recommend deleting the SharePoint Online user data before deleting the Project Online user data to prevent sync issues that can overwrite deleted content.

また、Project Web App (PWA) アカウントを持っていない Office 365 環境のユーザーは、Project Online で名前とアカウント情報を取得することも、削除することもできます。Users in your Office 365 environment who do not have Project Web App (PWA) accounts can also have their name and account information in Project Online, and may want to delete it. これは、ユーザーが特定の SharePoint オブジェクトをプロジェクトサイトに追加した場合に発生する可能性があります。This can happen if the user added certain SharePoint objects to a project site. プロジェクトサイトは、プロジェクトの作成時に作成できる SharePoint グループ作業サイトです。A project site is a SharePoint collaboration site that that can be created when a project is created. PWA ユーザーではない SharePoint ユーザーには、これらのグループ作業サイトへのアクセス権を付与できます。SharePoint users who are not PWA users can be granted access to these collaboration sites. このような場合、アカウント情報が保存されると、そのアカウント情報は PWA に保存されます。When this happens, their account information is saved can be saved to PWA.. 管理者が SharePoint Online のユーザーデータを削除する場合は、SharePoint online のエクスポートデータにあるユーザーデータを削除する必要があるかどうかについても確認する必要があります。If an admin is deleting user data in SharePoint Online, they should also look to see if they need to delete the users data in Project Online as well if they notice any of the following in the SharePoint Online export data:

  • プロジェクトサイトに関連付けられている懸案事項Issues associated with a project site

  • プロジェクトサイトに関連付けられているリスクRisks associated with a project site

  • プロジェクトサイトに関連付けられているドキュメントDocuments associated with a project site

  • プロジェクトサイトに関連付けられている成果物Deliverables associated with a project site

SharePoint Online のユーザーデータに上記のいずれかが表示されている場合は、(ユーザーがリソース ID を持たないため) RedactProjectUser PowerShell スクリプトを実行して、ユーザーのアカウント情報を Project Online サイトから削除することもできます。If the SharePoint Online user data shows any of the above, you can also delete the users account information from the Project Online site by running the RedactProjectUser PowerShell script specifying the login account information (since the user won't have a resource ID):

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url <PWASiteURL> -LoginName <logonName> -UpdateDisplayName "<newDisplayName>" -RedactTimesheet $true

たとえば、SharePoint Online のエクスポートデータから、Eva Corets (evac@contoso.com のアカウント名)、特定の PWA サイトの一部であったプロジェクトサイトに問題とリスクが追加されたことが判明しました ( https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa1) 。For example, from the SharePoint Online export data, you discovered that Eva Corets (account name of evac@contoso.com), added issues and risks to a project site that was part of a specific PWA site (https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa1). 以下を実行すると、特定の PWA サイトで、アカウント名のすべてのインスタンスが [削除済みのユーザー] に更新されます。Running the following will update all instance of her account name to "Deleted User" on the specific PWA site.

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa -LoginName evac@contoso.onmicrosoft.com -UpdateDisplayName "Deleted User" -RedactTimesheet $true

手順 7-PWA サイトからユーザーのデータを削除するStep 7 - Delete your user's data from the PWA site

SharePoint Online 管理シェルredactprojectuser PowerShell スクリプトを実行して、PWA サイトからユーザーデータを削除し、必要に応じてユーザーの表示名を更新します。Run the RedactProjectUser PowerShell script in the SharePoint Online Management Shell to remove user data from the PWA site and to optionally update the display name of the user.

RedactProjectUser PowerShell スクリプトは、 Project Online のユーザーコンテンツのエクスポートおよび削除のスクリプトパッケージに含まれています。The RedactProjectUser PowerShell script is included with the Project Online User Content Export and Delete script package.

注意

RedactProjectUser スクリプトを実行するには、次のうち少なくとも1つが必要です。スクリプトを実行する PWA サイトにサイトコレクション管理者を > します。In order to run the RedactProjectUser script, you need be at least one of the following: > A site collection admin to the PWA Site for which you are running the script. > Project アクセス許可モードの場合は、Project Online インスタンスに対する [ユーザーとグループの管理] 権限が割り当てられている必要があります。> If you are in Project permission mode, be assigned Manage Users and Groups permissions on the Project Online instance. SharePoint アクセス許可モードの場合は、グローバル管理者または SharePoint 管理者の役割にする必要があります。If you are in SharePoint permission mode, be in the Global admin or SharePoint admin role.

SharePoint Online 管理シェルでは、 Invoke コマンドレットを使用して RedactProjectUser スクリプトを実行します。In the SharePoint Online Management Shell, you will be using the Invoke cmdlet to run the RedactProjectUser script:

Invoke-RedactProjectUser  

Invokeコマンドレットでは、次のパラメーターを使用します。The Invoke cmdlet uses the following paramaters:

パラメーターParameter 説明Description Note
-URL-URL
Project Online インスタンスの URL。URL of the Project Online instance.
必須Required
- LoginName-LoginName
ユーザーのログイン名。Login name of the user.
"ログイン" または "ResourceID" のどちらかが必要です。Either LoginName or ResourceID is required.
-ResourceId-ResourceId
ユーザーのリソース GUID。Resource GUID of the user.
"ログイン" または "ResourceID" のどちらかが必要です。Either LoginName or ResourceID is required.
-UpdateDisplayName-UpdateDisplayName
ユーザーの新しい表示名New display name for the user
使用する場合は、RedactTimesheet シートも必要です。If used, RedactTimesheet is also required.
-RedactTimesheet シート-RedactTimesheet
タイムシートに変更を適用するApply changes to timesheets? ( $true または $false )( $true or $false )
-地域-Region
このオプションパラメーターは、使用している Office 365 環境を指定します。This optional parameter specifies the Office 365 environment you are using. このパラメーターに使用できる値は次のとおりです。The values you can use for this parameter include:
既定 -プロジェクトパブリッククラウド。Default - Project Public Cloud.
中国 -ギャラティン。China - Gallatin.
ドイツ -blackforest。Germany - BlackForest .
ITAR -Office 365 米国政府機関。ITAR - Office 365 United States Government.
パラメーターを使用しない場合は、既定値が使用されます ( 既定 値)。If the parameter is not used, the default value is used ( Default ).

Invoke コマンドレットとパラメーターは、次の方法で使用できます。You can use the Invoke cmdlet and parameters in the following ways:

シナリオ 1: プロジェクトオンラインインスタンスからユーザーの情報を削除する (表示名を除く)Scenario 1: Delete user's information from a Project Online instance except for the display name

このコマンドを使用すると、表示名以外のユーザーのデータが PWA サイトから削除されます。Using this command will remove the user's data from the PWA site, except for the display name. 組織では、プロジェクト内のタスク所有者やタイムシート内のエントリなどの共有アイテムの場合に、ユーザーの表示名をそのまま使用することもできます。Your organization may want to leave the user's display name for a later review in case it's in a shared item, like a task owner in a project or an entry in a timesheet.

ログオン名またはリソース ID でユーザーを指定できることに注意してください。Note that you can specify the user either by logon name or Resource ID.

ログオン名を使用するUse the logon name

ログオン名でユーザーを指定する場合は、コマンドレットを次のように使用します。Use the cmdlet the following way if you are specifying the user by logon name:

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url <PWASiteURL> -LoginName <loginName>

たとえば、次の例では、ユーザーの表示名を除いて、サイト全体のユーザー * @contoso evac@ のすべてのデータを削除します。 https://contoso.sharepoint.com/sites/pwaFor example, the following remove all data for the user * evac@@contoso.onmicrosoft.com * throughout the https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa site, except for the user's display name

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa -LoginName evac@@contoso.onmicrosoft.com

このコマンドを実行すると、処理を続行するかどうかを確認するメッセージが表示されます。When running this command, a message will display asking you to confirm if you want to proceed.

スクリプトが正常に完了したことを確認すると、リソースのすべてのデータ <user's display name> が削除されました。ただし、リソースの名前は除きますAfter you confirm and the script successfully completes, a message will display stating: All data for resource <user's display name> has been removed, except the name of the resource.

リソース ID を使用するUse the Resource ID

リソース ID でユーザーを指定する場合は、コマンドレットを次のように使用します。Use the cmdlet the following way if you are specifying the user by Resource ID:

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url <PWASiteURL> -ResourceID <ResourceID>

たとえば、次の例では、ユーザーの表示名を除いて、 * https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa サイト全体でa0be-e111-9fte-00155D022D022681*というリソース ID を持つユーザーのすべてのユーザーデータを削除します。For example, the following removes all user data for the user with a resource ID of 0c7cd3fb-a0be-e111-9fte-00155d022d022681 throughout the https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa site , except for the user's display name

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa -ResourceId 0c7cd3fb-a0be-e111-9fte-00155d022d022681

このコマンドを実行すると、処理を続行するかどうかを確認するメッセージが表示されます。When running this command, a message will display asking you to confirm if you want to proceed.

スクリプトが正常に完了したことを確認すると、リソースのすべてのデータ <user's resource ID> が削除されました。ただし、リソースの名前は除きますAfter you confirm and the script successfully completes, a message will display stating: All data for resource <user's resource ID> has been removed, except the name of the resource.

シナリオ 2: Project Online インスタンスからユーザーの情報を削除するが、表示名はすべての場所で更新するScenario 2: Delete user's information from a Project Online instance, but update the display name everywhere

このコマンドを使用すると、Project Online のインスタンスからユーザーのユーザーデータが削除され、ユーザーの表示名が選択したものに変更されます。これは、タイムシートレコードでも発生します。Using this command will remove the user data of a user from the Project Online instance, and will change the user's display name to something of their choosing, and this will also occur in timesheet records. 組織では、ユーザーの表示名を変更して、ユーザーの id を匿名にすることができます ("Deleted User" など)。Your organization may want to change the user's display name to something that will make the user's identity anonymous, such as "Deleted User".

ログオン名またはリソース ID でユーザーを指定できることに注意してください。Note that you can specify the user either by logon name or Resource ID.

ログオン名を使用するUse the logon name

ログオン名でユーザーを指定する場合は、コマンドレットを次のように使用します。Use the cmdlet the following way if you are specifying the user by logon name:

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url <PWASiteURL> -LoginName <logonName> -UpdateDisplayName "<newDisplayName>" -RedactTimesheet $true

たとえば、次の例では、 evac@contoso.onmicrosoft.com のすべてのユーザーデータが削除され、サイト全体で自分の表示名が " Deleted user " に変更され https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa ます。For example, the following will remove all user data for evac@contoso.onmicrosoft.com and will change his display name to " Deleted User " throughout the https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa site.

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa -LoginName evac@contoso.onmicrosoft.com -UpdateDisplayName "Deleted User" -RedactTimesheet $true

このコマンドを実行すると、処理を続行するかどうかを確認するメッセージが表示されます。When running this command, a message will display asking you to confirm if you want to proceed.

スクリプトが正常に完了したことを確認すると、「リソースのすべてのデータが削除されました」というメッセージが表示されます。 * <user's login name> リソースの名前は、 <updated display name> タイムシートレコードを含むすべての場所に変更*されています。After you confirm and the script successfully completes, a message will display stating: All data for resource <user's login name> has been removed and the name of the resource has been changed to <updated display name> everywhere including timesheet records.

リソース ID を使用するUse the Resource ID

リソース ID でユーザーを指定する場合は、コマンドレットを次のように使用します。Use the cmdlet the following way if you are specifying the user by Resource ID:

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url <PWASiteURL> -ResourceID <ResourceID> -UpdateDisplayName "<newDisplayName>" -RedactTimesheet $true

たとえば、次の例では、リソース ID が 0c7cd3fb-a0be-e111-9fte であるユーザーのすべてのユーザーデータを削除し、表示名をサイト全体で " Deleted user " に変更します https://contoso.sharepoint.com/sites/pwaFor example, the following will remove all user data for the user with a resource ID of 0c7cd3fb-a0be-e111-9fte-00155d022d022681 and will change the display name to " Deleted User " throughout the https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa site.

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa -ResourceId 0c7cd3fb-a0be-e111-9fte-00155d022d022681 -UpdateDisplayName "Deleted User" -RedactTimesheet $true

このコマンドを実行すると、処理を続行するかどうかを確認するメッセージが表示されます。When running this command, a message will display asking you to confirm if you want to proceed.

スクリプトが正常に完了したことを確認すると、「リソースのすべてのデータが削除されました」というメッセージが表示されます。 * <user's Resource ID> リソースの名前は、 <updated display name> タイムシートレコードを含むすべての場所に変更*されています。After you confirm and the script successfully completes, a message will display stating: All data for resource <user's Resource ID> has been removed and the name of the resource has been changed to <updated display name> everywhere including timesheet records.

シナリオ 3: Project Web App サイトからユーザーの情報を削除するが、タイムシートレコード以外のすべての場所で表示名を変更するScenario 3: Delete user's information from a Project Web App site, but change the display name everywhere except for timesheet records

このコマンドを使用すると、Project Web App サイトからユーザーのデータが削除され、ユーザーの表示名が指定したものに変更されます が、これはタイムシートレコードでは発生しませんUsing this command will remove the user's data from the Project Web App site, and will change the user's display name to something you specify, but this will not occur in timesheet records. 組織は後で、ユーザーの表示名をタイムシートレコードに保持する業務上の理由があるかどうかを分析する必要があるかもしれません。Your organization may want to later analyze if they have a business reason to retain the users display name in their timesheet records.

ログオン名またはリソース ID でユーザーを指定できることに注意してください。Note that you can specify the user either by logon name or Resource ID.

ログオン名を使用するUse the logon name

ログオン名でユーザーを指定する場合は、コマンドレットを次のように使用します。Use the cmdlet the following way if you are specifying the user by logon name:

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url <PWASiteURL> -LoginName <logonName> -UpdateDisplayName "<newDisplayName>" -RedactTimesheet $false

たとえば、次の例では、 evac@contoso.onmicrosoft.com のすべてのデータが削除され、タイムシートレコード以外のサイト全体で、表示名が " Deleted User " に変更されます https://contoso.sharepoint.com/sites/pwaFor example, the following will remove all data for evac@contoso.onmicrosoft.com and will change his display name to " Deleted User " throughout the https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa site, except in timesheet records.

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa -LoginName evac@contoso.onmicrosoft.com -UpdateDisplayName "Deleted User" -RedactTimesheet $false

このコマンドを実行すると、処理を続行するかどうかを確認するメッセージが表示されます。When running this command, a message will display asking you to confirm if you want to proceed.

スクリプトが正常に完了したことを確認すると、次のようなメッセージが表示されます。これにより、スクリプトが正常に完了したことを示すメッセージが表示されます。リソースのすべてのデータ <user's Resource ID> が削除され、リソースの名前が、 <updated display name> タイムシートレコード以外のすべての場所に変更されました。After you confirm and the script successfully completes, a message will display stating: After you confirm and the script successfully completes, a message will display stating: All data for resource <user's Resource ID> has been removed and the name of the resource has been changed to <updated display name> everywhere except for timesheet records.

リソース ID を使用するUse the Resource ID

リソース ID でユーザーを指定する場合は、コマンドレットを次のように使用します。Use the cmdlet the following way if you are specifying the user by Resource ID:

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url <PWASiteURL> -ResourceID <ResourceID> -UpdateDisplayName "<newDisplayName>" -RedactTimesheet $false

たとえば、次の例では、リソース ID が 0c7cd3fb-a0be-e111-00155d022d022681 であるユーザーのすべての個人データを削除し、表示名をサイト全体で "削除済みのユーザー" に変更し https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa ます (タイムシートレコードは除く)。For example, the following will remove all personal data for the user with a resource ID of 0c7cd3fb-a0be-e111-9fte-00155d022d022681 and will change the display name to "Deleted User" throughout the https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa site, except in timesheet records.

.\Invoke-RedactProjectUser.ps1 -Url https://contoso.sharepoint.com/sites/pwa -ResourceId 0c7cd3fb-a0be-e111-9fte-00155d022d022681 -UpdateDisplayName "Deleted User" -RedactTimesheet $false

このコマンドを実行すると、処理を続行するかどうかを確認するメッセージが表示されます。When running this command, a message will display asking you to confirm if you want to proceed.

スクリプトが正常に終了すると、[リソースのすべてのデータが削除されました] というメッセージが表示されます。リソース <user's login name> の名前は、 <updated display name> タイムシートレコードを除くすべての場所に変更されています。After you confirm and the script successfully completes, a message will display stating: All data for resource <user's login name> has been removed and the name of the resource has been changed to <updated display name> everywhere except for timesheet records.

手順 8-PWA サイトに接続している Project クライアントユーザーのキャッシュを消去するStep 8 - Clear the cache for Project client users connecting to the PWA site

Project Professional または Project Online デスクトップクライアントが Project Online インスタンスに接続されているすべてのデバイスで、IT 管理者がキャッシュをクリアする必要があります。On all devices on which Project Professional or the Project Online Desktop Client connected to the Project Online instance, an IT admin needs to clear the cache. キャッシュをクリアすると、ユーザー情報が削除されたプロジェクトが、システム上に残っているキャッシュデータから更新されないようにします。Clearing the cache will prevent projects in which user information was deleted from being updated from cached data that remains on the system. キャッシュをクリアする前に、クライアントでユーザーのプロジェクトが開かれていないことを確認する必要もあります。You also need to make sure that none of the user's projects are open on the client before clearing the cache.

Project Professional 2016 および Project Online デスクトップクライアントでキャッシュをクリアするには、次のようにします。To clear the cache in Project Professional 2016 and the Project Online Desktop Client:

  1. [ ファイル ] メニューの [ オプション] をクリックします。Select the File menu, and then click Options.

  2. [ プロジェクトオプション ] ページで、[ 保存] を選択します。On the Project Options page, select Save.

  3. [ Cache ] セクションで、[ キャッシュのクリーンアップ] を選択します。In the Cache section, select Clean Up Cache.

関連項目See Also

Project Online からユーザー データをエクスポートするExport user data from Project Online

Project Online での json オブジェクトの定義のエクスポートProject Online export json object definitions